50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
佐藤B作 佐藤B作

佐藤B作俳優さとうびーさく

1949年2月13日生まれ、福島県出身。73年劇団東京ヴォードヴィルショー結成。舞台出演は、劇団本公演のほか、「奇跡の人」「ヘンリー四世」など多数。2013年、「その場しのぎの男たち」や、「パパのデモクラシー」の舞台成果に対し、「第48回紀伊國屋演劇賞」団体賞を受賞。主な出演作は、ドラマ『こちら本池上署』『渡る世間は鬼ばかり』、映画『ラヂオの時間』『夜霧にむせぶ寅次郎』など。NHKでは、大河ドラマ『新選組!』『八重の桜』、連続テレビ小説『はね駒』他に出演。

連続テレビ小説 かりん(1993-4)

黒田忠治役


男女共学の始まった1948年~1964年(昭和23年~39年)までの時代を背景に、信州諏訪の老舗みそ屋の一人娘・千晶(細川直美)が、恋や友情、そして家族との葛藤を経て成長し、傾きかけた生家を盛り返す半生を描く。「連続テレビ小説」の第50作目に当たり、十朱幸代、石坂浩二、岸田今日子など、豪華な顔ぶれだった。

作:松原敏春 音楽:渡辺俊幸、井上陽水 語り:松平定知

連続テレビ小説 かりん

バラエティー・眠れぬ夜はミステリー

名探偵の活躍と視聴者の推理力を、コメディータッチのドラマと、マジック、ゲームの3つのコーナーで楽しむバラエティーショー。名探偵明智小五郎の推理を中心にしてミステリー・ゲームが展開する。沢田研二が明智小五郎に挑戦! 出演:沢田研二、佐藤B作、松本典子、SAKOH、磯貝芳郎ほか。

連続テレビ小説 かりん

1948(昭和23)年、信州諏訪。老舗みそ店の一人娘・小森千晶は、男女共学となった新制高校に入学。同級生の女友達や偏見を持たない男子生徒と出会う。戦後の混乱の中、同級生たちとの友情や恋を大切にしながら、老舗の中で自分の人生を切り開いていく姿を力強く描いた。作:松原敏春。音楽:渡辺俊幸。語り:松平定知。出演:細川直美、つみきみほ、筒井道隆、十朱幸代、石坂浩二、佐藤B作、榎木孝明、岸田今日子、小林桂樹ほか。

作:松原敏春 音楽:渡辺俊幸 語り:松平定知

土曜ドラマ 系列Ⅱ

日本企業の独特な経営システム「系列」の実体を描くドラマの続編。コストダウンをはかるために系列の下請け部品メーカーを自社に組み込もうとした親会社を描いた前作。今回は平成3年バブル崩壊後の自動車業界が、急激な円高で外国から部品を輸入したほうが安くつくようになったため足手まといの「系列引き離し」へと傾斜。親会社に対して自立した企業を目指し、生き残りをかける系列部品メーカーの闘いの日々を描いた。(全2話)

原作:清水一行

正月ドラマ いい旅 いい夢 いい女

かつてアイドルだった女性3人組が20年ぶりに再会、新曲キャンペーンのために函館から知床まで北海道を横断する。笑いと涙のロマンティック・コメディー。(89分)。作:市川森一。出演:竹下景子、一路真輝、熊谷真実、樹木希林、香田晋、佐藤B作ほか。

原作:│市川森一

ドラマDモード FLY~航空学園グラフィティ~

平成12年春、成田空港に一人の男が降り立った。原匠(大友康平)39歳。八ヶ岳山麓にある中央航空学園の特訓班の担当教官として招かれた。ここ数年、航空大学に一人の合格者も出せないことから理事長の氏家(酒井和歌子)が、原を選んだのだった。原は選んだ特訓班の8人の生徒を八ヶ岳の麓の森の中に置き去りにする。そして「連帯責任」の名のもとに過酷な訓練を課してゆく。理不尽なまでの原の命令に、茜(片瀬那奈)は反発し、退学覚悟で勝手に学校の飛行機を飛ばそうと計画する。その事に気づいた他の特訓班のメンバー達が見ぬふりをする中、康介(石川伸一郎)と涼太(鳥羽潤)が手伝い、茜は何とか飛び立つ。後を追いかけた原は茜を誘導して無事に着陸させる。退学届を出した茜に、原は「おまえを辞めさせない。」と言い放つ。

作:尾西兼一 音楽:矢野真紀

木曜時代劇 陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~

どんな豪剣も居眠り猫のように柔らかく受け流し、最後の一撃で打ち倒す天才剣士・坂崎磐音(いわね)。豊後関前藩士であったが、ある壮絶な事件をきっかけに藩を捨て、江戸・深川で浪人暮らしをする日々。心に深い傷を負いながら、春風のように穏やかで思いやり深く、正義を貫く青年武士を山本耕史が熱演。痛快な殺陣(たて)、恋や人情、笑いなど、時代劇の楽しさが凝縮されたドラマ。原作は佐伯泰英の人気時代小説シリーズ。

原作:佐伯泰英 脚本:尾西兼一 音楽:佐藤直紀 語り:松本和也

新・クイズ日本人の質問

『クイズ 日本人の質問』(1993~1999)を改題。もっともらしい自説を述べる4人の“ものしり博士”が、高橋英樹、吉本多香美、井上順、佐藤B作、桂文珍の新メンバーとなった。視聴者から寄せられる質問の葉書は、『クイズ 日本人の質問』がスタートした1993年から10年間で42万通を超えた。“博士”と解答者ゲストの駆け引きに富んだトークと司会の古舘伊知郎の司会ぶりが人気。総合(日)午後7時20分からの38分番組。

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。