一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
芦屋雁之助 芦屋雁之助

芦屋雁之助俳優あしやがんのすけ

法善寺横丁

作:藤本義一/出演:浪花千栄子、ミヤコ蝶々、藤田まこと、曾我廼家明蝶、芦屋雁之助/法善寺横丁に現れた美人娘をめぐり、スカウト合戦を繰り広げる横丁の面々。笑いとペーソス満載、関西喜劇人総出演の上方コメディー。大阪局制作。

作:藤本義一

連続テレビ小説 虹を織る

城下町・萩に生まれ、青春の情熱を宝塚歌劇団の舞台に注ぐヒロイン・佳代(紺野美沙子)が、退団した後も絶えず新しい生き方を求め続けたその半生を、激動の昭和史の中で、詩情とユーモアを交えながら明るく爽やかに描く。大地真央、新珠美千代、葦原邦子など、宝塚関係者も多数出演して話題になった。

作:秋田佐知子 音楽:田中正史 語り:井上善夫

連続テレビ小説 いちばん太鼓

昭和40年代の九州と大阪を舞台に、親子三代の演劇一座に育てられた主人公の青年、沢井銀平(岡野進一郎)が出生の秘密を知り、実の母を捜しながら、大衆演劇の新しい旗手となるまでを爽やかに描く。親子の絆、新しい家族像を探った。「いちばん太鼓」とは、芝居が幕を開ける合図に、(夜明けに)打ち鳴らす太鼓のこと。銀平の妻を三田寛子、養父を芦屋雁之助が演じた。

作:井沢満 音楽:大野雄二 語り:加藤治子

連続テレビ小説 あすか

京都の老舗和菓子店の娘と店の花形職人が駆け落ちし、身を寄せた奈良県明日香村でヒロイン・あすかが生まれる。父と同じ和菓子職人となり、和菓子という伝統的な世界に旋風を巻き起こしていく、夢と希望に満ちた物語。ヒロインは竹内結子、幼なじみで夫になる考古学者を藤木直人、あすかの父を藤岡弘、母を紺野美沙子、伯父を梅沢富美男が演じた。毎回、「続きはまた明日」「続きはまた来週」という語りで締めくくった。

作:鈴木聡 音楽:大島ミチル 語り:有馬稲子

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す