一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
岩松了 岩松了

岩松了俳優・劇作家いわまつりょう

ドラマ新銀河 いつか見た空

突然、課長代理に抜擢された営業マンが、会社内でのいじめにも負けず、ストレス社会を乗り切っていく姿を描く4回シリーズドラマ。

作:岩松了

広島発ドラマ 火の魚

広島の小さな島に住む老作家・村田省三の下に、東京から女性編集者・折見とち子が通ってくる。ある日、村田が小説の装丁に燃えるような金魚の魚拓を使うと言いだし、金魚の小さな命を巡って2人の間にさざ波が立つ。やがて村田は折見の秘密を知ってしまい・・・。瀬戸内海の大崎下島を舞台に、世間から取り残された孤独な老人と時を慈しむように生きる若い女性が心を通わせていく、ちょっと切ない「命」の物語。

原作:室生犀星 脚本:渡辺あや 音楽:和田貴史

土曜ドラマスペシャル 蝶々さん~最後の武士の娘~

明治初頭、「武士の娘」としての誇りを手放すことなく生きた女性・オペラ「蝶々夫人(マダムバタフライ)」のヒロイン、蝶々さんの人生を描く。新しい世の中を知ることの大切さを親から教わり、新世界・アメリカに夢を抱き、そして恋を知った蝶々さんの殉じた道とは・・・。1936年(昭和11年)のオペラ「蝶々夫人」の舞台の再現や、長崎の色鮮やかな風情などを取り入れた歴史抒情詩。(宮崎あおいさんの「崎」の字は、ホームページ表示の関係上、「崎」の字で表示しています。)

脚本:市川森一

土曜ドラマ ロング・グッドバイ

「ロング・グッドバイ」(レイモンド・チャンドラー作)を日本を舞台にドラマ化。1950年半ばの東京。戦後復興から、来たる「豊かさの時代」への大転換期。人々の価値観が大きく変化していく激流の中で、流されず、見失わず、真に正しい道だけを選びとって生きていく困難さと意義、それを見せていくのが主人公の探偵・増沢磐二。演じるのは、連続テレビドラマ初主演となる浅野忠信。脚本は渡辺あや、音楽は大友良英。(全5回)

原作:レイモンド・チャンドラー 脚本:渡辺あや 音楽:大友良英

プレミアムドラマ 珈琲屋の人々

東京下町の商店街。ひっそりとたたずむレトロな喫茶店『珈琲屋』。この店には、集う人々の問題や悩みが日々持ち込まれドラマが起きる。店主・宗田行介(高橋克典)が心を込めていれるコーヒーは、そうした人たちの悩みを受け止め、心を幸福する奇跡の1杯。そんな行介にも大きな心の傷があった。ある時、彼の前に冬子(木村多江)が現れる。たびたび訪れ、ただおいしくコーヒーを飲む冬子に、行介は次第にひかれるが…。(全5回)

原作:池永陽 脚本:渡辺千穂 音楽:めいなCo.

特集ドラマ 絆 ~走れ奇跡の子馬~

東日本大震災で傷ついたひとつの家族が、さまざまな困難と闘いながら、震災の日に生まれた子馬を夢の競走馬へと育てていく姿を、福島県の相馬を舞台に圧倒的なスケールで描くスペシャルドラマ。東日本大震災で長男の拓馬(岡田将生)を失った家族に残されたのは、震災の日に生まれた子馬のリヤンだった。父・雅之(役所広司)は長女・将子(新垣結衣)とともに亡き兄が夢見た競走馬にリヤンを育てあげようとするが、母・佳世子(田中裕子)は長男を失った悲しみから立ち直ることができず苦しんでいた。毎年開催していた野馬追祭りも開催できるかどうかの瀬戸際だった。元ジョッキーの夏雄(勝地涼)も家族に協力するが・・・。

原作:島田明宏 脚本:金子ありさ 音楽:富貴晴美

土曜ドラマ フェイクニュース

始まりは中年男性がSNSに投稿したつぶやき。嘘(うそ)か真(まこと)か、その投稿がきっかけとなり、フェイクニュースが飛び交う。誰が何の目的でフェイクニュースを作っているのか。人々はどんどん感情的になり、事態が思わぬ方向へと拡大していく中、ネットメディアの女性記者が事実を追い求め、孤軍奮闘する。フェイクニュースがあふれる世界で、事実をつかみ、伝えることができるのか。

作:野木亜紀子 音楽:牛尾憲輔

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す