50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
芦屋小雁 芦屋小雁

芦屋小雁俳優・タレントあしやこがん

1933年生まれ、京都府出身。漫才師として兄・雁之助とともに巡業をするなどして芸能界へ。59年、コメディドラマ『番頭はんと丁稚どん』に雁之助とともに出演し、人気を博す。その後、花登筐が結成した劇団「笑いの王国」や吉本新喜劇などを経て、舞台にとどまらずテレビや映画で俳優として活躍する。NHKでも連続テレビ小説『よーいドン』『ちりとてちん』『ウェルかめ』『べっぴんさん』、金曜時代劇『はんなり菊太郎2~京・公事宿事件帖』などに出演。

連続テレビ小説 よーいドン(1982)

力松役


昭和初期、大阪市北浜の株屋の少女、みお(藤吉久美子)は天才走者と注目され、オリンピックへの夢を抱くものの、家業の倒産から断念。道頓堀の芝居茶屋、舞鶴の駅弁屋、そして再び道頓堀と、人生のマラソンを走り抜く。

作:杉山義法 音楽:高山光晴 語り:真屋順子

連続テレビ小説 よーいドン

土曜ドラマ 大阪ドンキホーテ 旅立ち

昭和一ケタ生まれの重森八郎は、義理堅く人情にあつい、昭和のドン・キホーテ的な中年男。窓際族の八郎が、部下の責任をかぶって退職し、職探しに歩いているときに、イベント会社の青年社長とめぐりあう。ユーモラスでもの悲しい昭和男の義理と人情絵巻。第2話「極楽切符」では、一枚の写真を手がかりに人捜しを依頼してくる老婆にミヤコ蝶々が出演。テレビ初主演の芦屋小雁は意欲満々の演技を見せた。(全2話)

作:義野昭彦 音楽:やしきたかじん

連続テレビ小説 ウェルかめ

ウミガメが産卵にくる徳島の海辺で育った浜本波美。地元情報誌を発行する出版社に入社し、パワフルな編集長の教育を受け、雑誌作りのおもしろさに目覚めていく。大海原を回遊するウミガメのように、「世界につながる」雑誌編集者になる夢を追いながら、改めて故郷を見つめていく。作:相良敦子。音楽:吉川慶。語り:桂三枝。出演:倉科カナ、石黒賢、羽田美智子、坂井真紀、大東俊介、国広富之、石野真子、芦屋小雁、室井滋ほか。

作:相良敦子 音楽:吉川慶 語り:桂三枝(6代目・文枝)

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。