50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
松本明子 松本明子

松本明子タレント・女優まつもとあきこ

1966年生まれ、香川県出身。『スター誕生!』出身のアイドルとして芸能界へ。その後、バラエティー番組での明るいキャラクターが人気に。「バラドル」として幅広い世代の支持を集めた。結婚後は『ガッテン!』などの解答者や、情報番組のゲストコメンテーターとしても、お茶の間で欠かせぬ存在に。また、女優としても、さまざまな作品に出演し独特の存在感を発揮する。出演作は、大河ドラマ『功名が辻』、連続テレビ小説『花子とアン』など多数。

連続ドラマ 女神の恋

作:田渕久美子/出演:松本明子、山口祐一郎/末松吉子は中堅食品会社に勤めるOL。小田龍之介は栄光を取り戻したいSF作家。宮崎県のコテージで一つ屋根の下に押し込められ相手のおせっかいを焼くうちにお互いに意識し始める。

作:田渕久美子 音楽:本間勇輔

行くよ!後輩ほいきた!先輩

日本全国のすてきな先輩後輩を紹介する視聴者参加型の公開派遣番組。クイズ形式の人物紹介コーナーや、司会者との楽しいトークを通じて、その土地の魅力や、人と人の結び付きのすばらしさを紹介した。司会:松本明子、柳沢慎吾 (原則隔回で担当)ほか。衛星第2(土)午後6時からの53分番組。2008年度はハイビジョン(月)でも放送。

にっぽんの底力いよっ!日本一

日本の町(自治体)には、その土地の風土や昔ながらの人々の気質・歴史が息づいている。1つのテーマにまつわる「日本一」を日本全国に訪ねて徹底的にリサーチ。データを駆使して多彩で意外性のある「日本一」を各県単位で探し出した。第1回放送は、女性社長の割合が日本一の「徳島県」にスポットを当てた。司会:乾貴美子、堀尾正明アナウンサー。総合(日)午前10時5分からの44分番組。

語り:茶風林

ドラマ10 フェイク~京都美術事件絵巻

どんなに高級な額縁に入っていようとも、どんなに汚れた部屋に埋もれていようとも、正確にその美術品の価値を見出すことのできる“目利き”、その名は、浦沢右(ゆう) 。古今東西の美術品の価値を知りつくした右が、美術品に隠された真実から、事件の真実を見つけだす!「ドラマ10」放送枠では初めての1回読みきりのミステリードラマ。美術品の真贋を通して、美術にまつわる人間模様の様々な機微を描く。

作:岩下悠子 音楽:服部隆之

BS時代劇 酔いどれ小籐次

2013年の元日に放送され好評を博した正月時代劇『御鑓(おやり)拝借~酔いどれ小籐次留書~』の続編として、江戸の長屋に暮らすことになった小籐次の縦横無尽の活躍を描く。原作は「居眠り磐音(いわね)シリーズ」などでおなじみの佐伯泰英氏のもう1つの人気シリーズ「酔いどれ小籐次留書」。前作に続き、大酒飲みの剣豪・赤目小籐次を竹中直人が演じ、さまざまな悪事に立ち向かう。<全13回>ここでは前作の正月時代劇『御鑓(おやり)拝借~酔いどれ小籐次留書~』も配信しています。

原作:佐伯泰英 脚本:川上英幸

プレミアムよるドラマ 黒猫、ときどき花屋

小さな花屋兼カフェ『ネコノヒゲ』。この店にはその名の通り、一匹の黒猫がいる。その名はクミちゃん。お客さんのほとんどは、悩み相談にのってくれるクミちゃんが目当てだ。というのも予言アドバイスの的中率が約100%なのだ。おっとり系美人の女店主、おせっかいな店員たちとワケありの常連客、そして一匹の黒猫が繰り広げる、1話完結のハートウォーミングコメディ。(全8回)

作:鈴木しげき 音楽:GILLE

連続テレビ小説 花子とアン

山梨の貧しい家に生まれた花子は、東京の女学校で英語を学び、翻訳家となる。花子は翻訳家として子どもたちに夢と希望を送り届けていく。戦後に出版された「赤毛のアン」のアンのように、夢見る力を信じて生きた花子の明治から昭和にいたる波乱万丈の半生記。「赤毛のアン」を翻訳した村岡花子がモデル。原作:村岡花子。脚本:中園ミホ。音楽:梶浦由記。語り:美輪明宏。出演:吉高由里子、伊原剛志、鈴木亮平、仲間由紀恵ほか。

原作:村岡花子 脚本:中園ミホ 音楽:梶浦由記 語り:美輪明宏

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。