50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
勝野洋 勝野洋

勝野洋かつのひろし

1949年生まれ、熊本県出身。大学在学中に、モデル活動を始め、CMに出演。俳優・大橋一元の薦めで劇団現代演劇協会に入団し、役者の道へ進んだ。映画『ブルークリスマス』、『太陽の傷』、『海でのはなし。』、ドラマ『俺たちの朝』、『忠臣蔵』、『相棒』、『刑事7人』ほか。NHKでは、『坂の上の雲』、大河ドラマ『徳川家康』、『武田信玄』、『花の乱』、『功名が辻』、『軍司官兵衛』ほか、連続テレビ小説『ちゅらさん』に出演。

水曜ドラマ 風の隼人

幕末の薩摩藩で起こったお家騒動、いわゆるお由羅騒動に巻き込まれた下級武士家族のあだ討ちを、江戸、鹿児島、大阪、奄美を舞台に描いた大衆時代劇。総合(水)午後8時からの50分枠で全28回。原作:直木三十五「南国太平記」。脚本:市川森一。音楽:小林亜星。出演:勝野洋、西田敏行、渡辺美佐子、佐藤英夫、夏目雅子ほか。

原作:直木三十五 脚本:市川森一 音楽:小林亜星

ドラマスペシャル ザ・商社

世界を舞台に石油代理店獲得を目指す日本の総合商社の苦闘と崩壊を描いた経済ドラマ。構想3年、制作期間6か月、4か国でのロケなど、当時のテレビドラマでは空前のスケールであった。第10回テレビ大賞優秀賞受賞作品。演出の和田勉はプロデューサー協会賞を受賞。全4回(70~80分)。原作:松本清張。脚本:大野靖子。出演:山崎努、夏目雅子、片岡仁左衛門、中村玉緒、ケン・フランケル、勝野洋、水沢アキ、茂山千五郎。

原作:松本清張 脚本:大野靖子 音楽:林光

土曜ドラマ 放送文学賞作品 遠雷と怒涛と

幕末激動の発火点・長州毛利藩には半官半民の鯨組があった。大山市之進は士分を棄ててこれに投じたが…。士族の誇りにこだわって反目し合う同志、妻との離別、やがて骨肉相食む「萩の乱」へと押し流されていく。下級武士の市之進を中心に維新という激動の時代の変革に遭遇し、否応なしに翻弄されていく人々の戸惑いや苦悩を描いた。明治維新史に欠落していた「普通の人々」の息づかいを活写して高い評価を受けた。(全3話)

作:湯郷将和 脚本:杉山義法

土曜ドラマ 別の愛

神戸・坂の上郵便局長の道子26歳。夫は42歳の生物学者で、トンボを追いかけ音沙汰無しの風来坊、帰ってくるのは月に2~3日。結婚しても、お互いの仕事と生活を大事にして独り暮らしの時間を持っている〝既婚シングル〟。ある日、取材と称して道子の前にあらわれた女性記者は、実は夫の助手で愛人だった。夫の愛人問題を契機に夫婦として、人間として再生していく姿を描いた。(全2話)

作:市川森一

土曜ドラマ ストックホルムの密使

1944年、ナチスドイツの占領下のパリで国外退去を命じられた森四郎。ストックホルムに流れたが、そこで日本海軍武官・大和田市郎から重大な極秘情報を中立国スイス・ベルンの日本大使館に伝える密使を依頼される。亡命ポーランド人将校のコワルスキーとともにベルンに着くが…。極秘情報を携えて日本へ向かう二人の密使を中心に、各国の思惑をダイナミックに描いた。前年放送した「エトロフ遥かなり」の続編。(全2話)

原作:佐々木譲 脚本:岡崎栄

金曜時代劇 蝉しぐれ

藤沢周平の小説世界を見事にドラマ化した傑作時代劇。結ばれることはなくても人を純粋に愛し、どんな逆境にあっても人が人らしく生きることを、ひたむきに問いかけてくる。牧文四郎役の内野聖陽の魂を込めた熱演、ふく役の水野真紀のキリリとした美しさに、深い感動を覚えることであろう。第44回モンテカルロ・テレビ祭ゴールドニンフ賞、第30回放送文化基金賞本賞ほか、多くの賞を受賞。

原作:藤沢周平 脚本:黒土三男 音楽:小室等 語り:草笛光子

スペシャル時代劇 十三人の刺客

島田新左衛門は、暴君・松平斉継を暗殺することに。しかし斉継を守るのは無二の親友・鬼頭半兵衛だった。砦に改造された宿場町で、十三人の刺客たちと半兵衛たちの死闘が始まった。原作:池宮彰一郎。脚本:土橋章宏。音楽:沢田完。出演:中村芝翫、里見浩太朗、福士誠治、大島優子、渡辺大、神尾佑、岡本玲、片山萌美、飯田基祐、山口翔悟、中村福之助、鶴田忍、渡部豪太、勝野洋、西村まさ彦、石橋蓮司、高橋克典。

原作:池宮彰一郎 脚本:土橋章宏 音楽:沢田完

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。