50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
高橋幸治 高橋幸治

高橋幸治俳優たかはしこうじ

1935年生まれ、新潟県出身。59年、文学座の研究生として俳優の道へ。63年に初舞台。同年、新藤兼人監督の『母』で映画デビューを果たす。65年に大河ドラマ『太閤記』の織田信長役に抜擢され人気を博し、本能寺の変に際し信長助命嘆願が寄せられた。その後も大河ドラマ『天と地と』『新・平家物語』『黄金の日日』に出演。そのほか連続テレビ小説『おはなはん』『凛凛と』など。舞台でも『風とともに去りぬ』のレッド・バトラー役など代表作多数。

ドラマ 青春放課後

放送記念日特集ドラマ。夫を早くに失い京都で小料理屋を開いているせいのひとり娘・千鶴が主人公。適齢期を過ぎようとするひとりの娘の結婚に対する母の心情の変化を描く。1963年12月12日に亡くなった小津安二郎が、作家の里見弴と共にテレビ用に書き下ろした唯一の作品。作:里見弴、小津安二郎。音楽:斎藤高順。出演:小林千登勢、佐田啓二、宮口精二、杉村春子 、高橋幸治、北竜二ほか。

作:里見弴 音楽:斎藤高順

大河ドラマ 太閤記

豊臣秀吉が織田信長の家来から天下人になるまでを生き生きと描いた“人間秀吉”の物語。城の石垣の積み方や侍の給料のもらい方などの雑学的知識を紹介したり、物語の舞台を現代風景で見せるなど、吉田直哉による斬新な演出が評判になった。主演に新人を起用したことも話題を呼んだ。原作:吉川英治。脚本:茂木草介。音楽:入野義朗。出演:緒形拳、藤村志保、高橋幸治、石坂浩二、佐藤慶、片岡孝夫ほか。

原作:吉川英治 脚本:茂木草介 音楽:入野義朗 語り:平光淳之助

連続テレビ小説 おはなはん

底抜けの明るさとユーモアを持った女性・浅尾はな。愛称おはなはん。女学校卒業を機に軍人と結婚し子どもも生まれたが、夫が病死したことで、はなは医学を志し助産師となる。2人の子どもを育てながら、明治、大正、昭和の時代を、たくましく、周囲に笑いと力と幸福を与えながら生き抜いた女性の一代記を描いた。原作:林謙一。脚本:小野田勇。音楽:小川寛興。語り:永井智雄。出演:樫山文枝、高橋幸治、津川雅彦ほか。

原作:林謙一 脚本:小野田勇 音楽:小川寛興 語り:永井智雄

大河ドラマ 天と地と

戦国の動乱の時代を背景に、川中島で戦った上杉謙信と武田信玄。両名将の対比を中心に据えて、人間が生きていくことの「すばらしさ」と「むなしさ」を描いた。初のカラー放送に対応するため、セットや小道具などが大幅に改められた。原作は海音寺潮五郎の同名小説。原作:海音寺潮五郎。脚本:中井多津夫ほか。音楽:冨田勲。語り:中村充。出演:石坂浩二、高橋幸治、中村光輝、新珠三千代、樫山文枝、浜畑賢吉、有馬稲子ほか。

原作:海音寺潮五郎 脚本:杉山義法 音楽:冨田勲 語り:中村充

特集ドラマ 幻化

過去の体験から精神を病んだ男が、機内で一緒になった営業マンと、原体験を求めて海軍基地だった鹿児島を放浪する。その舞台は特攻隊の基地があった知覧、主人公の戦友が溺死した坊津、本土決戦の場といわれた吹上浜。耳元では「お前たちは戦後25年何をしてきたのか」という幻聴が響く。原作:梅崎春生。脚本:早坂暁。出演:高橋幸治、伊丹十三、渡辺美佐子、三谷昇、瀬川菊之丞、太地喜和子、名古屋章、佐々木すみ江ほか。

原作:梅崎春生 脚本:早坂暁

銀河テレビ小説 崖

崖から落ちて記憶を失った男。名前や素性が明らかになるが、大阪の新聞社を辞めてからの3年間の記憶が抜け落ちている。精神科医たちの助けをかりながら、空白の間、東京で画廊を開いていたことがわかり、男をよく知る女性が現れる。断片的に現れる記憶の中に、若い画家から買い取ったセザンヌの贋作を老人に売ろうとしてる姿が見えた。贋作の真偽は?老人は誰か?水上勉には希有なミステリー小説をドラマ化。(全30回)

原作:井上靖 脚本:石堂淑朗

銀河テレビ小説 わらの女

莫大な遺産を得るために、名門校の事務員を辞めて、貿易商の老人の妻になる美貌の女性の物語。刻苦勉励した沖縄出身の貧しい女性が、大金持ちの玉の輿を夢みて人生の賭けに挑む、現実の日常性を抜け出してロマンを求めるミステリー。ラストの予想外の結末が話題となるなど、世評の高いドラマであった。フランスの完全犯罪推理小説を大胆にアレンジ。(全20話)

原作:カトリーヌ・アルレー 脚本:関功 音楽:坂田晃一

NHK特集 日本の戦後

戦後の日本の運命を決定づけた出来事に焦点を当て、膨大な資料と裏付け調査をもとに描き出した再現ドキュメント。「日本分割~知られざる占領計画~」など10本シリーズ。

水曜ドラマ いのち燃ゆ

フランスの小説「レ・ミゼラブル」を大胆に翻案した、手に汗握るストーリー性豊かな娯楽時代劇。幕末の長崎、大阪、米子、京都を舞台に、過去の罪におびえながらもたくましく生き抜く男の半生を、愛と涙の冒険物語として描く。大阪局制作。総合(水)午後8時からの1時間枠で全23回。原作:ビクトル・ユーゴー。脚本:杉山義法。音楽:奥村貢。演出:田中昭男ほか。語り:中条静夫。出演:柴俊夫、神崎愛、石橋正次、高橋幸治ほか。

原作:ビクトル・ユーゴー 脚本:杉山義法 音楽:奥村貢 語り:中条静夫

ドラマ人間模様 いつか来た道

京都に育ち、府立大学で長年教鞭をとり、エッセイストとして多くの本を出し、平和憲法への思いを言及してきた寿岳章子の若かりし頃の日記「過ぎたれど去らぬ日々ーわが少女期の日記抄」を原作に、戦禍の中で生きた女学生の等身大の姿をドラマ化。多感な少女時代に暗い影を落とした戦争と、軍国主義盛んな時期の少女の切なる反戦の思いを胸に、京都で明るく生きる少女の姿を描いた。(全4話)

作:寿岳章子 脚本:寺内小春 音楽:中村滋延

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。