50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
優希美青 優希美青

優希美青女優ゆうきみお

1999年、福島県出身。2012年、第37回ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを獲得して芸能界入り。翌年、ドラマ『雲の階段』で女優デビュー。同年公開の映画『空飛ぶ金魚と世界のひみつ』で映画初主演を務めた。主な出演作に映画『でーれーガールズ』『うちの執事が言うことには』『GOZEN-純恋の剣-』、ドラマ『デスノート』など。NHKでは連続テレビ小説『あまちゃん』『マッサン』、『陽炎の辻 完結編』『大全力失踪』などに出演。『赤ひげ3』ではヒロイン・つぐみ役を務める。

連続テレビ小説 あまちゃん(2013)

小野寺薫子役

連続テレビ小説 あまちゃん

インタビュー

 出演が決まったときは「目標だった“朝ドラ”に出られる!」と思い、嬉しかったですね。祖母が朝ドラファンなので、「おばあちゃん孝行ができる。やった〜!」って。思った通り、おばあちゃんはすごく喜んでくれて、放送が始まると、朝とお昼、1日に2度も見てくれていました。

 『あまちゃん』で私が演じたのは、ヒロインの天野アキ(のん)が所属するアイドルグループ、GMTの最年少メンバー・小野寺ちゃん。役柄上は14歳の設定だったのですが、私自身、撮影時は13歳でまだまだ無邪気でした(笑)。ハードと言われる現場にも「大好きなみんなに会える!」というテンションで通っていたので、朝早くても楽しみでした。

 GMTメンバーを演じるみんなは少しお姉さんでしたが、年齢差を感じないほど仲良くしていただきました。休憩時間には売店でお昼買ったり、局内の食堂へ行ったり。当時、売店にとても人気のパンがあって、みんなで「今日はあるかな?ないかな?」などと話したりして、まるで同級生と過ごす高校のお昼休みみたいな感じでした(笑)。

 東日本大震災を描いた『あまちゃん』で宮城県出身の小野寺ちゃんを演じたことで、東北の方からたくさんお手紙をいただきました。小野寺ちゃんという役を通して「震災の辛さや苦労を知りました」という内容のお手紙も頂き、「やっていて良かった」と思いました。また、幅広い世代の方がご覧になっていることにも驚きました。お年寄りから声をかけていただくことも多かったですし、同級生から「『あまちゃん』出てた?」と言われたことも。放送時間は学校にいるので、録画して見ているんだと気づき、改めて幅広い世代の方が見ている番組なんだと実感。運動会では『あまちゃん』のオープニングテーマが流れて、友だちに茶化されたのも思い出深いです(笑)。

正月時代劇 陽炎の辻 完結編
〜居眠り磐音 江戸双紙(2015)

竹村早苗役

正月時代劇 陽炎の辻 完結編〜居眠り磐音 江戸双紙

インタビュー

 私にとって初めての時代劇でした。所作からはじまり、歩き方や着物が乱れない走り方、たすき掛けの仕方など、たくさんのことを教わりました。話し方も、ちょっとした語尾の言い回しで現代っぽく聞こえてしまうので、時代劇らしさを意識していたのを覚えています。

 役柄は主人公・坂崎磐音(山本耕史)の家で手伝いをしている少女、早苗。浪人・竹村武左衛門(宇梶剛士)の娘で、剣の腕はいいけれど酒にだらしない父親に厳しく意見もする、しっかり者でした。あまり出番は多くなかったですが、それでも初めての時代劇だったので、着慣れない着物とかつらの重さに「時代劇ってこんなに大変な思いをしてやっていたんだ」とびっくりしました。

 私が初めてだということで、周りの方々も気を遣ってくださり、結髪さんも衣装さんも「痛くない?」「辛くない?」「ちょっと緩めようか」と常に気にかけて声をかけてくださって。とてもありがたく心強かったです。

 お父さんを演じてくださった宇梶さんはとても優しい方で、撮影中はよく「若いころの仲間由紀恵ちゃんに似てるんだよな」とおっしゃってくださり、とてもうれしかったですね。空き時間には学校の話も聞いてくださったり、リラックスして過ごさせていただきました。主演の山本耕史さんに、私は『名探偵コナン』の江戸川コナンくんが大好きだとお話したら、「あのコナン!?」と言いながらも、お兄さんのように私の思いを聞いてくださいました。

昔話法廷 第9話
ブレーメンの音楽隊(2018)

裁判員・田村まどか役

昔話法廷 第9話 ブレーメンの音楽隊

インタビュー

 おとぎ話を取りあげ、起こった出来事を現代の視点で裁判にかけるという不思議な世界観の番組。私は裁判員の女性を演じたのですが、登場する被告人がロバや猫、ニワトリと聞いて、CGか何かでキャラクターを作るのかと思い込んでいました。それが現場に行くと、体は人間で顔がリアルな動物になった出演者の方が実際にいらっしゃって(笑)。猫さんに「おはようございます」とあいさつされて「新しい現場の雰囲気だ!」と思いました(笑)。

 撮影中はセリフがひと言もなく、言葉はすべてナレーション録りでした。ですから、顔のアップを何パターンも撮り、その度に表情を変えるのが難しかったですね。「さっきと変えなきゃ。この前はどんな顔したっけ?」と考えながら、セリフに合う表情を探していったことを覚えています。

 Eテレで放送されている学生向けの番組ですが、裁判を面白く考えられる新しい視点の番組だなと思っていました。出演者の私も、被告人のロバにどんな判決を下すべきか、施行猶予を認めるべきなのかを考えましたが、やっぱり見た目が作用して「ロバさんだからな…」と思ってしまって(苦笑)。見た目が本当によくできていて、かわいくてじっくり見てしまうほどだったんです。番組では判決は出さず、見ている人が話し合ったり、自分自身で自問自答したりして考えさせられる内容になっているので、ご覧になっていろいろと意見交換できたらいいなと思います。

プレミアムドラマ
全力失踪(2017)、大全力失踪(2019)

磯山ななみ役

プレミアムドラマ 全力失踪、大全力失踪

インタビュー

 闇金の借金から逃れるために失踪者になった磯山武(原田泰造)の放浪を描いた作品でした。私が演じたのは主人公・磯山の娘、ななみ。最初のシリーズ『全力失踪』では、子ども時代を鈴木梨央ちゃんが演じていて、私は最終回で成長したななみとして登場しました。いかに違和感なく引き継げるかを考えていたんですよ。でも、その後を描いた『大全力失踪』では、ななみも少し大人になったので、梨央ちゃんのイメージを残しつつ、自分らしさを出して雰囲気を変えていこうと思いながら演じていましたね。

 一見ハードな内容に思える題材ですが、ドラマ自体はコミカルで笑えるシーンもいっぱい。原田泰造さんはお父さんの武さんそのものでした。監督と演技について真剣にお話されている姿もよく拝見していて、役者として本当に尊敬でき、勉強になりました。その反面、ちょっと天然さんなところもあって、撮影の合間にお話しているとかみ合わないことも(笑)。普段から優しく接してくださり、お話している中で笑わせて下さったりと、一緒にいて楽しい方でした。

 私が演じたななみは、失踪して家族に迷惑をかけたお父さんに厳しい言葉をかけるシーンが多くて、「なんで帰ってくるの?いらない」と思っていたりもするんです。私自身、父に反抗した時期があったので、役に共感するのは難しくなかったですね。でも、なんだかんだ言っても、ななみはお父さんのことが好きなんですよ。口では「いなくて清々した」と言いながら、内心は「すごく寂しかった」と話すシーンもありました。好きなんだけど素直になれず、強く出ちゃう感じはリアルに高校生の女の子だなと思いました。

 『大全力失踪』でななみは、山田裕貴さん演じる雅也くんと婚約しているのですが、2人のバカップルぶりがすごくて、演じていて楽しかったですね。ドラマのラストでウエディングドレスを着るシーンもあり、私自身、初めてのウエディングドレスにテンションがあがりました。お芝居なのに本当にお嫁に行くような気分になって、そんな私を「歩きにくくない?」と泰造さんが優しくエスコートしてくださり、お芝居なのに本当にお嫁に行くような気分になりました。

BS時代劇 赤ひげ3(2020)

つぐみ役

BS時代劇 赤ひげ3

インタビュー

 シリーズ3作目になる『赤ひげ3』にヒロインとして出演させていただきました。シリーズごとにヒロインが登場してきたので、ちゃんとできるかなと最初は心配でしたが、演じるつぐみが、赤ひげこと去定先生(船越英一郎)の小石川養生所をかき乱す役柄だったので、気楽にやりたい放題やらせてもらいました(笑)。

 つぐみは去定先生の古い友人の娘で、父親を亡くした後、その遺言に従って去定先生を訪ねてきます。医者だった父親を手伝っていたことから、医術に対する知識は誰よりもしっかりしていて、保本先生(中村蒼)をはじめ、若手医師たちを圧倒してしまうほど。でも、とてもひねくれていて、目上の人にでも言いたいことを言う、気の強いキャラクターなんです。これまでの出演作品を見返してみると、比較的怒っている役柄が多いんですよ。そういう役が似合うんでしょうか?(苦笑)。

 今回もお芝居で船越さんを睨んだり、怒鳴ったりするシーンが多くて、申し訳ないなと思いながら、ふだんは先輩にこんな風に接することはできないので、ラッキーと思い切り演じさせてもらいました(笑)。船越さんとは初めてお会いしましたが、懐が深くて優しい方で、アドリブで面白いことを言って笑わせてくださったり、先輩としてお芝居のアドバイスや、役づくりのことを教えていただくことも多く、今回ご一緒させて頂けたことがうれしかったです。まるで本当の去定先生のようなんですよ。

 ドラマではつぐみが小石川養生所で成長していく姿が描かれますが、第3回でびっくりするような爆弾発言が飛び出します! つぐみと去定先生の関係とは果たして…? シリーズを通しての見どころにもなっていますので、ぜひ楽しみにご覧いただければと思います。

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。