50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
岡本富士太 岡本富士太

岡本富士太俳優おかもとふじた

1946年生まれ、神奈川県出身。66年、現代演劇協会附属演劇研究所を卒業。同年、劇団雲に入団する。89年にはNHKのテレビドラマ『中学生日記』に美術担当教師・南浩平役で出演し、96年までレギュラーを務めた。また、声優として洋画ではハリソン・フォードとメル・ギブソンの両者の吹き替えを経験している。主な出演作品には、ドラマ『Gメン'75』『あんちゃん』など。NHKでは、大河ドラマ『峠の群像』連続テレビ小説『すずらん』ほかに出演している。

中学生日記(1989-1996)

南先生役


『中学生日記』は、1972(昭和47)年の放送開始以来、NHK名古屋放送局が制作してきたドラマ。ルーツとなったのは1962(昭和37)年度放送の『中学生次郎』で、それから2012(平成24)年に終了するまで通算 50年、それぞれの時代の中学生の姿をありのまま描き続けてきた。出演するのは公募の上、オーディションによって選ばれた現役の中学生。彼ら、彼女らが語る思いに耳を傾け「リアルな中学生の日常をベース」にしながら、半世紀にわたって1500本を越えるドラマを送り出してきた世界でも類例のない教育ドラマであった。
岡本富士太演じる南先生は1989(平成元)~1996(平成8)、名北中学の3年C組担任を務めた。

中学生日記

銀河テレビ小説 風の盆

富山県の山間の町・八尾の和紙工場の養女が愛の在り方を探り、自分の人生を選んでいく姿を通して、ふるさととは何かを描く純愛ドラマ。越中おはら風の盆の祭を背景に、若者たちの愛の真実を描いた。(全20話)

作:西澤裕子 音楽:三枝成章 語り:渡辺美佐子

ドラマ人間模様 富士山麓

父の転勤で、横浜から御殿場に越してきた家族。独立心の強い母は、横浜でブティックを開店させるために留守がち。そんな時、高校生の娘が米軍兵に乱暴される事件が起きる。泣き寝入りを許せない娘は、自ら犯人捜しを始める。久しぶりに家に帰った母は、わが家に自分の居場所がないことに気づく。家族中心の父と、名誉も金も手に入れたい母は、次第に距離が離れていく。富士山麓を舞台に三世代の家族の人間模様を描いた。(全6話)

原作:吉田とし 脚本:立原りゅう 音楽:服部克久

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。