一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
田中圭 田中圭

田中圭俳優たなかけい

大河ドラマ『軍師官兵衛』

大河ドラマ『軍師官兵衛』

豊臣政権を支え、秀吉の側近として重用された石田三成。しかし、武闘派ぞろいの戦国時代には珍しい理詰めの合理主義者であったことから、周囲と反目。官兵衛とも敵対関係が続いた。そんな三成像について「役が決まったとき、三成目線の文献を調べたんですよ。そうしたらカッコよく描かれていた。ここまで忠義を尽くした武将はいないと、すごく好きになりました」と田中さん。それだけに第一印象から「よいイメージの三成を演じたい」と演技プランを練っていたそう。しかし、いざ出番が増えると三成はどんどんダークなイメージの人物像に…。「いつの間にか嫌われていました(苦笑)。福島政則からもムカツクと言われましたし。もともと考えていた役づくりとは違いましたが、『軍師官兵衛』のなかの三成を演じることが第一なので、ヒゲを付けてからはめちゃ悪い奴になりきりました」。

お互いに火花を散らす関係の官兵衛については「すごく嫉妬していると思う」と三成の胸の内を明かす。そのため、豊臣政権のナンバーツーという立場でありながらも、どこか官兵衛を超えることができないジレンマを大切に演じたという。その一方、演じる岡田准一さんについて聞くと「お話をさせていただけるだけで嬉しくなってしまう」と言うほどリスペクトしているのだとか。「岡田くんは官兵衛でいるとき、全く役がブレないんです。1年演じているからとも言えるけれど、逆に演じ続けて役柄に変化をつけるなかで、目線ひとつにもブレがないのは本当にすごいと思います」と笑顔を見せた。

多くのシーンで共演した秀吉役の竹中直人さんについては「三成は秀吉のことがとても好きだと思うのですが、僕も竹中さんのことをとても尊敬しているので、そういう意味では役作りの必要がなく、ありがたかったですね」。それだけに「秀吉亡き後、三成がどうなってしまうのか怖い」と話していた田中さん。ドラマの最後を締めくくる関ヶ原の戦いをどのように迎えたか聞くと「関ヶ原は勝つつもりで演じています!家康には悪いけれど、けっこう本気ですよ」と笑った。それほど役になりきって取り組んできた三成役もクランクアップし「ただただ、すがすがしい。」と晴れやかな表情を見せた。

最終回、最後のセリフは「如水への尊敬の念があっての言葉。長政への最後のエールです」。史実では関ヶ原の戦いで敗れる三成だが、その天下への夢がどのような形で終結するのかが見どころだ。

土曜ドラマ『チェイス 国税査察官』

土曜ドラマ『チェイス 国税査察官』

土曜ドラマ『チェイス』で田中さんが演じたのは、東京国税局の新人査察官・窪田鉄雄。江口洋介さん演じる春馬とともに査察を行い、先輩としても尊敬しているという役どころだった。「懐かしいですね!『チェイス』は社会の裏側を描くドラマだったので、新鮮でしたね。実は詳細を覚えていません。ただ、実際に査察館の方たちといろんなお話したのは、印象的でしたね」。

連続テレビ小説『おひさま』

連続テレビ小説『おひさま』

ヒロインの長兄・須藤春樹を演じた連続テレビ小説『おひさま』では、その反響の大きさに驚かされた。「地方に行ったとき、今まで声をかけてもらえなかった年配の方から『見てるよ』と言っていただきました。“朝ドラ”はやっぱり全国各地の方に見ていただいている作品だと実感しました」。温かい家族の物語に、台本を読んでいて思わず目がうるむ場面も多かったとか。「家族や妹、弟とすごくいい関係だったので、途中で死んでしまうのが寂しいと思っていたんですよ」。

土曜ドラマスペシャル『負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田茂~』

土曜ドラマスペシャル『負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田茂~』

太平洋戦争敗戦後、焦土となった日本を復興に導いた宰相・吉田茂を描いた『負けて、勝つ』。このドラマで田中さんが演じたのは主人公・吉田茂の長男・健一だった。「実在の人を演じるのはすごく緊張します。どう表現したらいいか迷い、資料をできるだけ読んで、その人に近づこうと努力しますね」。主演の渡辺謙さんには人として、俳優として多くの影響を受けたという。「一緒にお芝居していて一瞬も気が抜けませんでした。現場の雰囲気は常に緊張感が漂っていましたが、それも楽しく、充実感がありました」。渡辺さんの圧倒的な存在感に憧れ、それが役づくりにも結び付いたという田中さん。「謙さんの座右の銘がかっこよく、今でも心に残っている言葉ですね」。

ドラマ10『第二楽章』

ドラマ10『第二楽章』

かつてバイオリニストだった2人の女性の友情と絆を描いた『第二楽章』。田中さんが演じたのは東京ナショナル交響楽団のステージマネージャー・富永雅也。「この作品では普通の男性を演じました。途中から羽田美智子さん演じる茉莉を支えるようになるのですが、意外にもラブに発展していったので、次にどういう台本が来るのか、みんなで楽しみにしていました」。

特集BSサスペンス『死刑台の72時間』

特集BSサスペンス『死刑台の72時間』

人里離れた山奥に建つ洋館に招かれた5人が巻き込まれる密室サスペンス『死刑台の72時間』。このドラマで田中さんが演じたのは、3年前に自殺した洋館のオーナー・薫(大地真央)の息子・臼井と親友の間柄だった氷室孝明。招かれたほかの4人とともに、臼井殺しの真犯人として疑われるという役どころだった。「ワンシチュエーションドラマのキーマンでした。話のオチを知っているだけにそこをどう隠すか、みんなで考えながらやっていた気がします。なかなか濃密な撮影だったので、大変でした」。元々サスペンスが好きだったと田中さん。「面白くしたい!と思いながらやってはいたんですけど。すでになつかしい気がしますね」と目を細めた。

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す