50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
大泉洋 大泉洋

大泉洋俳優おおいずみよう

大河ドラマ『真田丸』

大河ドラマ『真田丸』

 真田家の嫡男にして、主人公・信繁の兄、信幸を演じるのは大泉洋さん。信繁とは対照的な性格に描かれる役柄について聞くと「正直、私があまりやってこなかったような堅い男。実在する人物ですし、歴史が好きな人たちのなかでも非常に人気があると知り、緊張しています。改めて実在する役を演じる怖さを感じましたね」と表情を引き締めた。
 演じるにあたっては、クランクイン前からさまざまな史実に触れたそう。「関ヶ原では父子、兄弟が別れて戦うことになります。しかし、家族をすごく大事にする家風から、その後も信幸公は、敗れた父と弟を何とか助けてほしいと働きかけていきます。そのように家族を大切に思う信幸さんの役を頂けてありがたいなと思いました。実際に僕自身の家族も本当に仲がいいものですから」。また「非常にまじめで、家臣にもていねいに接するし、そうかと思うと戦のときは先頭をきって向かっていったという史実も残っているそうです。この方はなんてかっこ良いのだろうと思いました」とも役を語る。
 今回、弟役となる堺雅人さんとは映画『アフタースクール』以来、久しぶりの共演となった。「俳優としては大先輩なので、普段は堺さんのことを弟だなんて思えなくて。でも、いざ『真田丸』撮影に入ると弟にしか見えないんですよね(笑)。愛くるしい笑顔で“兄上”と言われると、愛おしい存在になるというか(笑)」。今では「何でもしたい」と思えるほど、堺=(イコール)信繁を愛しているそう。そんな堺さんは、主演でありながら「良い意味で座長としてぐいぐい引っ張る気負いを感じない」、非常に自然体で「のほほん」としてくれているような印象が「楽でいい」という。その一方「彼がいるからドラマが動くという感じももちろんする」と大泉さん。共演者の気持ちをほぐす温かな現場がドラマの世界観にも影響しているかもしれない。
 ドラマでは大泉さんが「これまで言ったことのないようなカッコいいセリフ」も登場。「野盗を斬ることに躊躇する信繁を厳しく叱る場面があり、それは今までの私にはなかったシーンだなと思いますね。真田家の嫡男ゆえの責任感から、時には非情になれる男なんです」。そんなシーンの撮影翌日には、堺さんから「あのシーンは兄の覚悟を感じられて、ありがたかった」とメールが!「役者って相乗効果だから、お互いによい芝居をすることで、いいシーンができるわけですよね。堺さんは臆せずそれを言ってくれる方。僕の方にも、堺さんのお芝居で信繁像や兄弟の関係までもがリアルに伝わってきます」。ドラマはまだ序盤戦。2人の信頼関係が深まるにつれ、演じる信幸、信繁兄弟の絆もより深まっていくに違いない。

大河ドラマ『龍馬伝』

大河ドラマ『龍馬伝』

 大泉さんにとって大河ドラマ初挑戦となった作品は『龍馬伝』。土佐の餅菓子屋の息子で、後に亀山社中の一員となった近藤長次郎役だった。役への第一印象は「長次郎に僕はなぜかとても親近感を持っていました。写真で見る彼の顔も、僕に似ている気がするんです。髪も同じ天然パーマっぽい(笑)」。
 主演の福山雅治さんについては「龍馬の持っていたカリスマ性・指導力は、福山さんの持つ力そのもの。主演に必要不可欠なカリスマ性と、人なつっこさを併せ持った人」と共演の感想を語っていた。

連続テレビ小説『まれ』

連続テレビ小説『まれ』

 連続テレビ小説『まれ』では、ヒロイン・津村希(土屋太鳳)の父・津村徹役を演じた大泉洋さん。希の夢嫌いの原因を作ったダメ親父でありながら、どこか憎めないキャラクターで好評を得た。
「家族が大好き」だと言う大泉さんにとって連続テレビ小説への出演は「いつか叶えたい」と思う目標だったとか。「“朝ドラ”に出るのって、こんなにすごいことなのかと思わされました。知名度が圧倒的に上がって、それまで私を知らなかったであろう年配の方からも声をかけていただけるようになりました」。

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。