50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
吉岡秀隆 吉岡秀隆

吉岡秀隆俳優よしおかひでたか

1970年生まれ、埼玉県出身。5歳で劇団若草に所属し、テレビ時代劇『大江戸捜査網』でデビュー。77年、野村芳太郎監督の『八つ墓村』で主人公の少年時代を演じ、映画初出演。81年から山田洋次監督の『男はつらいよ』にレギュラー出演し、以後代表作となる。また、テレビでは『北の国から』シリーズが大ヒット。現在も多彩な作品で活躍する。NHKではスーパープレミアム『八つ墓村』『悪魔が来りて笛を吹く』で金田一耕助役を熱演し、話題となった。

ドラマ人間模様 絆

東京の下町に住む高島夫婦は、ある日病院の弁護士から、息子が他人の子であることを知らされる。9年前、病院が赤ん坊を取り違えてしまったというのである。こどもを交換すべきか、そのまま育て続けるべきか。話し合いの結果、高島夫婦が両方の子をいっしょに育てることになるのだが……。かつて病院で実際に起きた事件を元に、二つの家族に起こったとまどいや波紋を、とくに母親の姿を中心に描いた。(全5話)

脚本:冨川元文 音楽:丹羽応樹

古代史ドラマスペシャル 大仏開眼

平城京遷都1300年に当たる2010年、大阪放送局が『聖徳太子』『大化改新』に続く古代史ドラマ第3弾を制作。唐から帰国した吉備真備、大仏造立を命じた父・聖武帝の背中を見つめ続けてきた阿倍内親王、そして2人の最大のライバル藤原仲麻呂の3人を軸に、愛と憎しみ、野望と挫折の人間模様をダイナミックに描く。前・後編各89分。作:池端俊策。音楽:千住明。出演:吉岡秀隆、石原さとみ、高橋克典、市川亀治郎ほか。

作:池端俊策 音楽:千住明

土曜ドラマスペシャル テレビ60年記念ドラマ メイドインジャパン

倒産の危機に陥った巨大電機メーカーを舞台に、会社再建を秘密裏に託された7人の社員と中国企業に渡った元技術者との運命の闘いを描く。戦後の日本を支えてきた物づくりの意義を見つめ直し、逆境を乗り切ろうとする日本人の姿から、「メイドインジャパン」とは何かを正面から描く。全3回(各回73分)。作:井上由美子。音楽:蓜島邦明。出演:唐沢寿明、高橋克実、吉岡秀隆、國村隼、大塚寧々、マイコほか。

作:井上由美子

スーパープレミアム 悪魔が来りて笛を吹く

銀座の有名宝石店で、毒物を使った殺人事件が起きる。容疑者に目された旧華族の椿 英輔は、「これ以上の屈辱に耐えられない」と自殺を遂げる。その無実を信じる娘の美禰子から依頼を受けた金田一耕助は、椿邸で行われた奇妙な占いに立ち会うが、その夜、館に居候していた元伯爵が殺害される。捜査を始めた耕助は、旧華族のインモラルでおどろおどろしい人間関係やおごり、それらが生み出した怨念と悲劇に向き合っていくこととなる…。

原作:横溝正史 脚本:喜安浩平

スーパープレミアム 八つ墓村

大量殺人の過去を持つ村に名家の跡取りとして招かれた辰弥(村上虹郎)。それが悲劇の発端だった。祖父、異母兄…次々殺害される関係者。辰弥の異母姉の春代(蓮佛美沙子)、分限者(國村隼)に身を寄せる美也子(真木よう子)は、苦しむ辰弥に思慕を抱く。だが殺人はとどまるところを知らない。やがて辰也の秘密を探り当てた耕助(吉岡秀隆)だったが、当の辰弥は、たたりを恐れる村人によって鍾乳洞の奥に追い詰められていた。

原作:横溝正史 脚本:喜安浩平

ETV特集 日本の原爆開発~未公開書簡が明かす仁科芳雄の軌跡~

戦時中、日本が極秘に進めた原爆開発。それを率いた物理学者・仁科芳雄が記した1500通の未公開書簡が発見され、謎を解く鍵と注目されている。石油をめぐり戦争の危機が迫っていた当初、仁科はウラン分裂のエネルギーに期待。留学し欧米の友人が多かった仁科がその後、原爆研究に巻き込まれていく心の変遷も明らかになった。科学者の理想と軍の思惑、そして広島で見た衝撃の光景。人々を翻弄した戦争の実像に迫る。

語り:中山果奈

鹿児島発地域ドラマ この花咲くや

噴煙を上げ続ける火山・桜島と隣り合わせの街で暮らす知花(小芝風花)は、仕事に恋にイマイチな日々を過ごしている。ある日、知花の勤める不動産会社にマンションを探しに一人の男性・幸次郎(吉岡秀隆)がやってくる。内見の時、幸次郎が口にした思わぬ言葉から、物語は大きく動きだす。それぞれの「幸せの形」を見つけるために――。鹿児島らしい絶景も満載!

作:詩森ろば

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。