一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
栗原小巻 栗原小巻

栗原小巻女優くりはらこまき

大河ドラマ 三姉妹

1967年(昭和42年)、この年は明治100年を迎えるため、幕末の動乱から明治維新までの時代を取り上げ、旗本の薄幸な三姉妹と純粋で反骨精神の旺盛な浪人・青江金五郎の、運命の変転を軸に描く。歴史上、虚構の人物を取り混ぜ、時代に翻弄されるさまざまな人間像が展開する。原作は大佛次郎(おさらぎじろう)。主人公の三姉妹は岡田茉莉子、藤村志保、栗原小巻が演じて人気を得た。

原作:大佛次郎 脚本:鈴木尚之 音楽:佐藤勝 語り:鈴木瑞穂

大河ドラマ 樅ノ木は残った

江戸前期、仙台藩で起きた伊達(だて)騒動を、独自の新解釈でつづった山本周五郎の同名小説をドラマ化。命を懸けてこのお家騒動から、伊達62万石の安泰を図った仙台藩家老・原田甲斐(かい)の生涯を描く。演出は吉田直哉ほか、脚本は茂木草介。主演は平幹二朗、相手役の吉永小百合と栗原小巻が対照的な2人の女性像を演じ、男性ファンの人気を二分した。

原作:山本周五郎 脚本:茂木草介 音楽:依田光正 語り:和田篤

大河ドラマ 黄金の日日

戦国時代、自治都市・堺と呂宋(ルソン=フィリピン)の交易を開いた商人、呂宋助左衛門(納屋助左衛門)の物語。自由で活気に満ちた堺に生まれ、南蛮交易を夢見た青年が大海に乗り出し、やがて豪商となり権力に立ち向かう姿を描きながら、庶民の視点で戦乱の世を捉えた。原作は城山三郎、脚本は市川森一、長坂秀佳。主演は松本幸四郎。

原作:城山三郎 脚本:市川森一 音楽:池辺晋一郎 語り:梶原四郎

1914 幻の東京~よみがえるモダン都市~

6年後のオリンピック開催が決まり、これからもダイナミックに変容していく東京。番組は現代の東京の“ルーツ”ともいえる100年前の街の風景と人々の暮らしを、ドラマと4Kの高精細VFXを駆使して再現・再発見し、日本の来し方・行く末に思いをはせる。100年前と現代を行き来するサラリーマン夫婦を演じるのは新進俳優・淵上泰史と長澤奈央。主題歌「カチューシャの唄」を歌うのは、実力派の女性ボーカリスト、UA。

音楽:UA

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す