50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
浅田美代子 浅田美代子

浅田美代子女優あさだみよこ

1956年生まれ、東京都出身。73年に、ドラマ『時間ですよ』で鮮烈なデビューを飾る。劇中で歌った「赤い風船」が大ヒットし、アイドル歌手としても注目を集める。その後も『寺内貫太郎一家』などでお茶の間の人気スターに。近年は、バラエティー番組で存在感を発揮。明るいキャラクターを武器に、ドラマなどでも多彩な役柄を演じる。NHKでも連続テレビ小説『花子とアン』、よる☆ドラ『書店員ミチルの身の上話』、土曜時代劇『オトコマエ!』など。

土曜ドラマ 系列Ⅱ

日本企業の独特な経営システム「系列」の実体を描くドラマの続編。コストダウンをはかるために系列の下請け部品メーカーを自社に組み込もうとした親会社を描いた前作。今回は平成3年バブル崩壊後の自動車業界が、急激な円高で外国から部品を輸入したほうが安くつくようになったため足手まといの「系列引き離し」へと傾斜。親会社に対して自立した企業を目指し、生き残りをかける系列部品メーカーの闘いの日々を描いた。(全2話)

原作:清水一行

ドラマ新銀河 拝啓自治会長殿

働き盛りのサラリーマンが突然、マンションの理事長と地区自治会長に任命される。仕事との両立の困難、エゴむき出しの住人、そして無理解な家族とのあつれきを生みながら、それでもなお、心休まる「住み家」を作ろうと悪戦苦闘する男の物語。連続ドラマでは始めてハイビジョンで撮影。美術セットは限りなく本物に近い高品質の素材を使い、ハイビジョン時代の美術セットの新たなワンステップとなった。(全12話)

作:布施博一

エイジ

東京郊外のニュータウンに住む14歳のエイジ。部活のことや母親への反抗、淡い初恋など、思春期にありがちな悩みをかかえる今時の中学生。ところが近所で通り魔事件が相次いで起こった。捕まった犯人はエイジの同級生だった。この事件に同級生や教師、親たちは衝撃を受けるが、エイジ自身、動揺を隠せない…。思春期に揺れる中学生の心理をリアルに描いた。2000年度芸術祭参加作品。(全1話)

原作:重松清 脚本:冨川元文

土曜時代劇 オトコマエ!

幼馴染みの悪たれコンビが、「弱い者苛めは、絶対、許さねえ!」と、悪い奴らを懲らしめる、痛快時代劇30分!藤堂逸馬(25才/とうどういつま/福士誠治)。怒った奴はもう誰にも止められない。武田信三郎(25才/たけだしんざぶろう/斎藤工)。アフター5は一本差しの遊び人。いつの日か、俺たちも、あの「遠山の金さん」みたいなオトコマエになりてぇ!と、熱く懸命に疾走する、連続13回の物語。

原作:井川香四郎 脚本:斉藤樹実子 音楽:羽岡佳

よる☆ドラ 書店員ミチルの身の上話

「もう少しだけ幸せになりたい」とついた小さな嘘(うそ)。気まぐれな行動。そして一枚の宝くじが、地方都市の書店に勤め平凡な人生を送るはずだった、古川ミチル(戸田恵梨香)の運命を大きく狂わせる。裏切り、嘘の連鎖、殺人、逃避行…。次々と起こる予測不能の事件がミチルを翻弄する、じわりと怖い衝撃のサスペンス。NHK初主演の戸田恵梨香が「流転のヒロイン」を演じる。(全10回)

原作:佐藤正午 脚本:合津直枝

千葉発地域ドラマ 菜の花ラインに乗りかえて

恋も仕事も順調な、国際線のキャビン・アテンダント、本多かおり(吹石一恵)。彼女に襲いかかるリストラ、失恋などの不幸の数々。失意の中、帰省したかおりが出会ったのは、少女時代に乗った懐かしい黄色の列車だった。美しい田園や里山を縫いながら、房総半島をゆっくり横断するローカル線。かおりは貯金をはたいて鉄道運転士を目指す一大決心をする。かおりは新たな夢をかなえることができるのか…?

脚本:真柴あずさ 音楽:伊藤芳輝

連続テレビ小説 花子とアン

山梨の貧しい家に生まれた花子は、東京の女学校で英語を学び、翻訳家となる。花子は翻訳家として子どもたちに夢と希望を送り届けていく。戦後に出版された「赤毛のアン」のアンのように、夢見る力を信じて生きた花子の明治から昭和にいたる波乱万丈の半生記。「赤毛のアン」を翻訳した村岡花子がモデル。原作:村岡花子。脚本:中園ミホ。音楽:梶浦由記。語り:美輪明宏。出演:吉高由里子、伊原剛志、鈴木亮平、仲間由紀恵ほか。

原作:村岡花子 脚本:中園ミホ 音楽:梶浦由記 語り:美輪明宏

プレミアムドラマ PTAグランパ!

大手電機メーカーで定年を迎えた武曾勤(松平健)は、翌日、家庭に居場所がないことを思い知る。妻・幸子(浅田美代子)と娘・都(真飛聖)から邪魔にされ、孫・友理奈(川北のん)に声をかけるが後回しにされる。友理奈のPTA役員選挙で都は副会長にされてしまう。商社で昇進した都は副会長を辞退するが、それが原因で学校で友理奈が傷つく。怒った勤は抗議に行くといきまくが、幸子は勤がPTA副会長を代わるよう提案する。

原作:中澤日菜子 脚本:おかざきさとこ 音楽:金子隆博

【特集ドラマ】裕さんの女房

北原三枝(松下奈緒)はまだ学生だった石原裕次郎(徳重聡)と共演を重ねるうち、自由奔放なスターとなっていく彼の素顔を知る。海外への逃避行のすえ結婚。スター北原三枝を捨て、裕次郎の妻、石原まき子として生きることを選ぶ。石原プロを作り、自ら映画を作るという夢に向かう裕次郎を支えるまき子は、いつもはるか先を見据える夫に寄り添いながら、映画製作の苦難と、重なる借金、そして病魔との闘いに愛を貫き挑んでいく。

原作:村松友視 脚本:神山由美子

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。