一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
萩原聖人 萩原聖人

萩原聖人俳優はぎわらまさと

海外ドラマ 冬のソナタ

高校時代の悲しい初恋を胸に秘めた女性と、運命の人との純愛を描く韓国ドラマ。交通事故で亡くなった初恋の相手にそっくりな男性(ぺ・ヨンジュン)に出会ったユジン(チェ・ジウ)は、婚約者がいる身でありながらも心が揺れる・・・。日本では2003年(平成15年)の放送以来、社会現象ともいえる「冬ソナ」ブームが起きた。ユン・ソクホ監督の四季シリーズの一つで、韓流ブームのきっかけとなった。(c)2002 KBS Media Ltd/Pan Entertainment

脚本:キム・ウニ 音楽:Ryu

土曜ドラマ フルスイング

7つのプロ野球球団を渡り歩き、落合、イチローをはじめ多くのタイトルホルダーを育てた打撃コーチ、高畠導宏。突然、球団から契約を打ち切られた後、30年のコーチ人生で培った優れたコーチング力で、悩める思春期の子どもたちと現場の教師たちを大きく変えていった。わずか1年でがんに倒れ、志半ばで逝去した新米教師「高さん」と、彼の思いを受け止め成長していく子どもたち・・・。感動の実話をドラマ化。主演は高橋克実。

原作:門田隆将 脚本:森下直

NHKスペシャル 未解決事件

平成22年(2010)、殺人事件などの時効が廃止され、未解決のまま終わらせることが許されない時代になった。全国各地の警察には、「未解決事件」を担当する部署が設置されている。日本全国に大きな衝撃を与え、今なお生々しい記憶を残し、しかも多くの謎と課題を社会に突きつけたままの「未解決事件」を徹底的に追跡・検証し、未来へつながる教訓を探る。

脚本:田子明弘 音楽:川井憲次 語り:伊東敏恵

プレミアムよるドラマ おふこうさん

千倉つぐみ(貫地谷しほり)28歳。愛称は“おふこうさん”。彼女が関わると周りが必ず不幸になってしまうという、類まれなる“不幸パワー”の持ち主。そんなつぐみが「幸せになろう!」と一念発起し働き始めたのは、コワーキングスペースの≪アニュ≫。“不幸”に取りつかれ日々ネガティブに落ち込むつぐみと、成功を目指してポジティブに頑張る≪アニュ≫の面々が出会って生まれる、涙と笑いの幸せ体感型コメディー。(全8回)

脚本:福原充則

土曜ドラマ 64(ロクヨン)

D県警の広報室と記者クラブが、加害者の匿名問題で対立する中、時効の迫った重要未解決事件「64(ロクヨン)」の被害者遺族宅への警察庁長官視察が1週間後に決定した。わずか7日間で幕を閉じた昭和64年に起きた、D県警史上最悪の「翔子ちゃん誘拐殺人事件」。長官慰問を拒む遺族。当時の捜査員などロクヨン関係者に敷かれたかん口令。刑事部と警務部の鉄のカーテン。謎のメモ。そして、長官視察直前に発生した新たな誘拐事件は、ロクヨンをそっくり模倣したものだった・・・。

脚本:大森寿美男 音楽:大友良英

プレミアムドラマ 山女日記~女たちは頂を目指して~

「山ガール」が流行語となって久しく、女性の登山人口は増加の一途をたどっている。そんな「山女」たちが抱える現実の問題やさまざまな思いを描き、今の時代と女性の心を奥深くとらえた、湊かなえさんの原作小説をドラマ化。山の持つ魔力魅力。そして、いまの女性の心の琴線にふれた「山を登る等身大の女たちの自立」をテーマにした「女性のための山ドラマ」。

原作:湊かなえ 脚本:吉川次郎 音楽:窪田ミナ

土曜時代ドラマ みをつくし料理帖

大坂に生まれた天涯孤独な少女・澪(みお)が、料理の腕一本を頼りに江戸に行き、艱難(かんなん)辛苦を乗り越えながら、やがて一流の女料理人になるまでの波乱万丈の物語。原作は、高田郁の人気時代小説「みをつくし料理帖」。ヒロインは、日本演劇界きっての若手演技派女優で、NHK初主演となる黒木華。昨年、木曜時代劇「ちかえもん」で向田邦子賞を受賞した藤本有紀の脚本で、江戸の人情と笑い、そして毎回クライマックスで登場する澪(みお)の“創作江戸料理”をお楽しみいただく。

原作:高田郁 脚本:藤本有紀 音楽:清水靖晃

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す