一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
佐藤慶 佐藤慶

佐藤慶俳優さとうけい

テレビ指定席 駅

作:岡本克己/演出:深町幸男/盛岡行き急行の発車に向け、3組の男女の愛の姿が露わに。オールロケの映像で音楽を一切使わず、生の緊迫感が心を揺さぶる。プラハ国際テレビ祭、モンテカルロテレビ祭参加。アラブ連合国際テレビ祭優秀賞。

脚本:岡本克巳

大河ドラマ 太閤記

織田信長の家来から天下人になるまでをいきいきと描く、人間・豊臣秀吉の物語。番組の冒頭で新幹線を走らせたり、城の石垣の積み方や侍の給料のもらい方など雑学的知識を紹介したり、物語の舞台を現代風景で見せるなど、演出の吉田直哉による斬新な手法が評判になった。主演の緒形拳、織田信長役の高橋幸治など、新人を起用してのキャスティングが話題を呼んだ。

原作:吉川英治 脚本:茂木草介 音楽:入野義朗 語り:平光淳之助

NHK劇場 写楽はどこへ行った

江戸随一の版元(出版社)、蔦谷(つたや)重三郎の下に、風呂敷に包んだ原稿を持ち込んだ男。これまでにない迫力のある役者絵(やくしゃえ)で浮世絵師・写楽として世に出る。当たりに当たって得意満面の蔦重(つたじゅう)と人気浮世絵師として役者の顔に打ち込む写楽に、やがて影が忍び寄る。日本の美術史上の謎の人物、浮世絵師・写楽。素性は一切不明。ある日こつ然と姿を消したこの男の正体に、詩人・大岡信の推理で迫る。

作:大岡信 音楽:湯浅譲二 語り:若山弦蔵

銀河ドラマ 一の糸

原作:有吉佐和子/演出:和田勉/出演:佐久間良子、佐藤慶/夜のゴールデンアワーに登場した銀河ドラマ第1作。目を患う造り酒屋の一人娘が、文楽三味線の音に魅せられてひき手の男に恋をする。テレビ大賞優秀番組賞。

原作:有吉佐和子

大河ドラマ 樅ノ木は残った

江戸前期、仙台藩で起きた伊達(だて)騒動を、独自の新解釈でつづった山本周五郎の同名小説をドラマ化。命を懸けてこのお家騒動から、伊達62万石の安泰を図った仙台藩家老・原田甲斐(かい)の生涯を描く。演出は吉田直哉ほか、脚本は茂木草介。主演は平幹二朗、相手役の吉永小百合と栗原小巻が対照的な2人の女性像を演じ、男性ファンの人気を二分した。

原作:山本周五郎 脚本:茂木草介 音楽:依田光正 語り:和田篤

土曜ドラマ 松本清張シリーズ 中央流沙

松本清張の小説を斬新な脚本と演出でドラマ化した人気シリーズ。ある官僚が警視庁に呼び出しを受けた後、謎の死を遂げる。自殺か、他殺か。不可解なのは、未亡人が夫の死を悲しむ様子もなく生活を始め、羽振りが良くなり・・・。官僚の汚職という事件をテーマにして話題となった。松本清張は死体運搬役で登場する。

原作:松本清張 脚本:石松愛弘 音楽:眞鍋理一郎

NHK特集 明治の群像 海に火輪を

明治を日本が国際化していく時代として捉え、この国を運命づけていった人々の波乱に満ちた生涯を、史実に基づき正確に再構成したドキュメンタリードラマ。

作:江藤淳 音楽:間宮芳生 語り:竹脇無我

土曜ドラマ 松本清張シリーズ 天城越え

大正末期、天城峠で起きた殺人事件。ベテラン刑事と若い刑事の2人が捜査をするが事件は迷宮入り。事件当時若かった刑事の回想シーンでドラマは始まる。家出をした少年が天城峠で出会ったのは優しい娼婦。やがて少年の一途で純粋な心が・・・。現在と当時を振り返りながら真相を明らかにしていく。松本清張はお遍路さん役で登場する。第33回芸術祭大賞を受賞。

原作:松本清張 脚本:大野靖子 音楽:林光

ドラマスペシャル 松本清張シリーズ ザ・商社

松本清張原作、和田勉演出で1980年(昭和55年)に4回シリーズで放送した。世界を舞台に石油代理店獲得を目指す日本の総合商社の苦闘と崩壊を描いた経済ドラマである。構想3年、制作期間6か月、4か国でのロケなど、当時のテレビドラマでは空前のスケールであった。

原作:松本清張 脚本:大野靖子 音楽:林光

ドラマ人間模様 夕暮れて

瀬島喬子は平凡な主婦。証券マンの夫・慶治、浪人の息子・舅(しゅうと)と暮らしているが、最近、慶治と気持ちがかみ合わない。慶治は突然、会社の近くのアパートで一1人暮らしを始める。喬子には中学の同窓会で再会した大八木昇が電話をかけてくる・・・。単調な家庭生活を送る中年夫婦の心の渇きと、失われた青春への郷愁を描く山田太一のドラマ。第16回テレビ大賞優秀番組賞を受賞。

原作:山田太一 脚本:山田太一 音楽:山本直純

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す