一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
上野樹里 上野樹里

上野樹里女優うえのじゅり

連続テレビ小説 てるてる家族

作家、作詞家のなかにし礼の妻とその家族がモデル。戦後から昭和40年代の大阪府池田市を舞台に、4人の娘たちを見事に育てていく肝っ玉母さんと、家族の夢と笑いと涙の日々を、懐かしの昭和歌謡にのせて届ける「踊る朝ドラ」。4人姉妹は岩田春子を紺野まひる、夏子を上原多香子、秋子を上野樹里、冬子を石原さとみ、父を岸谷五朗、母を浅野ゆう子が演じた。語りは末娘役の石原が担当した。

原作:なかにし礼 脚本:大森寿美男 音楽:宮川泰 語り:石原さとみ

ハイビジョン特集 輝く女 上野樹里

独特の存在感で、旬の輝きを放つ女優・上野樹里。2007年(平成19年)、久しぶりの休暇を利用して、あこがれのイギリスを旅する彼女に同行した。古城のホテルに泊まり、農場にホームステイして動物の世話を手伝い、敬愛する作家アレックス・シアラー氏を訪ねる。初めてのイギリスに驚くほど素直に感動し、ますます魅せられてしまった樹里。映画やドラマの中ではうかがい知れない20歳のオンナの素顔を浮き彫りにする。

大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~

「大河ドラマ」第50作目となる「江~姫たちの戦国~」。織田信長の妹・市を母に茶々、初、江という三姉妹の三女「江」。徳川二代将軍・秀忠の正室であり、三代将軍・家光の生母の江を女性の視点から、ホームドラマやラブストーリーの要素をふんだんに盛り込み、本能寺の変、関ヶ原の戦いなど、戦国のハイライトをスケール感たっぷりに描く。

作:田渕久美子 音楽:吉俣良 語り:鈴木保奈美

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す