一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
桐谷健太 桐谷健太

桐谷健太俳優きりたにけんた

1980年生まれ、大阪府出身。2002年、ドラマ『九龍で会いましょう』でデビュー。翌年、『ゲロッパ!』で映画デビューした。11年、『BECK』などでエランドール賞・新人賞を受賞。主な出演作に『タイガー&ドラゴン』『JIN-仁』『カインとアベル』『きみが心に棲みついた』など。映画、ドラマ、舞台、CMなどに出演するほか、歌手としても活躍。NHKでは大河ドラマ『龍馬伝』『父の花、咲く春』『激流』『水族館ガール』などに出演。歌手として『第67回紅白歌合戦』にも出場した。

ドラマ10 激流~私を憶えていますか?~

柴田よしきの同名小説を原作にしたサスペンスミステリー。修学旅行で失踪した15歳の少女から、20年後、5人の同級生たちに届いた謎のEメール。再会した同級生たちに、不可解な事件が次々と襲いかかる…。35歳という人生の転換点にたち、仕事でもプライベートでも断崖絶壁に立たされている5人は、転げ落ちる石のように、人生の激流にのみ込まれていく!!(全8回)

原作:柴田よしき 脚本:吉田紀子

父の花、咲く春 ~岐阜発地域ドラマ~ 岐阜・長良川幇間(ほうかん)物語

父を知らずに育った次郎(桐谷健太)は、病気の母(伊藤蘭)から、梅次(野村又三郎)という男を捜せと言われる。岐阜の置き屋を訪れると、そこには美しい芸ぎ・梅花(蓮佛美沙子)、粋な呉服屋・山藤(林隆三)、置き屋のおかみ・晴代(岩本多代)ら、悲しみを背負いながらも笑顔で生きる人々がいた。梅次が父親らしいと知った次郎は、自分の人生と向き合う。岐阜に残る長良川沿いの美しい町を舞台に描くドラマ。

原作:今井雅子 音楽:冬野ユミ

ドラマ10 水族館ガール

笑いと涙と感動がぎっしり詰まった、夏の海のような爽やかな水族館。そこは、日々、生き物と触れ合い、いのちと接するところ。そこでは、驚くべき奇跡と悲喜劇のドラマが起きていた。ヒロインが生きものと悪戦苦闘しながら成長する物語を軸に、人と人とのつながり、いのちの重さ、家族の大切さ、そして恋の行方など、見どころ満載のエンターテインメント!

原作:木宮条太郎 脚本:荒井修子

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す