一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
真木よう子 真木よう子

真木よう子女優・歌手まきようこ

1982年生まれ、千葉県出身。2006年、映画『ゆれる』で山路ふみ子映画賞新人女優賞受賞。2014年、『さよなら渓谷』で第37回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、『そして父になる』で最優秀助演女優賞をダブル受賞。主な出演作に『SP』『週刊真木よう子』『問題のあるレストラン』『セシルのもくろみ』、映画『ベロニカは死ぬことにした』『鈍獣』『SP THE MOTION PICTURE 野望篇』『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』『脳内ポイズンベリー』など。NHKでは大河ドラマ『風林火山』『龍馬伝』ほかに出演。

大河ドラマ 龍馬伝(2010)

楢崎龍役

大河ドラマ 龍馬伝

インタビュー

 いまだから言えますが、オファーをいただいた時、子どもが生まれたばかりだったので、正直迷いました。思えば、大河のヒロインにこんな私を大抜擢してくださったわけですから、本当にありがたい話だったんですけどね。でも、やると決めてからはお龍さんの本を読んだりして勉強して、実際の撮影に挑んだ覚えがあります。

安政の大獄で父を失ったお龍は武士を憎んでいたが…
しだいに龍馬(福山雅治)の人柄にひかれてゆく

 坂本龍馬は誰でも知っている偉人ですが、お龍さんのことはどんな人だったのかという人物像までは知りませんでした。ですから、自分で調べたり、色んな方にお話を聞く中で理解していった感じです。

 龍馬を演じた福山雅治さんは、存在感そのものが龍馬でした。私のお芝居を自然に受け止めてくださり、ありがたかったですね。ただ、龍馬の周辺には魅力的なライバルがたくさん居て、みなさんすごく可愛かったので、出産後で太り気味だった私は必死にダイエットを始めたんですよ(笑)。

 また「龍馬伝」の思い出は何と言っても大友啓史監督の演出。長回しで演技を途中で止めることなく撮影するので、役者としては感情を途切れさせることなく演じられたんです。それもワンシーンどころか、続けられるなら2シーン一気に撮ったりとフレキシブルな現場でした。こうした撮り方は初めてで、後にも先にもありませんが、すごくやりやすかったですね。

龍馬はお龍とともに霧島山に登り“日本を変える先頭に立つ”と誓う

ドラマ10 カレ、夫、男友達(2011)

犬山治子役

ドラマ10 カレ、夫、男友達

インタビュー

 江國香織さんの「思いわずらうことなく愉しく生きよ」を原作にしたドラマでした。私が演じた治子と、姉の麻子(木村多江)、妹の育子(夏帆)、犬山三姉妹の愛を描いた作品で、治子の自由さが印象的でした。というのも、同棲している大好きな彼・熊ちゃん(徳井義実)がいながら、元カレの八木(平岳大)と浮気したりして…。どうしようもないなと思いつつも、どこか憎めない役だったのを覚えています。

 膨大なセリフと格闘した作品でもありました。とにかく明るくて、三姉妹のなかで一番しゃべる役どころだったので、泣きながら覚えたほど(苦笑)。でもこの経験を経て、脳が活性化したのか、セリフ覚えがとても速くなったような気がします。

犬山家の母と三姉妹 それぞれに恋愛観は全く違い…
イベント会社で働く治子はカメラマンの熊木(徳井義実)と同棲中
熊木が海外取材に行っている間に元カレの八木(平岳大)と…

 姉妹を演じた木村さん、夏帆ちゃんとは空き時間によく女子トークで盛り上がっていました。ご飯に行ったりもしましたよ。また、恋人役だった徳井さんはこの頃は人見知りでしたよ。私から徳井さんの好きなアイドルグループの話題をふったりしたのですが、打っても響かず…(笑)。でも、この後すごく仲良くなって、昨年共演させていただいたときは、たくさんお話させていただきました! 優しくて良い方です。

恋を知らない三女の育子(夏帆)は奔放な治子の心が理解できない

アナザーストーリーズ
~運命の分岐点~(2015ー16)

MC

アナザーストーリーズ~運命の分岐点~

インタビュー

 役者とMCではスイッチが全く違うんですよ。この番組では、事前に内容のレクチャーを受けた上で用意していただいたカンペを読み上げる手順だったので、あらかじめセリフを覚えていく必要もなく、ある意味で気楽にやらせていただいていました。

 たくさんのエピソードをMCとしてご紹介させていただきましたが、色んな事件や事故などについて番組を通して学ばせていただけて、ありがたかったです。中でも印象に残っているのはスペシャルとして制作された「マリリン・モンロー たった一人の反逆」。アメリカのロサンゼルスを訪れ、マリリンゆかりの地をめぐり、お墓参りもしたんですよ。マリリンのコレクターに会ったり、色んな方のお話をうかがったり。そうした経験ができたことが大きく、また同じ女優をしていることで私自身、思い入れも深かった回です。

マリリン・モンロー たった一人の反逆(2016年3月放送)

 いつものようにカンペも用意していただきましたが、この回では初めて話す言葉に自分の意見を出させていただきました。せっかく現地に行ったのだから、自分の頭で考えて話さなくてはいけないなと思ったんですよね。

マリリンの真実に迫り、思いに寄りそう旅

大河ファンタジー
精霊の守り人 悲しき破壊神(2016)

シハナ役

大河ファンタジー 精霊の守り人 悲しき破壊神

インタビュー

 私が演じたシハナについては『もののけ姫』の主人公・サンのようなイメージを抱いていて、けものに近い感じにしたかったんです。ですから、登場した当初はただただ怖いオーラをまとった存在。それが最後には「根っこはいいやつ」と思わせられればいいなと思っていました。

 ファンタジーは初めてでしたが、リアルな世界とは違うので基本的には何が起こってもOKなところがあって、そこが面白かったです。

破壊神を召喚する力を持った少女アスラ(鈴木梨央)は女用心棒バルサ(綾瀬はるか)に救われる
ロタ王国に仕える呪術師シハナはアスラを殺そうとつけ狙う

 それから、何と言ってもアクションが楽しかったなぁ。もともとすごくアクション好きなので、やりがいのある役でした。殺陣(たて)を覚えるのは割と得意なのですが、この作品では例えば大きな男性を投げ飛ばすシーンがあったときに、それは小柄な女性の戦い方として現実的じゃないからと「刺し殺しては?」と提案してみたりしたんです。そうしたやり取りが楽しく、これ以降、アクション熱が再燃。すごくハマって、この後、総合格闘技を始めたんですよ。

シハナとバルサ、短刀と短槍の戦い

 ヒロイン・バルサを演じた綾瀬はるかさんとの戦いのシーンは、これまでで一番スムーズだと感じました。普段、女優さんとのアクションシーンでは傷つけてはいけないなと、ある程度、手加減せざるをえないのですが、綾瀬さんは身体能力が高いのでビックリしました。手合わせをした時から、寸止めをするタイミングもバッチリだったんですよ。

土曜ドラマスペシャル 炎上弁護人(2018)

渡会美帆役

土曜ドラマスペシャル 炎上弁護人

インタビュー

 専門用語が難しそうだと思い、ずっと避けてきた弁護士役が来ました。専門用語がセリフにないわけではありませんが、今回の役はそれほどお堅いものではないですし、私が演じる美帆の人物像も“弁護士としてというよりも、人として頑張っている人”。正義感が強い部分も私自身に共通していて演じやすいです。

 『炎上弁護人』というタイトル通り、ネットをめぐる案件を主に担当しているアウトローな弁護士・美帆と、ネットで炎上し加害者扱いされた主婦・朋美(仲里依紗)を中心に展開していく物語。ネットの世界をあまり知らない美帆に対し、依頼人の朋美はハマってどっぷりつかっています。お互いに立場も価値観も違うなかで、美帆は朋美を身を挺して助けたりするうちに、2人の関係がだんだんとバディーのようになってくるんです。ですから、依頼人ではあるのですが、少し面倒な妹的な感じで接するようにしていました。

朋美(仲里依紗)はタレント並みのフォロワー数を誇っていたがネットで炎上し…
ネットをめぐる案件を担当する弁護士・美帆に助けを求める
朋美を加害者と決めつけ、追い詰めるネット世論に美帆が立ち向かう

 ドラマではネットの世界を理解しがたい遠い場所だと思っていたヒロインが少しずつ変わっていく姿が描かれます。私自身、美帆を演じるなかで一見、得体の知れないように感じるネット社会も、結局は人がやっていることなんだと気づきました。そう思うと顔の見えない相手に対しても感情が柔らかくなってくるような気がします。

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す