一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
高橋和也 高橋和也

高橋和也俳優たかはしかずや

金曜時代劇 寺子屋ゆめ指南

若き教師と生徒がぶつかりながら成長していく学園ドラマが、江戸の寺子屋を舞台に展開されていく時代劇。高橋和也は時代劇初主演で、千葉真一はNHKの時代劇に初出演した作品である。千葉と娘の真瀬樹里は本ドラマで初めて親子共演を果たした。

脚本:布勢博一 音楽:服部隆之

連続テレビ小説 やんちゃくれ

大阪で、明治時代から三代続く造船所の次女として生まれたヒロイン・水嶋渚。「人生、何度でもやり直しがきくんや」を合言葉に、記者、主婦、デザイナー・・・と挫折を繰り返しながら、たくましく人生を切り開いていく波乱万丈、痛快ホームドラマ。ヒロインは小西美帆、姉を高田聖子、父を柄本明、母を藤真利子、祖母を八千草薫が演じた。歌手の天童よしみがゲスト出演し、歌も披露した。

作:中山乃莉子 音楽:大谷幸 語り:中川緑

金曜時代劇 秘太刀 馬の骨

藤沢周平原作、山本むつみ脚本、内野聖陽主演の痛快娯楽時代劇。北国の小藩で、6年前の家老暗殺事件の黒幕が、現在の家老・小出帯刀だと噂が流れる。事件の真相を探る密命を受けて、帯刀の甥・石橋銀次郎が江戸からやってくる。銀次郎は家老暗殺に関わる秘太刀“馬の骨”の使い手である刺客を探すために、6人の剣客と次々に死闘を繰り返しながら、やがて家中の激烈な権力抗争と、人間の醜い欲望の渦に巻き込まれていく。

原作:藤沢周平 脚本:山本むつみ 音楽:近藤等則

BS時代劇 薄桜記

主人公・丹下典膳(山本耕史)は、旗本にして一刀流の剣豪。しかし、妻の名誉を守るために片腕を失い家も断絶。浪人となった典膳を助けたのが、のちの赤穂藩家臣・堀部安兵衛(高橋和也)。一方、武士としての筋を守る典膳は、吉良上野介(長塚京三)の用心棒となり、片腕の剣豪として赤穂浪士たちと向かい合う。そして、愛しながらも別れざるをえなかった、典膳と妻との、美しくも切ないストーリー。

原作:五味康祐 脚本:ジェームス三木

土曜ドラマ 64(ロクヨン)

D県警の広報室と記者クラブが、加害者の匿名問題で対立する中、時効の迫った重要未解決事件「64(ロクヨン)」の被害者遺族宅への警察庁長官視察が1週間後に決定した。わずか7日間で幕を閉じた昭和64年に起きた、D県警史上最悪の「翔子ちゃん誘拐殺人事件」。長官慰問を拒む遺族。当時の捜査員などロクヨン関係者に敷かれたかん口令。刑事部と警務部の鉄のカーテン。謎のメモ。そして、長官視察直前に発生した新たな誘拐事件は、ロクヨンをそっくり模倣したものだった・・・。

脚本:大森寿美男 音楽:大友良英

BS時代劇 小吉の女房

江戸時代、幕末間近の天保期。貧乏旗本・勝家の女房・お信は、毎日お金の苦労をしながらも、無邪気な笑顔も絶やさない。身分にとらわれず、人に分け隔てがなく、度胸の良さも満点だ。夫は、勝 小吉。生来の無鉄砲。腕はめっぽう強く、頼まれたら嫌とは言えない。お信は、そんな小吉が愛いとおしくてたまらない。お信の明るさとのんきさ、知恵や機転が、トラブル続きの小吉を支える。そして両親を冷静に見守るのが、跡取り息子の麟太郎りんたろう。利発で聡明。母から身分を超えた博愛を、父から義侠心ぎきょうしんをもらい受け、やがて「勝海舟」として江戸の人々を救うことに…。

作:山本むつみ 音楽:荻野清子 語り:春風亭昇太

正月時代劇 家康、江戸を建てる

天正18(1590)年、小田原攻めで圧勝した豊臣秀吉は、徳川家康に関東への国替えを強引に命じる。当時の江戸は、まだ水浸しの荒野――。しかし、家康は宣言する。「この江戸を、日の本一の城下にしてみせる!」“大都市・江戸”建設の物語。直木賞作家・門井慶喜の人気小説をもとにドラマ化。(2夜連続)家康と「無名の男たち」の「江戸作り」を4K映像でダイナミックに再現。

原作:門井慶喜 脚本:八津弘幸 音楽:林ゆうき

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す