50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
杉村春子 杉村春子

杉村春子女優すぎむらはるこ

映画・舞台・テレビと幅広い分野で活躍し、昭和の演劇史に名を残した大女優。歌手になるのが夢で音楽学校を受験するも、2年続けて失敗。失意の中、運命を変えたのは、当時“演劇の実験室”と言われていた築地小劇場だった。生涯、新しい芝居づくりに挑み続けた杉村が、みずからの演劇人生を振り返る。

あの人に会いたい

芝居はやってやってやらないとセリフのリズムはつかめない

放送会館完成

ラジオのネットワークが広がり、テレビ放送が実施段階をむかえたことから、東京内幸町に新しい放送会館が建てられた。地下1階、地上6階建てで、「ラジオ文化の殿堂」と呼ばれるにふさわしいたたずまいであった。

特集ドラマ 永い黒い雨

作:城山三郎・寺田信義/演出:畑中庸生/出演:杉村春子、小林千登勢、大塚国夫、佐藤英夫、鈴木瑞穂、加藤武/九州の炭鉱に生きる人々の姿を写実的に描き、貧困の中にも希望を忘れない小林のけなげな演技が涙を誘った。

作:城山三郎

ドラマ 青春放課後

放送記念日特集ドラマ。夫を早くに失い京都で小料理屋を開いているせいのひとり娘・千鶴が主人公。適齢期を過ぎようとするひとりの娘の結婚に対する母の心情の変化を描く。1963年12月12日に亡くなった小津安二郎が、作家の里見弴と共にテレビ用に書き下ろした唯一の作品。作:里見弴、小津安二郎。音楽:斎藤高順。出演:小林千登勢、佐田啓二、宮口精二、杉村春子 、高橋幸治、北竜二ほか。

作:里見弴 音楽:斎藤高順

ドラマ 時のなかの風景

戦没学生の手記を中心に戦後25年目を迎えて、いまだに何かを感ぜずにはいられない遺族の問題を描く。演出は吉田直哉。1969年度芸術祭優秀賞受賞作品。作:茂木草介。音楽:三宅榛名。出演:香川京子、杉村春子、芥川比呂志、辰巳柳太郎、細川ちか子、乙羽信子、大出俊、坂本スミ子、河原崎健三、高林由紀子、三國一朗、寺田路恵ほか。総合の90分番組。

原作:茂木草介 音楽:三宅榛名

特集ドラマ 時のなかの風景

作:茂木草介/音楽:三宅榛名/演出:吉田直哉/出演:香川京子、杉村春子、芥川比呂志、辰巳柳太郎/太平洋戦争で肉親を失った戦争遺族らが戦後をどう生きてきたのか、証言をもとに戦後の日本の現実を浮き彫りにした。芸術祭優秀賞。

作:茂木草介 音楽:三宅榛名

ドラマスペシャル 今朝の秋

蓼科で隠居生活を送る男は、50代の息子ががんで余命3か月と知らされ、息子に会うために上京。そこで20年以上前に別れた妻と図らずも再会する。息子夫婦も離婚の危機にあった。今、親として何をすべきなのか。(90分)。第14回放送文化基金賞本賞、毎日芸術賞ほか受賞。作:山田太一。音楽:武満徹。出演:笠智衆、杉村春子、倍賞美津子、樹木希林、杉浦直樹。

作:山田太一 音楽:武満徹

芸を語る

演劇から映画、古典芸能まで、幅広い芸と表現の世界から第一人者を選び、その人の芸を紹介するとともに芸の秘密に迫るトーク番組。下半期からは芸にこだわらず、現在、第一線で活躍している人に範囲を広げ、広い年齢層の視聴者にアピールした。主な出演者は森繁久彌、杉村春子、岩城宏之、宇崎竜童、森下洋子、桂枝雀ほか。総合(火)午後11時10分からの25分番組(前期)。後期は(水)午後10時50分からの放送。

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。