一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
壇蜜 壇蜜

壇蜜女優だんみつ

プレミアムドラマ 珈琲屋の人々

東京下町の商店街。ひっそりとたたずむレトロな喫茶店『珈琲屋』。この店には、集う人々の問題や悩みが日々持ち込まれドラマが起きる。店主・宗田行介(高橋克典)が心を込めていれるコーヒーは、そうした人たちの悩みを受け止め、心を幸福する奇跡の1杯。そんな行介にも大きな心の傷があった。ある時、彼の前に冬子(木村多江)が現れる。たびたび訪れ、ただおいしくコーヒーを飲む冬子に、行介は次第にひかれるが…。(全5回)

原作:池永陽 脚本:渡辺千穂 音楽:めいなCo.

NHKスペシャル 私たちのこれから #長時間労働

電通の新入社員だった女性の過労自殺などを受けて、改めて是正が求められる長時間労働。その解消は、少子化や人口減少時代の労働力確保などの課題にもつながる大問題!しかし日本の正社員の長時間労働の実態はこの20年全く変わらず、先進国最悪レベルが続く。解消を阻む壁は何?具体的な対策は?専門家と市民による徹底討論で探る。さらに視聴者の質問に専門家が生回答。長時間労働の解消に向けたヒントが盛りだくさん!

天空のお花畑 大雪山~“小さな賢者”の物語

2000m級の山々が連なる北海道の屋根「大雪山」。夏、高山植物では日本一のお花畑に姿を変える。かれんな花々は短い夏、厳しい高山で子孫を残していくため、さまざまな「知恵」を駆使する。太陽に合わせ回転する花や雨を予知して花びらを閉じたり色を変化させハチの行動を操ったりするものなど。高精細4K撮影やハイスピード、コマ撮りを駆使した圧巻の映像。ミクロのスペクタクルを壇蜜さんがナビゲーターとして案内する。

語り:松川新

NHKスペシャル 私たちのこれから #不寛容社会

週刊誌の報道をきっかけに人気タレントに集中する批判。インターネットやSNSにあふれるバッシングや炎上。相いれない主張がエスカレートし、対立構造が先鋭化する社会に、息苦しさを感じるという声が多く聞かれるようになった。専門家は、このままでは日本社会全体が萎縮してしまうと警鐘を鳴らす。なぜ、いま“不寛容な空気”が広がっているのか?冷静な議論のためには何が必要なのか、専門家や市民と共に徹底討論する。

ドラマ10 お母さん、娘をやめていいですか?

その娘と母は一番の親友であり、まるで恋人のようだった。しかし、その蜜月は、娘がある男と出会うことで、一変していく。母娘の関係に目をそむけてきた父が、最後の希望を託したマイホーム。家族は、その中にひそむパンドラの箱を開けてしまう。複雑に絡んだ母娘の物語をサスペンスフルに描くモンスターホームドラマ!母の呪縛から逃れようとする娘と、暴走していく母の火花の散るようなバトル。さらに、娘の恋人をめぐる三角関係。二人を止められない父。誰もがうらやむ家族のはずだった…。娘と母は泥沼のバトルの先に希望を見つけることができるのか。

作:井上由美子 音楽:富貴晴美

BSプレミアム 終戦特集 ドラマ×マンガ 戦争めし

「今のにぎり寿司の大きさは、戦争による食糧難が影響していた」という事実を知ったマンガ家・山田翔平は、食の視点から戦争を描くマンガの連載を決意。驚きのエピソードを次々と発見していく。主人公のモデルとなったマンガ家・魚乃目三太さんの作品を番組の随所に織り交ぜた新感覚のオリジナルドラマ。寿司(すし)やワイン、うなぎ、豆腐、おでんなどについて、戦争にかかわる驚きのエピソードを次々と発見していく。ところが…。

原作:魚乃目三太 脚本:山咲藍 音楽:浅草ジンタ

土曜ドラマ みかづき

学校教育が太陽だとしたら、塾はその光を十分吸収できない子どもたちを照らす月――。2017年本屋大賞第2位! 昭和から平成に至る塾と日本社会の変遷を背景に、天才的講師とカリスマ的経営者の出会いが生んだある塾と家族の半世紀を描く。森絵都の同名原作を連続ドラマ化。日本人は戦後、何を得て、そして何を失ってきたのか。独りで見て心動かされ、家族そろって見て楽しめる物語。

原作:森絵都 脚本:水橋文美江 音楽:佐藤直紀 語り:森本レオ

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す