50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
池田成志 池田成志

池田成志いけだなるし

1962年生まれ、福岡県出身。82年、第三舞台に参加し、俳優活動を開始。精力的な舞台出演と並行し、演出家として舞台の演出も務める。13年、第48回紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞。舞台「朝日のような夕日をつれて」、「奇跡の人」、「髑髏城の七人」ほか。映画『静かなるドン THE MOVIE』、『うさぎドロップ』、『最初の晩餐』、ドラマ『IQエンジン』、『ふたり』、『半沢直樹』。NHKでは連続テレビ小説『春よ、来い』、『梅ちゃん先生』、大河ドラマ『青天を衝け』ほか。

連続テレビ小説 春よ、来い

戦中、大阪の高校に通っていた高倉春希は、母の反対を押し切って上京。戦後、自分が進む道を見いだし、男性主導の社会の中でテレビドラマの脚本家として歩み始める。「女の自立」をテーマに、時代のうねりの中で昭和を生きた脚本家・橋田壽賀子の自伝的作品。作:橋田壽賀子。音楽:松任谷正隆、マイカ・プロジェクト。語り:奈良岡朋子。出演:中田喜子、安田成美、いしだあゆみ、赤井英和、池田成志、波乃久里子、倍賞美津子ほか。

作:橋田壽賀子 音楽:松任谷正隆 語り:奈良岡朋子

正月ドラマ 福家警部補の挨拶

年齢不詳、社会性ゼロ、しかし検挙率はナンバーワンの女性警部補が主役の推理サスペンス。ある大学の准教授が殺害され、福家警部補は、科警研で復顔法のエキスパートと言われた同僚の教授に疑いを持つ。彼女は部下を振り回し、上司ににらまれながらも、抜群の推理能力で真相を突き止める。(88分)。原作:大倉崇裕。脚本:福原充則。出演:永作博美、草刈正雄、小泉孝太郎、野間口徹、池田成志、大杉漣ほか。

原作:大倉崇裕 脚本:福原充則 音楽:瀬川英史

ドラマ10 聖女

今でも時おり夢に見てしまう。あの人と過ごした17歳の夏を-。「君が大学に合格して大人になったら、私を恋人にしてね」。家庭教師だった女子大生の緒沢まりあが、高校生の僕に残した最後のメッセージ。そして、彼女は突然、僕の前から姿を消した。10年後、僕と彼女は再会を果たす。連続殺人事件の容疑者と、弁護士として。キミは、悪女なのか?それとも聖女か?せつなくも狂おしい究極のラブストーリー!(全7回)

作:大森美香 音楽:吉俣良

ビューティフル・スロー・ライフ

4Kハイスピード撮影の印象的な映像を駆使し、一組のカップルの30代から50代までの「4つの忘れがたき瞬間」を描いた映像エンターテインメント。劇団の看板女優(常盤貴子)に惹ひかれる、小道具係の男(北村一輝)。ふたりの思いが通じ合った瞬間、子どもの誕生、ちょっとしたすれちがい、死を前にした妻への“最期の贈り物”。誰の人生にも起きる平凡な出来事が美しい記憶として描かれる。

ドラマ10 ハムラアキラ ~世界で最も不運な探偵~

ミステリー作家・若竹七海が20年以上に渡って描いてきた「女探偵・葉村晶シリーズ」 初のテレビドラマ化。主人公・葉村晶(はむらあきら)、34歳独身。ミステリー好き。生活は質素。訳ありの転職、転居十数回…。今はミステリー専門書店MURDER BEAR BOOKSHOPのバイト兼、書店のオーナーが冗談で始めた〈白熊探偵社〉の調査員として働いている。葉村は何かと災難に巻き込まれ、周りから『世界で最も不運な探偵』と面白がられるが、事件と対じする中で、彼女自身の人生とも対じし、タフに、そして優しく生きていく。

原作:若竹七海 脚本:黒沢久子 音楽:菊地成孔

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。