50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
笑福亭鶴光 笑福亭鶴光

笑福亭鶴光落語家しょうふくていつるこう

1948年生まれ、大阪府出身。1967年、六代目笑福亭松鶴に入門。ニッポン放送「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン」「鶴光の噂のゴールデンアワー」の人気ラジオ番組のパーソナリティを長年にわたり務める。76年、「夜のレコード大賞・最優秀新人賞」「ゴールデンアロー賞・芸能新人賞」を受賞。78年、「第15回ギャラクシー賞・個人選奨」を受賞している。上方落語家初の落語芸術協会上方真打。現在は、東京の寄席でトリをとれる唯一の上方落語家として活躍している。

日本の話芸 落語「木津の勘助」 笑福亭鶴光(2006)


笑福亭鶴光が講談を元に、自らアレンジして落語化した「木津の勘助」
木津の勘助は、勘助町、勘助島など大阪の地名にも名を残している実在の人物。一介の農民であったが、ふとしたことから大富豪の淀屋十兵衛と懇意になり、その娘・お直を嫁にして身を起こし、土地の開墾やその他大阪の庶民のために尽くした。元が講談なのでオチはないが、随所に笑いがちりばめられている。

日本の話芸 落語「木津の勘助」 笑福亭鶴光

プレミアムドラマ 70才、初めて産みますセブンティウイザン。

発表されるや爆笑と号泣の嵐を巻き起こしたマンガ「セブンティウイザン ~70才の初産~」。自然妊娠による超高齢出産という奇抜な設定だからこそ浮かび上がるのは、リアルで感動的な夫婦の出産日記。産むべきか産まざるべきかの葛藤、高齢出産に伴う身体的リスク、若夫婦に混じってのママパパ教室、何もかも初体験ゆえの失敗や迷走…。そこには、誰もが共感できて、誰もが手に汗握る、夫婦の奮闘が詰まっています。いくつになっても人生チャレンジ! 小日向文世と竹下景子演じる合計135歳の新米パパママの、笑って泣けるホームドラマです。

原作:タイム涼介 脚本:本調有香 音楽:村松崇継

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。