一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
マイコ マイコ

マイコ女優まいこ

連続テレビ小説 おひさま

信州安曇野と松本を舞台に、ヒロイン・陽子(井上真央)が「太陽のようにいつも笑って世界を照らす」という亡き母との約束を胸に、戦前、戦中、戦後を生きていく爽やかな一代記。現在の陽子(若尾文子)が戦前からの思い出を語る。

作:岡田惠和 音楽:渡辺俊幸 語り:若尾文子

NHK福井 開局80周年記念ドラマ 恐竜せんせい

雑誌編集者の野子は、読者から「ウソつき女」と呼ばれたことで上司と大げんか。職を失ってしまう。人生をやり直そうと、化石発掘現場へと向かう。そこで再会したのは、かつての同級生・玉邑大地(高橋光臣)や恐竜研究の大家・阿久津竜太郎(長塚京三)。しかし、野子は希望の発掘調査に参加できず、子ども向けの遊び場「ジュラチックパーク」で働くことに。やんちゃな子どもたちに振り回されつつ、そこで掘り当てたものとは…?

作:いずみ吉紘

ドラマ10 透明なゆりかご

1977年・夏。17歳のアオイ(清原果耶)は、アルバイトの看護師見習いとして「由比産婦人科」へやってきた。いきなり中絶手術の現場を目の当たりにし、衝撃を受けるアオイ。しかし、何事も丁寧にあたる院長・由比(瀬戸康史)や、頼りになる先輩看護師・紗也子(水川あさみ)、おだやかな婦長・榊(原田美枝子)らスタッフは、妊婦ひとりひとりにしっかりと向き合い、支えていた。アオイの母・史香(酒井若菜)は不器用でコミュニケーション下手な娘を心配するが、アオイは独特の感受性と根の優しさで、妊婦さんたちの心に寄り添ってゆく。「命って、何だろう…」産まれてくる赤ちゃんの圧倒的生命力にうち震えながら、アオイは自問自答し、

原作:沖田×華 脚本:安達奈緒子 音楽:清水靖晃

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す