一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
仲村トオル 仲村トオル

仲村トオル俳優なかむらとおる

大河ドラマ 信長 KING OF ZIPANGU

16世紀、西洋的な合理主義精神を基に天下統一を目指した織田信長。勇猛果敢な戦国武将でありながら、政治家、文化人としても最先端を走っていた。大胆な人材登用や自由経済政策、さらにヨーロッパとの交流を図るなど、日本の近代化への道を開いた。この信長の生涯と、激動の時代そのものを捉えた大型歴史ドラマである。信長と深く関わったポルトガル人宣教師、ルイス・フロイスが物語の案内役を務める。

原作:田向正健 脚本:田向正健 音楽:毛利蔵人 語り:ランシュー・クリストフ

土曜ドラマ 私が愛したウルトラセブン

1960年代、円谷プロを舞台に、ウルトラセブンに夢を託した若者たちの青春グラフィティ。「ウルトラセブン」の撮影が始まって1か月。交通事故で脚本家の赤井が死亡、アンヌ役の弘子も重症という突然の知らせが入る。書きかけの台本は新鋭の脚本家・石川新一が書き上げることに・・・。アンヌ役はアルバイトのゆり子が抜擢される・・・。脚本は市川森一。当時の「ウルトラセブン」の脚本家の一人だった。

作:市川森一 音楽:宮川彬良

連続テレビ小説 こころ

末永こころは生っ粋の浅草っ子。2人の子持ちの医師と結婚するものの、夫は雪山で遭難。血のつながらない2人の母、実家のうなぎ屋の若女将(おかみ)として奮闘しながら、人情厚い浅草や夫の故郷・新潟の人々に囲まれて成長していく。ヒロインは中越典子、夫の朝倉優作を仲村トオル、娘を黒川智花、こころの母を伊藤蘭、父を寺尾聰、祖母を岸惠子が演じた。岸は語りも担当した。

作:青柳祐美子 音楽:吉俣良 語り:岸惠子

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す