一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
渡辺えり 渡辺えり

渡辺えり女優わたなべえり

ドラマ10 10年先も君に恋して

もし、あなたの前に10年後の未来から出会ってもいない夫が現れ、「自分とは絶対結婚しないでくれ」と頼まれたら・・・? 女性編集者・小野沢里花(上戸彩)26歳と未来の夫・博(内野聖陽)40歳と結婚前の恋人・博(内野聖陽・二役)30歳のちょっと不思議な三角関係を軸に、里花の十年後と現在を並列させながら、恋愛の“ときめき”と“苦み”と“感動”を描く、大人のためのロマンチック・ラブストーリー。

脚本:大森美香 音楽:河野伸

あまちゃんファン感謝祭 じぇじぇじぇ祭り!

舞台上の巨大スクリーンに映し出される思い出の名場面・珍場面の数々。出演者たちが思い出話や秘話に花を咲かせる。それぞれに“最も印象に残っている場面”を挙げてもらうと、次々と意外な答えが返ってきた。その場面をスクリーンで振り返り、1500人を超える観客も思わず納得、びっくり、そして爆笑。「あまちゃん」テーマ曲の演奏やマニアックなクイズなども繰り広げられ、会場はまさに「じぇじぇじぇ祭り!」と化す。

連続テレビ小説 あまちゃん

夏休み。母・春子(小泉今日子)に連れられ、東京から初めて北三陸にやってきたヒロイン・天野アキ(能年玲奈)は、祖母・夏(宮本信子)と出会う。現役の海女を続ける祖母は、人生で初めて出会った「カッコいい!」と思える女性だった。「私、海女になりたいかも…」。祖母に憧れて海女を目指すアキは、やがて地元アイドルに。ヒロインの笑顔が元気を届ける人情喜劇。脚本家・宮藤官九郎が故郷の東北を舞台に描くオリジナル作品。

原作:宮藤官九郎

プレミアムドラマ 珈琲屋の人々

東京下町の商店街。ひっそりとたたずむレトロな喫茶店『珈琲屋』。この店には、集う人々の問題や悩みが日々持ち込まれドラマが起きる。店主・宗田行介(高橋克典)が心を込めていれるコーヒーは、そうした人たちの悩みを受け止め、心を幸福する奇跡の1杯。そんな行介にも大きな心の傷があった。ある時、彼の前に冬子(木村多江)が現れる。たびたび訪れ、ただおいしくコーヒーを飲む冬子に、行介は次第にひかれるが…。(全5回)

原作:池永陽 脚本:渡辺千穂 音楽:めいなCo.

プレミアムよるドラマ オンナミチ

元カレにお金をダマし取られるという、最悪の誕生日を迎えたレコード会社勤務・山口梨花。そんな彼女の前に、ヒョウ柄のワンピースを着たオバちゃんが突然現れる。20年後の梨花と名乗るオバちゃんは、飲み屋でビール瓶に足を滑らせ死んでしまったことを悔んで、人生をやり直すために未来から現れたという。今の自分とはスタイルも身なりも絶望的に違う未来の自分と共に、アラサー女子の人生やり直し大作戦が始まった!

原作:北沢バンビ 脚本:田中ひろみ

NHKスペシャル “ゴースト血管”が危ない~美と長寿のカギ 毛細血管~

「単なる末端の細い血管」と考えられてきた毛細血管。最近、極めて重要であると注目されるようになった。その役割は、臓器や組織、細胞の1つ1つにまで酸素や栄養を届けること。途中で漏れが生じ、血液の通っていない毛細血管が増えると、認知症、骨粗しょう症といった深刻な病につながることが判明した。さらにシワやたるみの原因にも!“ゴースト血管”と名付けられた危険に迫る。

語り:窪田等

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す