50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
桜井幸子 桜井幸子

桜井幸子女優さくらいさちこ

1973年生まれ、千葉県出身。清楚で憂い気なたたずまいと確かな演技力で、さまざまなドラマ、映画で活躍した女優。92年、連続テレビ小説『おんなは度胸』でヒロインを務める。93年には、テレビドラマ『高校教師』で真田広之演じる主人公と道ならぬ恋に落ちる女子高生を演じ、人気女優へと成長。野島伸司脚本の常連俳優としても知られる。NHKではほかに、連続テレビ小説『天うらら』『こころ』、大河ドラマ『風林火山』など。2009年引退。

子どもパビリオン ひかるサケ

北海道の小学六年生の男の子が主人公。ある日、転校生(実はサケの分身)の女の子がやって来た。2人の出会いと別れを描くロマンチックファンタジー。NHKドラマ部と科学自然番組を手がける産業科学部(当時)が手がけたドラマ。サケの生態を追ったVTRがふんだんに登場。プリ・ジュネス・コンクール入賞、ミュンヘン国際テレビ青少年賞受賞作。(全2話)

脚本:川崎洋 音楽:林光

連続テレビ小説 おんなは度胸

バブル期の温泉ブームに乗り遅れた関西の老舗温泉旅館「はなむら」の後妻に入った山代玉子。女将(おかみ)として奮闘するが、四面楚歌で主導権争いも絶えない。旅館のために尽力する玉子の姿は、義理の娘の心に変化をもたらし、やがて2人で力を合わせて旅館を支えることに。逆境を乗り越えていく女たちの戦いを描いた。作:橋田壽賀子。音楽:中村暢之。語り:奈良岡朋子。出演:泉ピン子、桜井幸子、藤岡琢也、藤山直美ほか。

原作:橋田壽賀子 脚本:橋田壽賀子 音楽:中村暢之 語り:奈良岡朋子

連続テレビ小説 天うらら

1970(昭和45)年、川嶋うららは父の死をきっかけに、東京・木場にある母の実家へ。棟りょうである祖父の影響を受け、大工職人を目指すことに。パワフルな祖母と負けず嫌いの母との板挟みになりながらも、理想の家づくり、家族づくりにまい進。高齢者介護やバリアフリー設計なども取り上げた。原案:門野晴子。脚本:神山由美子。音楽:小六禮次郎。語り:有働由美子。出演:須藤理彩、原日出子、桜井幸子、小林薫、池内淳子ほか。

原作:門野晴子(原案) 脚本:神山由美子 音楽:小六禮次郎 語り:有働由美子

夏樹静子の量刑~脅された法廷

裁判官・神谷正義は、量刑に厳しいとされていた。彼の元に上村岬という女性が車で母娘をひいた上に殺害するという案件がきた。死刑か有期刑か、神谷は陪席裁判官と量刑について合議する。一方、神谷の娘・真理が誘拐され、神谷のところに判決を軽くせよという脅迫メールが届く。苦悩する神谷が下した判断は…。夏樹静子原作をドラマ化。HVサスペンスの枠で放送。(全1話)

原作:夏樹静子

金曜ドラマ コンカツ・リカツ

気がつけば39歳、まるで結婚する気のない七海(桜井幸子)だが、友人で雑誌副編集長のるり子(国生さゆり)と部下の美穂(大桑マイミ)に、「お見合いバー」につきあわされる。偶然にも長年の天敵、“勝ち組妻”の梨香子(清水美沙)が現れ、気乗りしない七海はさらにげんなりする。そんな七海だが、「お見合いバー」の会場でうなだれる母(松坂慶子)の姿を見つける。さらに、そこに突然夫から別れを切り出された梨香子が転がり込んできた・・・。

原作:山田昌弘 脚本:野依美幸

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。