50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
奈良岡朋子 奈良岡朋子

奈良岡朋子女優ならおかともこ

1929年生まれ、東京都出身。劇団民藝の中心メンバーとして活躍。『イルクーツク物語』のワーリャ役、『奇跡の人』のサリバン役など数多くの当たり役を持ち、紀伊國屋演劇賞、テアトロ演劇賞、菊田一夫演劇賞など多数受賞。近作は『八月の鯨』『二人だけの芝居』など。映画、ドラマでも幅広く活躍、朗読『黒い雨』はライフワークとしている。NHKではドラマのほか、連続テレビ小説『おしん』『春よ、来い』、大河ドラマ『いのち』『春日局』『篤姫』などのナレーションを努め、ヒロインの心情を表現する語りで定評がある。

大河ドラマ 花の生涯(1963)

おせい役

大河ドラマ 花の生涯

インタビュー

 私はNHKが田村町(愛宕山)にあったころから、ラジオ番組や放送が始まったばかりのテレビに出ていたので、この大河ドラマ第一作にも声をかけていただきました。主役の井伊直弼が尾上松緑さん、長野主膳を佐田啓二さん、たかを淡島千景さんとそうそうたる顔ぶれでした。私は佐田さんも淡島さんもどちらもよく知っていましたが、当時の大スターでしたからね。本当に豪華なメンバーが集まっていたことを覚えています。

大河ドラマ第1作目 主人公の井伊直弼を尾上松緑(二代目)が演じた
井伊直弼の家臣、長野主膳(佐田啓二)と村山たか(淡島千景)

 佐田啓二さんとは、その後、やはりNHKの連続ドラマ『虹の設計』でもご一緒したのですが、まさにその撮影中のことでした。あの日、スタジオで佐田さんがいらっしゃるのをみんなで待っていたのに、なかなかいらっしゃらない。「どうしたんだろう」と言っていた時に訃報が舞い込んできたんです。事故で亡くなられたと聞いた時はショックでしたね。その後、ドラマは継続しましたが、予定されていた海外ロケを取り止めるなど、いろいろ大変だったことが今も記憶に残っています。

『虹の設計』(1964-66)に出演する奈良岡朋子と佐田啓二
主演の佐田はドラマの収録に向かう途中、交通事故で帰らぬ人となった

銀河ドラマ ゼロの焦点(1971)

室田佐知子役

銀河ドラマ ゼロの焦点

インタビュー

 『ゼロの焦点』は、とても印象に残っている大好きな作品です。これより前は医者とか先生といったわりあい堅い役を演じることが多く、犯人よりは捕まえる側でした(笑)。それが殺人者の役!しかも次から次と殺人を犯していくというのですから、こういう役をいただいたことが嬉しかったですね。現実に人を殺すことなどあり得ない、まさに非日常を演じられることこそ役者の醍醐味といってもいい。悪役をやりたくないという方もいますが、私はある意味、痛快で面白がって演じていました。松本清張さんの原作も素晴らしいのでとてもやりがいがありました。

金沢の名士・室田儀作(滝沢修)の後妻となった佐知子
佐知子には夫の室田に決して知られたくない過去があり…

 この作品もそうですが劇団民藝の滝沢修先生や宇野重吉さんなど、この当時は多くの劇団のメンバーがテレビドラマや洋画のアテレコに参加していました。まだアテレコに慣れている役者さんも少ない時代、劇団メンバーはとても重宝だったようで(笑)、今振り返るとテレビ創世記のフロンティアといってもよさそうです。

鵜原憲一(江原真二郎)は佐知子の秘密を知る男
鵜原は仕事の引き継ぎのため訪れた金沢で行方不明に…

連続テレビ小説 おしん(1983)

ナレーション

連続テレビ小説 おしん

インタビュー

 私はテレビがないラジオの時代からスタートしているので、画に映らない声だけの仕事というのがとても多かったんです。ドラマのナレーションはその延長線上でもあり、役を演じることとは別の役割があると思っています。『おしん』でも出演している方々と関わることはなく、一人スタジオで台本が上がっている分だけのナレーションを録音していました。その時に映像を見ることはありません。台本に書かれている内容から役者さんの顔がイメージできるので、「このシーンは誰の顔ですか」「アップですか、フルサイズですか」と演出家に確認したうえで、自分なりのナレーションを入れていきます。

最高視聴率62.9% 世界73の国と地域で放送された大ヒットドラマ
山形の寒村に生まれたおしん(幼少時代:小林綾子)は7歳で奉公に出る
評判の髪結いとなったおしん(田中裕子)は商売にも才覚を発揮

 私はナレーションや朗読の仕事が好きなのですが、それは芝居も同じことで「はじめに言葉ありき」なんです。本が素晴らしければ、それだけでエキサイティングになることもありますし、どっぷりと浸かることもあります。『おしん』がまさにそうで、評判の良いドラマはみんな本がいいんです。橋田壽賀子さんは、演じる側、見る側すべてを総合的に考えられて書かれているので見事ですね。

 1年間ずっとナレーションを入れてきたのですが、最後にスタジオを出て海辺のロケに参加しました。橋田さんの「最後に画面にも映りましょう」という遊び心のようなもので(笑)、ちょっとだけ登場しています。

数々の苦労を乗り越えたおしん(乙羽信子)は浩太(渡瀬恒彦)と海へ…
「お幸せそうですね。どうぞいつまでもお元気で…」

大河ドラマ 篤姫(2008)

ナレーション

大河ドラマ 篤姫

インタビュー

 『篤姫』のナレーションも私は映像も音声も一切見聞きせずに録音していました。この時もシーンに合ったナレーションを入れるために、ただ活字を読み上げていくのではなく自分なりにイメージしたものを確認しながら進めています。台本から役者さんの演技を想像するのも楽しいですね。

『篤姫』語りの収録風景
映像を見ずにぴったりとナレーションを合わせる達人の技!

 ごくまれにスタジオを訪れることもあります。どんな方たちがやっていらっしゃるのかしらと、のぞきに行くのですが、『篤姫』の時はそこで「初めまして」とごあいさつする方が多くて楽しかったですね。主演の宮﨑あおいさんもとてもかわいい方でしたし、みなさんが「いつもスタジオでナレーションの声を聞いてお芝居をしています」と言ってくださいました。チームワークの良い現場だということが感じられて良かったです。でも、何度も顔を出すなんてことはありません。『篤姫』の時も1回きりだったと思います。ドラマのナレーションは、やはり客観的に物語をお伝えすることが大事なので、制作側と見てくださる方との真ん中にいることを心がけています。

徳川第十三代将軍家定(堺雅人)の正室となった篤姫(宮﨑あおい)
江戸城無血開城に大きな役割を果たした天璋院篤姫の人生を描く

被爆70年特集ドラマ 赤レンガ(2015)

長船月子役

被爆70年特集ドラマ 赤レンガ

インタビュー

 私が初めて広島を訪れたのは、新藤兼人監督の映画『原爆の子』(1952年公開)のロケだったのですが、当時はまだ原爆の被害を受けた痕跡がいたるところに残っていました。そのことが強烈に残り、私にとって広島への思いの深さは特別なものがあります。そんな時にいただいたのがこのドラマのお話でした。

広島赤レンガの被爆建物「旧被服支厰」を訪ねる月子
月子はここで働き、原爆投下直後はここで重傷者の世話をした

 私自身がささやかなライフワークとして行っている『黒い雨』の朗読にも重なるテーマでありながら、また新しいアプローチで描いた作品でしたね。日本人だけでなく外国の人も加わって、原爆被害の事実を知っていくということにとても意味があると思えたし、新鮮でもありました。私の中では最近の仕事の中でもかなり濃い密度で取り組んだ作品です。ロス在住の日系4世の歌手役で出演したアニー役のプリシラ・アーンさんが、とても素直で一生懸命な方で良かったですね。暑い最中、長いロケ期間中も、もめ事ひとつなく順調に撮りきることができました。

アニー(プリシラ・アーン)は月子の幼なじみ・ジェームズの孫娘
亡きジェームズは月子宛てにたくさんの手紙を書いていた…

 『黒い雨』の朗読は、13年続けているのですが、声が出る限りは続けていこうと思っているんですよ。年齢を考えると少し働き過ぎかなと思う時もあるけれど(笑)、心身共に健康ならば現役を続けられると思っています。体だけ元気で頭がぼけても、頭は健康だけれど体が動かないというのもだめですからね。

 役者になって気づいたら71年。ひょんなことからこの道に入り、才能がないのだから「継続こそ力」と思いながら、ここまで来てしまったような気もします。時には挫折して辞めたいと思ったこともありましたが、そこをひとつ乗り越えると新しい道へ踏み出すことができる。そんな繰り返し。骨折するようなケガをした時も舞台は絶対に降りないということを実践してきました。そんな無理をするのはあまりいいことではないでしょうね(笑)。でも人間は十人十色、私にはそんなやり方があっていたのだと思います。やってもやっても限りない仕事と身にしみてわかっているので(笑)。

アニーの澄んだ歌声が平和を呼びかける
その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。