一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
夏木マリ 夏木マリ

夏木マリ女優・歌手なつきまり

連続テレビ小説 ひまわり

バブル崩壊後のリストラで会社を辞めた、東京・上野育ちの南田のぞみ(松嶋菜々子)が、一念発起して弁護士を志望する。難関の司法試験を突破し、福島での司法修習で厳しい現実に向き合いながら、一人前の弁護士になるまでを描く。前年、「大地の子」(1995年)でブレークした上川隆也が雑誌記者役で出演して話題になった。

作:井上由美子 音楽:山下達郎 語り:萩本欽一

プレミアム8 華麗なる宮廷の妃(きさき)たち

16世紀、イタリアからフランス王家に嫁ぎ、先進的なルネサンス文化をフランスに広めた王妃・カトリーヌ・ド・メディシス。現代のバレエの原型となる舞踏や後にフランス料理としてもてはやされる洗練された食文化は、彼女がもたらしたものであった。その華やかさとは裏腹に「サンバルテルミの虐殺」の首謀者として非難され続けてきた。カトリーヌは天使か悪魔か・・・。生涯の大半を喪服で過ごした「黒い王妃」の真の姿に迫る。

語り:黒沢保裕

プレミアムドラマ 花咲くあした

古都・鎌倉にある花咲家(はなさくけ)。35歳の長女・朝(あさ・小池栄子)たち5人の兄妹は、それぞれ人生の難問を抱えていた。そんなとき、自分たちを捨てた母が、なんと20年振りにふらりと舞い戻り…。イタリア帰りの陽気で豪快、大食い、大ほら吹きのロクマル(=60歳)、母=風子(ふうこ・夏木マリ)が、トリックスターさながら、子供たちの問題を次々とあぶり出し、それぞれの新たな人生へと導いていく…。(全8回)

脚本:西荻弓絵

土曜ドラマ 不惑のスクラム

「ラグビーは後退しながら前に進む。まるで人生みたいじゃないか」死に場所を探して河川敷を歩いていた丸川良平の背中に、ラグビーボールが当たる。ボールを追ってきた初老の男に、無理やり連れていかれた先で行われていたのは、40歳以上の選手による “不惑ラグビー”。そこには、年代もバラバラな大人たちの、泥まみれの姿があった。アツ苦しい男たちのおせっかいで、生きる側に腰を落ち着けてしまった丸川は、ラグビーを通じて、仲間と心を通わせる。生きづらさを抱えた中年ラガーマンと家族の再生をハートフルに描く。

原作:安藤祐介 脚本:櫻井剛 音楽:岩代太郎

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す