一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
有川博 有川博

有川博俳優ありかわひろし

テレビ指定席 魚住少尉命中

沖縄戦に敗れ本土空襲が激しさを増していた敗戦間近の1945年(昭和20年)7月。アメリカ輸送船攻撃のため人間魚雷・回天特別攻撃隊が出撃する。特攻隊員の魚住少尉は、「本土攻撃をわずかでも防げれば」と自ら志願した。8月、攻撃隊はアメリカの大型輸送船団に遭遇、魚住少尉の人間魚雷が発射される・・・。演出は吉田直哉。

脚本:横光晃 音楽:依田光正 語り:平光淳之助

金曜ドラマ 赤ひげ

若い見習いの医者・保本登が赤ひげと呼ばれる医者・新出去定との出会いから、医者として人間として成長していく姿を描いた「赤ひげ」は、山本周五郎の小説「赤ひげ診療譚(しんりょうたん)」を原作に1972年から1973年(昭和47年~48年)にかけて放送されたドラマ。「第19回 ひとり」は、倉本聰が脚本を担当し、赤ひげと保本の医者の使命感を巡る意見の対立を中心に描いた現代にも通じる医療問題を扱った回。

原作:山本周五郎 脚本:倉本聰 音楽:桑原研郎

懐かしの名作シリーズ 人情紙風船

昭和初期の名作映画をテレビドラマ化した「懐かしの名作シリーズ」。「人情紙風船」は昭和12年、山中貞雄監督の映画。江戸の貧乏長屋で老いた浪人の首つり事件が起きる。しかし長屋に住む髪結い新三は、その死を弔うことを口実に大家から酒をせしめ、長屋の連中とともにドンチャン騒ぎ。自由気ままに生きる、新三とその隣人で仕官先を求めて徒労の日々を送る浪人、海野又十郎の生き方を対照的に描く。

原作:三村伸太郎 脚本:尾中洋一 音楽:山本直純

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す