50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
柴俊夫 柴俊夫

柴俊夫俳優しばとしお

1947年生まれ。東京都出身。モデルとして活動後、1970年に俳優デビュー。1971年、『ゴジラ対ヘドラ』で映画初出演をはたし、同年テレビドラマ『シルバー仮面』で主演を務める。以降、『西部警察』など多くの作品に出演。NHKでは1973年の『天下堂々』出演を皮切りに『新・坊っちゃん』で主演、『男たちの旅路』、大河ドラマ『草燃える』、『徳川慶喜』、『江~姫たちの戦国~』など多数のドラマに出演し、存在感を放っている。

天下堂々(1973~74)

一寸の左門役

天下堂々

インタビュー

 懐かしいですね。僕は、主人公の佐倉英介(篠田三郎)が、父に会うためにやってきた牢屋敷の同心・一寸の左門を演じました。

 最初にみんなで踊るシーンがある異色の時代劇でしたね。「時代劇なのに、なんで踊るんだろう?」と思っていましたが(笑)、当時の最新の流行を時代劇に取り入れたような、非常におもしろい作品でした。

平手(村野武則)、左門、片岡(下條アトム)らみんなで踊る!

 『天下堂々』は僕にとって、NHKの第1ページとなった作品です。当時、役者としてやっていこうとようやく思い始めたころで、役者をやるならNHKだと思い、売り込みに行ったんです。そこで『天下堂々』への出演が決まったのですが、現場は同世代の役者が多く、みんな新人みたいなもの。とくに僕は出遅れていたので、劇団俳小の早野寿郎先生にセリフ術など、役者の基本的なところから教わり、収録に臨んでいました。覚えているのは、僕が芝居の訓練をしていると、脚本家の早坂暁さんと、演出の岡崎栄さんがよく見に来たことです。でも2人とも僕の芝居を見て笑って帰っちゃうんですよ(笑)。そのときの僕は余裕なんてなくて必死でしたが、今思うといろいろな先生にそうやって見守っていただき、役者として育てていただいたのだなと思います。

 毎回、早坂先生の脚本が手元に来ることが遅かったんですけど、当日に台本を渡されたことがありました。スタジオのカメラの前で役者のみんなが30分くらいで台本を覚えるんですけど、僕はそんなにすぐに覚えられないんですよ。しかたなくうろ覚えで考えながら演じていたら、ディレクターに「今日は間がいいな」と言われて(笑)。そういった経験も自分にとってはすばらしいものでした。

新・坊っちゃん(1975~76)

坊っちゃん/矢田部役

新・坊っちゃん

インタビュー

 僕がNHKで初めて主人公を演じた28歳のときの作品です。

 NHKが『坊っちゃん』のドラマを制作すると聞いたとき、NHKの方に「坊っちゃんは俺しかいないですよ」と言ったことを覚えています(笑)。でも撮影前、僕は髪の毛が長かったので、主人公の矢田部(坊っちゃん)を演じるなら切らないといけなかったんです。そこで思い切ってすごく短くしたらいろいろな方に、「清潔感があっていいね」と言われました(笑)。僕自身、髪の毛を切ったことで、「俺は完全に役者だ」と思うきっかけになりました。

親譲りの無鉄砲“坊っちゃん”こと矢田部が松山の中学に赴任する

 物語は、夏目漱石の『坊ちゃん』を新解釈で描いているのですが、僕の中では原作を超えていますね。明治時代の若者たちの青春群像劇や縮図が非常によく表されていて、矢田部の友人・山嵐を演じた西田(敏行)さんとも、「これは市川森一さんの傑作だ」とよく話をしていました。でも実は、市川さんの台本がなかなかできてこないので、途中でシナリオライターを変えるという話があったんです。それを西田さんや僕も含めて役者全員で、「市川さんじゃなければやりたくない」と言って反対しました。そのくらいいい本だったと今でも思いますし、大好きな作品です。

あき(林寛子)は中学校の用務員・捨松の孫娘

 この作品で、西田さんと出会えたことも僕の人生に大きな影響を与えました。松山ロケに行ったときに、「西田さん、お酒飲むんですか」と聞いたら、「ちょっとたしなむ程度です。柴さんは飲むんですか」と言われ、「僕もたしなむ程度です」と話をしていたんですけど、その日、ロケが終わって飲みに行ったら、朝まで酒を酌み交わすことに(笑)。それから本当に仲良くなりましたね。彼は役者として天才的なところがあって、芝居を見ていると、「すごいな、こんなふうに俺はできないな」と思うんです。でも僕は芝居は下手だけど、一生懸命演じて、台本を読む“読解力”を伸ばして、存在感を出せるようになれればいいと思って演じていました。そう思わせてくれたのがこの『新・坊っちゃん』でした。

くせ者ぞろいの教師たちの中で…
数学主任の山嵐(西田敏行)は矢田部と気が合う

土曜ドラマ 男たちの旅路(1977、79)

鮫島壮十郎役

土曜ドラマ 男たちの旅路

インタビュー

 僕が30歳のときの作品です。戦争で特攻隊にいた主人公・吉岡と、戦後生まれの若者たちの葛藤と交流を描いた物語で、僕は吉岡が務める警備会社に入社する鮫島を演じました。一番覚えているのは、吉岡を演じる鶴田浩二さんの言葉が毎回必ず胸に響くことです。脚本家の山田太一さんの書くセリフを鶴さんが言うと、「すごくいいこと言うなぁ」と思い、芝居が引きずられてしまいました(笑)。

若手ガードマンと50歳の吉岡(鶴田浩二)の反発と共感を描く
脚本家・山田太一

 この作品の前に、『新・坊っちゃん』で市川さんの脚本を経験し、同時期に倉本聰さんの『浮浪雲(はぐれぐも)』、花登 筺(はなと こばこ)さんの『さわやかな男』にも出演していたので、すごい時期だったなぁと思います。僕は、市川さん、倉本さん、花登さん、山田太一さんという超一流の世界を演じていたものですから、ほかの先生のテンポで鮫島を演じてみたことがあったんです。でも当たり前ですが、『男たちの旅路』には山田太一さんのテンポと間があるので、自分の演じ方が大きな間違いだったとあとから気づきました。若かったのでいろいろ試したい気持ちがあったのでしょうね。

壮十郎は大企業を辞めて警備会社の採用試験を受ける
先輩ガードマンの陽平(水谷豊)は驚くが…

 『男たちの旅路』は第4部まであって、僕は第2部からの出演でした。第1部から出演している水谷豊さんや桃井かおりさんとも仲良くなって、撮影はおもしろかったですね。本作には、根津甚八さんや古尾谷雅人さんなどもゲストで出演していましたし、第3部の第1話「シルバー・シート」の回には、大先輩である笠智衆さんや藤原釜足さんなど、今では考えられないすごい役者の方ばかりが集まっていたので、あの現場にいられたことが僕の財産です。

都電の車両に老人たちが立てこもった
吉岡の説得に曽根(殿山泰司)、門前(笠智衆)らは耳を貸さず…
事件は悦子(桃井かおり)、壮十郎、陽平にとっても苦い結末となる

いのち燃ゆ(1981)

丈吉役

いのち燃ゆ

インタビュー

 ヴィクトル・ユーゴ―の小説『レ・ミゼラブル』を原作とした作品で、『レ・ミゼラブル』のジャン・ヴァルジャンにあたる主人公・丈吉を演じました。これも本当にすごい作品でした。大阪のNHKで撮影をしましたが、いろいろなところにロケに行きました。丈吉が流刑地から島抜けするシーンなど、つらい撮影が多かったですね。映像のシーンは、真冬で雪が降っている中、海の中に3時間くらい入って撮ったのでとにかく寒かったです。大木に長時間つるされる撮影もあったし、本当に大変でした。当時、34歳でしたが、よく頑張ったなぁと思います(笑)。

生まれながらに赤毛で怪力の丈吉は無実の罪で流罪となる

 僕が演じた丈吉は本当に人がいいんです。でも、貧しくて銀食器を盗んでしまったときから人生の歯車が狂っていきます。そんな影の道を歩むことになる丈吉の人間味あるところにひかれましたし、丈吉と自分を内面的にできる限りオーバーラップさせて演じようと思いました。僕は芝居がうまいわけじゃないから、自分の中にどうやって丈吉を引き入れるか、それしか考えてなかったですね。

蘭方医の竜安(高橋幸治)は人のために命を燃やす“燭台のような男になれ”と説く

 実はNHKで最初に出演した『天下堂々』の演出家をしていた方がこの作品のプロデューサーで、僕を抜擢してくださったんです。一回一回、一生懸命役者として取り組んできたことが繋がっていたのでしょうね。そう思うと僕は本当にNHKに育てられたのだと思います。この作品の前に民放で2年ほど、さわやかなドラマに出演していたので、『いのち燃ゆ』のような重厚な作品に呼んでいただいたことが本当にうれしかったですし、丈吉を演じることができてすごく幸せでした。

竜安の燭台を盗み出した丈吉は再び捕らえられるが…

大河ドラマ 信長
KING OF ZIPANG(1995)

滝川一益役

大河ドラマ 信長 KING OF ZIPANG(2019)

インタビュー

 僕が演じたのは、当時まだあまり知られていなかった武将の滝川一益です。滝川一益は、織田信長がただひとり認めた大酒飲みです。実は滝川一益と黒田官兵衛はとても似ていて、2人とも織田信長と豊臣秀吉に仕え、徳川家康に息子が仕えた武将なんです。どうしてこの2人が戦国時代に生き残ったのか、その意味を考えると、きっと人柄が良かったからではないかと思いました。2人とも生き方がずるくないんですよね。僕もそう生きられたらいいなと思いましたし、彼が登場すると画面がぱっと明るくなるように演じたいと思いました。

信長に見いだされ織田家重臣となった武将・滝川一益

 脚本は僕の大好きな田向正健さんです。信長を演じていたのは緒形直人さん、柴田勝家は滝田栄さんが演じており、いろいろな意味でおもしろかったですね。というのも、昔の大河ドラマなら主役はもっと年上の方が演じ、脇を固める役者も、本作で今井宗久を演じた佐藤慶さんのような大先輩の方たちがたくさん出演していたと思うんです。でも本作では若い役者がたくさんいて、僕や滝田さん、田中健さんなど、同年代か少し下の世代も多かった。今思うと、この作品は大河ドラマの変革期だったのかもしれないですね。

柴田勝家(滝田栄)

 僕ら家臣が殿に向かってみんなでお辞儀をするシーンがあったのですが、演出の重光亨彦さんが、「頭は上げないで」って言うんですよ。でもみんなで、「それだと誰だかわからないじゃないか」と文句を言ったことがありました(笑)。この映像の斧を振り下ろすシーンも、ちょっとオーバーにやりすぎて怒られた覚えがあります(笑)。現代劇みたいな所作や言葉を使いそうに見える本作ですが、時代劇としての言葉をきちんと使い、所作もけっこう厳しかったんです。また、昔に近い灯りで撮りたいということで、蝋燭の火ほどではないけれど、明るさはかなり抑えられて撮影をしていました。そういう演出面での重厚さがあり、戦国時代を舞台とした大河ドラマとして、映像的にもしっくりきた作品でした。

織田信長(緒形直人)
一益は信長の9歳年上の家臣
その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。