50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
濱田龍臣 濱田龍臣

濱田龍臣俳優はまだたつおみ

プレミアムドラマ 『だから荒野』

プレミアムドラマ 『だから荒野』

濱田龍臣さんが『だから荒野』で演じた森村優太はネットゲームに夢中で引きこもりがちな高校1年生。注意する母親の朋美(鈴木京香)に「うるせー」「死ね」といった罵声を浴びせたりする。
「こういう反抗的な役というのはなかったですね」と濱田さんが言うように、彼のイメージからは想像もつかない役どころだった。
「台本を読み、できるだけ役を理解して臨んだつもりでしたが、監督からは『もう少し、親のことをめんどくさがってる感を強く出して』と注意されたこともありました」と、やや苦戦した場面もあったようだ。
実は濱田さん自身はまだ中学2年生。しかし、結果的にナイーブな高校1年生の優太の雰囲気を見事に表現して見せてくれた。

物語前半は家出した母親・朋美の行動を中心に描かれるが、第5話で優太もまた母親を探して家出。長崎で二人が合流してからは優太自身も大きく変化していく過程が描かれていく。とくに、母を通して出会った長崎の原爆の語り部・山岡孝吉(品川徹)の存在が母子に与える影響は大きい。
「そうですね。山岡老人から初めて原爆のことを教わり、そこで山岡さんの中にある悲しさというか、そういう部分にふれたことは優太にとって本当に大きなことだったと思います」。 それまでの優太は「ずっと閉じこもっていた感じで、あまり多くを語らない。自分のことをわかってもらう努力をするより、すぐに話を終わらせてしまう」ところがあった。彼が大切にしていたフィギュアもそんな心情を象徴していた。半球型のガラスのドームに置かれた恐竜の姿は、「きれいだけど悲しい」と濱田さん。
「一つ一つが孤立しているという意味が込められているのかなと解釈したんです。そこが優太と共通しているなって」。
そんな孤独な優太が「山岡さんから過去の体験を聞くことで、どんどん解放されていったんです」。最後には「自分の思っていること、感じたことをちゃんと周りの人に言えるようになっていた」。自分の意志を全部はき出す優太の成長を実感したそうだ。

濱田さん自身もこの作品と出会って、さまざまなことを感じ、考えさせられることが多かったようだ。
「長崎では実際に原爆が落ちて被害にあった学校で語り部をされていた方にお会いし、お話を聞くことができました。どういう形でどういう場所に原爆が落とされ、あたり一体がどうなってしまったのか。そういうことを、ちゃんと聞かせていただき、さまざまな映像を見させていただき、すごく勉強になりました」と話す。
歴史の勉強として学ぶのではなく、実際に長崎の地で被爆を体験した人が語り継ぐ言葉に「けっして遠い昔のことでも他人事でもない。日本にとって大きな出来事でみんなが本当に知らなくてはいけないことだなと思いました」。

語り部の山岡を演じたのは、大ベテランの品川徹さんだ。
「貫禄のある方で、その存在感だけで圧倒されてしまうようなところがありました。でも、すごく優しい方でしたし、自分のすべてを役に注がれているといった感じで、作品に対する熱意がすごく伝わってきました」。
爆心地公園で撮影した時には、ちょうど慰霊碑を訪れていた小学生たちに遭遇。彼らが整列して歌う歌声に胸を打たれた。坂の上の撮影では眼下に広がる海まで続く街並みに「原爆からここまで立ち直り、栄えていることがすごい」と、惨事からの復興に思いを馳せた。
優太を演じたことで出会った長崎は、濱田さんに強い印象を残したようだ。

大河ドラマ『龍馬伝』

大河ドラマ『龍馬伝』

福山雅治さん主演の大河ドラマ『龍馬伝』で、濱田龍臣さんは少年時代の坂本龍馬を演じた。リアリティーのある映像で知られる大友啓史監督の演出は、撮影時にはまだ9歳だった濱田さんにとって相当、過酷だったのではないだろうか。
「本当に汚れまくりでした(笑)。水たまりに転がって泥だらけになったり、川に飛び込んだり」。たたきつける土砂降りの雨に打たれる長いシーンもあった。
「僕にとって初めての時代劇だったし、主人公の子ども時代の役で選んでいただいたことがすごく嬉しかったので、その分、一生懸命やろうと思いました」と、けなげだ。
およそ2か月間にわたった撮影、当初はかつらや着物に違和感を覚えたが、「古き良き日本の歴史を残すうえでは大切だと思いました」と、その重みも実感できて充実したものになったようだ。

福山雅治さんとは、「本読みの時に初めてお会いして一緒に写真を撮っていただきました」とか。それ以来、福山さんからは「ライブにご招待いただくことが多くなり、何回かおじゃましました」とのこと。
昨年もクリスマス時期のライブに招待され、面会を果たしたところ「大きくなったねと言っていただきました。すごく嬉しかったです」とにっこり。あこがれの先輩との絆を大切にしている。

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。