一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
大沢たかお 大沢たかお

大沢たかお俳優おおさわたかお

大河ドラマ『花燃ゆ』

大河ドラマ『花燃ゆ』

 幕末から明治にかけての動乱のなか、ともに生き抜いてきた美和と楫取。美和の姉であり、楫取の妻であった寿がこの世を去るが、2人は互いを思いながらも気持ちを素直に伝えあえない…。そんな楫取はどんな思いを抱いていたのか。大沢さんに聞くと「寿とは一緒にいる時間こそ少なかったけれど、とても仲が良く、愛し合っていたそうです。楫取にとって寿はとても大切なパートナーだったという事実を、すごく意識しながら演じました」。一方、再婚相手となる美和とは「一緒に暮らすなかで、友情を超えた男女の繋がりを感じるようになる反面、“躊躇”する気持ちも生まれてきた」のだとか。「命を落としていった松下村塾の友を一緒に見送ってきたという意味では、美和は同志のような存在であったかもしれません。ただ、若いころから共に地獄を見てきたかけがいのない存在ですから、彼女との間には同志というだけではない絆のようなもの、割り切れない何かもあったと思います。それは寿と美和の姉妹両方に言えることです」。

公人としての楫取を通しては、それまでの価値観を180度変えた明治維新を迎え、時代の潮流を肌で感じることとなった。「何かを壊すエネルギーが序盤の物語だとしたら、後半は現代の基盤となる世界を作り上げていくプロセスに入っていくわけです。そういう意味では、いまを生きる自分たちにも共感する部分がすごくあって面白いですね」。ただ、史実に残っていない部分も多い分、演じる上での難しさもあったという。「どうとでもできてしまうということは、とても怖いことでもあるんですよ。気を付けて、ていねいに扱わないといけない。自分自身が思っている役柄と、ご覧になる方々のイメージがズレてしまってはいけませんから。ある程度、こちらから人物像をアナウンスしてしまっている部分もあるので、日々葛藤しながら演じていました」。

 さらに役柄について「ワン オブ ゼムでいい」と、大沢さん。「歴史は偉人だけで作られたんじゃない。名前も残っていないけれど、実は国のために一生懸命がんばっていた人が大勢いる。そういう全ての人間に華があると思うので、スターであろうがなかろうが、ていねいに描いていきたいと思っていました」。

ゼロから世の中を作っていく難しい局面に差し掛かった楫取。妻に迎えた美和とともに歩む未来はどのようになっていくのか。ついに迎える最終回、2人はどんな未来に向かうのか、最後まで見守りたい。

BS時代劇『火怨・北の英雄 アテルイ伝』

BS時代劇『火怨・北の英雄 アテルイ伝』

8世紀末、東北地方にいた民・蝦夷のヤマト朝廷との戦いを描いた『アテルイ伝』。それまでほとんど描かれることのなかった時代を舞台にしたドラマで、蝦夷の英雄・アテルイを演じた大沢さん。ドラマに出演に際し「登場するのははるか昔、僕たちのルーツとなる人たちです。彼らは自然を愛し、家族を愛するという当たり前のことを大切に懸命に守り抜いてきた人たちでした」と役柄を説明。演じてみて「いまさらながら現代社会に生きる僕たちは、いろいろなことに麻痺してしまっているんだなということを強く感じました」と感慨深げだった。

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す