50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
中尾ミエ 中尾ミエ

中尾ミエ女優なかおみえ

1946年生まれ、福岡県出身。61年に園まり・伊東ゆかりらと「スパーク3人娘」を結成。16歳でリリースした『可愛いベイビー』が大ヒットしたことで一躍スターに。クレージーキャッツ主演の『シャボン玉ホリデー』などに出演し、一時代を築いたことで知られる。主な出演作品には、ドラマ『アイフル大作戦』『必殺必中仕事屋稼業』『トップナイフ』など。NHKでは、ドラマ『若い季節』『ふりむくな鶴吉』『金魚姫』ほかに出演している。

ひるのプレゼント(1986)

司会


平日の昼に放送された生放送のバラエティ番組。月曜日から金曜日の5日間を一つのテーマで構成していた。家事に忙しい主婦向けに、笑いや歌を紹介しようと企画された。宮川泰(みやがわひろし)による軽快なテンポとリズムのテーマ曲が印象的。21年続いた長寿番組である。
動画は1986(昭和61)年、戦後は遠くなりにけりと言われた時期、「我ら戦後っ子第一号」と題して昭和21年生まれにスポットを当てたシリーズ。不惑の年を迎えたゲストとともにこれまでの40年を振り返った。

ひるのプレゼント

若い季節

銀座の化粧品会社を舞台にした、歌あり笑いありのミュージカルコメディー。出演者には水谷八重子(二代目)、黒柳徹子、森光子、淡路恵子らの俳優陣、三木のり平、渥美清、ハナ肇とクレイジーキャッツらのコメディー陣、坂本九、スパーク三人娘(中尾ミエ、伊東ゆかり、園まり)ほかの人気歌手も参加しての豪華タレントが顔をそろえた。人気番組となり、3年9か月にわたって放送。総合(日)午後8時からの45分番組。

作:小野田勇 音楽:桜井順

20歳

新宿の雑踏で、偶然お金を拾い警察に届けた見ず知らずのタケシとチエは、いずれも20歳。タケシは夜学に通う旋盤工だったが工場が倒産して夢も目的も失っていた。チエは幼くして両親を亡くし弟妹の面倒をみながら浜松の工場で働いていたが、同郷の知人を探しに東京に出てきたところだった。チエの知人を一緒に探すことになったふたりは、様々な人や事件に出会い、自分の歩むべき道を確かめていくことになる…。(全1話)

脚本:岡本克巳

歌のグランドショー

『こよい歌えば』(1962~1963)の後継番組として、日曜夜のゴールデンアワーに登場したNHKホールからの公開番組。歌、ダンス、コントをスピーディーに展開する本格的な大型歌謡曲番組の先駆けとなった。レギュラー出演は倍賞千恵子、金井克子、アントニオ古賀ほか。美空ひばり、三波春夫といった人気歌手が、毎週顔をそろえてヒット曲を披露。1965年1月には視聴率41.7%を記録する人気番組となった。総合午後7時台の45~50分番組。

音楽:荒木圭男

金曜ドラマ ふりむくな鶴吉

文政年間、江戸・神田三島町の岡ッ引き鶴吉が、元同心の榊原又十郎や下ッ引き寅吉の助けを借りて事件を解決してゆく、笑いと涙の青春捕物帳。総合(金)午後8時からの54分番組で全46回。作:杉山義法、須藤出穂ほか。音楽:樋口康雄。語り:中西龍アナ。出演:沖雅也、伊吹吾郎、ハナ肇、西田敏行、宇野重吉ほか。

作:須藤出穂 音楽:樋口康雄

歌のグランドショー

『歌のゴールデンステージ』(1973~1975)の後継番組。101スタジオから生放送するスタジオ歌謡番組。初年度は全国視聴者の意向を反映するため、「リクエスト」を番組の柱とした。2年目の1977年度は、異色の顔合わせによる「2ドアショー」、すでに解散してしまった懐かしのボーカルグループのオリジナルメンバーの再現などのコーナー「グランドスペシャル」、自らのヒット曲3曲を歌う「私の3曲」で構成。司会は山川静夫アナ。

クイズ・どきゅめんと

ごく普通の庶民の暮らしの中から心温まる人間のふれあいや感動を伝えるドキュメントにクイズとトークショーの要素を加えた新しいタイプのファミリー向け教養エンターテインメント番組。第1回は「海の大物マグロ」、第2回は「幸せさがし・家さがし」、第3回は「いい秋みつけた・運動会」。出演:三宅裕司、中尾ミエ、大林宣彦、山崎洋子。

土曜ドラマ 唄を忘れたカナリヤは・・・

パソコンに馴染めずに、アルツハイマーを装って仕事や社内のOA化からのがれようとした定年近い55歳のサラリーマンが、本当に病人になってしまう。認知症は、情報化社会がもたらした”文明の病気”ではない。日本の不条理演劇を確立した第一人者である劇作家・別役実が独特の作劇世界で繰り広げる人間喜劇。(全1話)

作:別役実

ドラマ10 全力離婚相談

企業法務が専門だった敏腕弁護士・竹内美晴。ひょんなことから離婚相談室を立ち上げることになり、DVやモラハラなど毎回さまざまな夫婦の修羅場を、人一倍の情熱とフットワーク、弁護士の知識と経験を生かして解決していく。そして、自らの離婚経験による心の傷とも向き合い、親権を奪われて絶縁状態だった一人娘との絆を取り戻していく姿を、熱く感動的に描く。

作:井手真理 音楽:江藤直子

特集ドラマ 金魚姫

直木賞作家・荻原浩原作、温かくも切ない傑作小説「金魚姫」をドラマ化。人生どんづまりの青年が、金魚の化身である謎の美女と出会うことで生きる意味を再び見出す物語。仕事も恋もうまくいかない主人公・潤(志尊淳)。絶望したある夜、祭りの金魚すくいで手に入れたのは1匹の琉金(りゅうきん)。実は金魚に身をやつした美女で、突然人間の姿に変わり潤の目の前に現れる。リュウ(瀧本美織)と呼ばれることになった彼女との奇妙な同居生活。リュウの目的は何なのか。母・真由美(仙道敦子)の再婚相手で義父の長坂(國村隼)の思惑がからみあい、2人の運命は思わぬ方向に進んでいく…。

原作:荻原浩 脚本:宇田学 音楽:長嶌寛幸

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。