50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
増田修一朗 増田修一朗

増田修一朗俳優ますだしゅういちろう

1980年生まれ、東京都出身。俳優養成機関「UPS Academy」(奈良橋陽子主宰)を卒業。主な出演作に、映画『ドロップ』『64-ロクヨン-』『Fukushima50』、舞台「ノーマ・ジーンとマリリン・モンロー」、ドラマ『スクラップ・ティチャー』『TWO WEEKS』など『集団左遷!!』。NHKでは、大河ドラマ『軍師官兵衛』『西郷どん』、『不惑のスクラム』『明治開化 新十郎探偵帖』『うつ病九段』などに出演。

土曜ドラマ 不惑のスクラム

「ラグビーは後退しながら前に進む。まるで人生みたいじゃないか」死に場所を探して河川敷を歩いていた丸川良平の背中に、ラグビーボールが当たる。ボールを追ってきた初老の男に、無理やり連れていかれた先で行われていたのは、40歳以上の選手による “不惑ラグビー”。そこには、年代もバラバラな大人たちの、泥まみれの姿があった。アツ苦しい男たちのおせっかいで、生きる側に腰を落ち着けてしまった丸川は、ラグビーを通じて、仲間と心を通わせる。生きづらさを抱えた中年ラガーマンと家族の再生をハートフルに描く。

原作:安藤祐介 脚本:櫻井剛 音楽:岩代太郎

ドラマ10 ハムラアキラ ~世界で最も不運な探偵~

ミステリー作家・若竹七海が20年以上に渡って描いてきた「女探偵・葉村晶シリーズ」 初のテレビドラマ化。主人公・葉村晶(はむらあきら)、34歳独身。ミステリー好き。生活は質素。訳ありの転職、転居十数回…。今はミステリー専門書店MURDER BEAR BOOKSHOPのバイト兼、書店のオーナーが冗談で始めた〈白熊探偵社〉の調査員として働いている。葉村は何かと災難に巻き込まれ、周りから『世界で最も不運な探偵』と面白がられるが、事件と対じする中で、彼女自身の人生とも対じし、タフに、そして優しく生きていく。

原作:若竹七海 脚本:黒沢久子 音楽:菊地成孔

BS時代劇 明治開化 新十郎探偵帖

新しい文明開化の世、大政商人・加納家にて政府要人が集まる仮装会が行われるが、会の最中、主人の加納五兵衛(モロ師岡)が何者かに殺害される。宰相や外国の大使を巻き込む殺人事件、一つ間違うと国際問題にもなりかねない。そこで白羽の矢が立ったのが、洋行帰りの美麗な特命探偵・結城新十郎(福士蒼汰)。自称相棒の泉山虎之介(矢本悠馬)と共に捜査が始まる。

原作:坂口安吾 脚本:小松江里子

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。