50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
桜田淳子 桜田淳子

桜田淳子女優・歌手さくらだじゅんこ

1958年生まれ、秋田県出身。歌手、女優として、昭和の芸能界を駆け抜けたスーパースター。72年に新人発掘番組『スター誕生!』を経て、翌年歌手デビューへ。その後、山口百恵、森昌子らと「花の中三トリオ」と呼ばれ、絶大な人気を集める。75年ごろからは本格的に演技の道へ。出演映画で芸術選奨新人賞など獲得するなど、女優としての地位を確立する。NHKでも連続テレビ小説『澪つくし』、大河ドラマ『独眼竜政宗』などに出演し好演した。

第1回 日本民謡の祭典

三橋美智也、村田英雄、春日八郎らのスター歌手が出演する民謡の特集番組(1975~1980)の第1回。3部構成の2時間番組を、NHKホールからの中継録画で放送。演奏:NHK交響楽団。指揮:外山雄三。司会:飯窪長彦アナウンサー、水前寺清子。出演:五木ひろし、桜田淳子、南沙織、ちあきなおみ、都はるみ、原田直之、葵ひろ子、浅利みき、光本佳し子、後藤清子、佐々木基晴、熊谷一夫、斎藤京子、鎌田英一、藤堂輝明ほか。

特集ドラマ 変身旅行

大女優・三鈴八千代(山田五十鈴)が、大入り舞台の合間、年の瀬にひとり旅に出ると言い張る。心配なマネージャーは、万年大部屋俳優・市川蝶六(三木のり平)に密かに後をつけさせる。(55分)。作:小野田勇。音楽:坂田晃一。出演:山田五十鈴、三木のり平、愛川欽也、芦田伸介、桜田淳子、正司歌江、藤村有弘、清水郁子ほか。年始特集ドラマとして1月1日放送。

脚本:小野田勇 音楽:坂田晃一

NHK 花のステージ

スタジオ制作の『歌のグランドショー』(1976~1977)のあとを受けてスタートした、NHKホールでの公開歌謡バラエティー。NHKホールの豪華さと舞台機能を生かした演出を行った。1979年度は出場歌手が、司会を務める植木等と宇崎竜童の2チームに分かれて、対抗歌合戦の形式でそれぞれの持ち歌を披露。勝負は観客の中から無作為で選んだ100人にボタンを押してもらい判定した。総合(水)午後8時からの50分枠で1978年1月にスタート。

コメディー公園通り

親と子の織り成すほのぼのとした雰囲気のコメディードラマ。3シリーズを放送し、シリーズを通して堺正章と井上順がレギュラー出演した。第1シリーズ 「娘ひとりにパパ二人」(出演:片平なぎさ、斎藤こずえほか)、第2シリーズ 「愛1つ恋5つ」(出演:桜田淳子、岸田今日子、赤塚不二夫ほか)、第3シリー ズ 「新婚7日で子どもが2人」(出演:久我綾子、柿崎澄子ほか)。作:雪室俊一。総合(土)午後7時30分からの29分番組。

ドラマ人間模様 街~若者たちは、今~

出演:桜田淳子、古尾谷雅人、加賀まりこ、時任三郎/作:山内久/東北から川崎にやってきた母親を持ち、町工場で働く律子を主人公に、中小企業で働きながら力いっぱい生きる若者たちの愛憎を描く。

作:山内久

銀河テレビ小説 季節はずれの蜃気楼

20代半ばの夕子は、富山市の科学文化センターに務める、外からは真面目でおとなしく見える女性だが、周囲の友達たちが結婚していくことも気にせず、見合いも断り、ありきたりな人生に反発するところがあった。ある日を境に、周囲が気味悪がるほど生き生きとし始めた。それは、偶然が重なり、単身赴任で富山支社に来ていた男性と会うようになってからだった。献身的に尽くす夕子だったが…。(全20話)

作:金子成人 音楽:小野崎孝輔

ドラマスペシャル 忍の一字

江戸・享保のころは、それまでの経済成長から低成長に転じた時期。この時代の社会、経済を現代のアナロジーとしてとらえ、東北・白河藩の一武士の京都「転勤」によるカルチャーショック、子弟の教育問題、藩(会社)と武士(サラリーマン)の関係など、現代に共通するさまざまな問題を描く。(105分)。作:橋田壽賀子。音楽:三枝成章。出演:西田敏行、桜田淳子、丹波哲郎、中田喜子、花沢徳衛、宅麻伸ほか。

作:橋田壽賀子 音楽:三枝成章

連続テレビ小説 澪つくし

昭和の初め、“商人=陸者”と“漁師=海者”が対立する千葉県・銚子。老舗のしょうゆ醸造店のお嬢様として育てられた古川かをると網主の長男・惣吉は恋に落ちるが、両家は陸者と海者の家柄だった。古いしきたりをのりこえて育まれる2人の純愛と、老舗を守り抜く旧家の人々の絆を波乱万丈に描いた。作:ジェームス三木。音楽:池辺晋一郎。語り:葛西聖司。出演:沢口靖子、川野太郎、津川雅彦、加賀まりこ、草笛光子、柴田恭兵、明石家さんまほか。

作:ジェームス三木 音楽:池辺晋一郎 語り:葛西聖司

大河ドラマ 独眼竜政宗

秀吉も家康も一目置いた豪気の男、“独眼竜”とおそれられ、知恵と才覚で仙台62万石を一代でつくりあげた伊達政宗の生涯を、現代的なタッチでロマン豊かに描いた。大河ドラマ歴代最高の平均視聴率39.8%を記録。原作:山岡荘八。脚本:ジェームス三木。音楽:池辺晋一郎。語り:葛西聖司。出演:渡辺謙、北大路欣也、岩下志麻、勝新太郎、桜田淳子、秋吉久美子、津川雅彦、三浦友和、竹下景子、大滝秀治ほか。

原作:山岡荘八 脚本:ジェームス三木 音楽:池辺晋一郎 語り:葛西聖司

土曜ドラマ オバサンなんて呼ばないで

32歳で子持ちの主婦が再就職してOLに。同僚である勝手気ままな若い娘たちのご機嫌をとろうと悪戦苦闘。流行語を使ったりミニスカートに挑戦したりするが、どれも裏目に出て失笑されてしまう。鏡を見るたびおばさんになったと嘆く女性と、老いたくないと奮闘する中年初期の女性を描く。独自のオバサン論を持つ内館牧子の脚本と桜田淳子・室井滋の好演が印象的なドラマ。(全1話)

作:内館牧子

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。