50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
武満徹 武満徹

武満徹作曲家たけみつとおる

西洋音楽に東洋の伝統的な楽器や手法を取り入れ、独自の音の境地を開いた現代音楽の世界的作曲家。1967年に発表された代表作「ノヴェンバー・ステップス」の作曲秘話や、音楽との衝撃的な出会いを語る。番組の元になった主なインタビューは「日曜インタビュー」(1991年)、「武満徹と浅間高原の雑木林」(1987年)、そして「YOU」の1コーナーで「青春プレイバック?武満徹」(1983年)。それらのインタビュー部分を中心に10分間に再編集している。

あの人に会いたい

作曲家にとって一番大事なことは“聴く”こと

連続シルエット 家なき子

19世紀フランスの児童文学の名作「家なき子」を影絵劇で映像化。孤児の少年レミが、旅芸人の一座とともに多くの経験を積みながら、本当の家族を探す旅に出る。白黒テレビの特徴を活かしたハーフトーン・シルエットを駆使し、細部までこだわった演出で毎回30分の番組を生放送した。音楽は、当時ドラマやテレビ番組の音楽を多数手掛けた作曲家・武満徹が担当した。(26話/原作: エクトル・マロ/影絵: かかし座/音楽: 武満徹)

原作:エクトル・マロ 脚本:中島よしお(脚色) 音楽:武満徹 語り:加藤幸子

特別番組 日本の美

日本の伝統美を追求したフィルム構成番組。広く海外諸国との番組交換や国際親善に役立たせようというもの。「日本の文様」は5本シリーズの一つ。着物や調度品に描かれる家紋などの文様。日本人は身の回りの自然や世界を、円や直線で表現してきた。その心が形となった文様の美を、武満徹作曲の音楽と共に描いた。第1回ルギー王立実験映画祭グランプリを受賞。

音楽:武満徹

大河ドラマ 源義経

平安時代末期、源平戦乱の時代。数奇な運命に翻弄された悲劇の武将・源義経の生涯を描いた。京の五条の橋での弁慶との対決や屋島や壇ノ浦の合戦などの見どころが満載。美しくも波乱に満ちた義経の生涯を、23歳の尾上菊之助(七代目・菊五郎)が好演。原作・脚本:村上元三。音楽:武満徹。語り:小沢寅三。出演:尾上菊之助(四代目)、緒形拳、藤純子、辰巳柳太郎、市村竹之丞、中村竹弥、芥川比呂志ほか。

原作:村上元三 脚本:村上元三 音楽:武満徹 語り:小沢寅三

日本の美

『日本の伝統』(1964~1966)の続編。月1回放送で年間12本のカラー番組としてスタート。日本的な美しさを備えながら、国内はもとより世界的な評価を集める日本の美を、現代の視点から見直して美の再発見をしようという番組。諸外国との番組交換や国際親善にも役立てられた。初年度に取り上げたテーマは「日光東照宮」「木喰仏」「浮世絵」「まんだら世界-密教美術」「やしろ-伊勢と出雲」「絵巻物-伴大納言絵詞」など。

未来への遺産

放送開始50周年を記念して放送された、毎月1回1時間の特別番組。「文明はなぜ栄え、なぜ滅びたか」をテーマに制作され、7つの取材班が44か国150か所の文化遺産を取材した。奈良の正倉院を起点に、中央アジア、東ヨーロッパ、アフリカに至る文明の交流の道をたどった。第10集の「壮大な交流 シルクロード」は、学術的にも価値が高いとされた。構成は吉田直哉。ナレーター兼旅人として女優・佐藤友美が出演。

音楽:武満徹 語り:和田篤

ドラマ人間模様 夢千代日記

早坂暁作、深町幸男演出、吉永小百合主演の連続ドラマである。山陰のひなびた温泉町で、亡き母の後を継いで芸者の置き屋・はる家を営む夢千代。広島での胎内被爆という宿命を背負いながらも、ひたむきに生きている。夢千代が毎日つづる日記を、夢千代を演じた吉永自身が朗読し物語が展開していく。心優しい人と人との交流を、山陰の冬景色とともに叙情豊かに描いている。

作:早坂暁 音楽:武満徹 語り:吉永小百合

ドラマ人間模様 まあええわいな

大正時代、文化人たちが定宿とした東京本郷の菊富士ホテル。ここには、竹久夢二や清潔好きなドイツ文学者など、奇行が多い個性豊かな止宿人たちが集う。万事に柔軟なホテルの経営者夫妻や、複雑な過去を持つ使用人たち、ホテルに集う社会主義やアナーキストに神経をとがらせる警察など周囲の人々も交え、不安と練熟の時代を背景に、さまざまな人間模様を描いた。(全4話)

脚本:岡本克己 音楽:武満徹

土曜ドラマ 話すことはない

40を過ぎた独身の作詞家のもとに、テレビ局のレポーターが新人歌手との情事の取材に来たが…。富岡多恵子の短編からいくつかをベースにして、脚本家・井沢満がドラマ化。昭和58年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞。音楽を担当したのが武満徹で、ドラマの挿入歌として作曲したが結局ドラマでは採用されなかった曲に井沢満が詩をつけ、生まれた合唱曲「島へ」は高校の教科書にも載ったというエピソードもある。(全1話)

脚本:井沢満 音楽:武満徹

NHK特集 21世紀は警告する

20世紀とはどのような時代であったかを総括し、このまま進むと21世紀までに何が起こるかを分析し、きたるべき時代への警告とするシリーズ。第1集は、「祖国喪失」。放送当時、地球上には1,500万人を超える難民、亡命者がいた。第2集は、「国家が“破産”するとき」。第3集は、「飢えか戦争か」へと続く。国家と個人の緊張関係を探った壮大なシリーズ。CGのホロン博士、吉田直哉が進行役として出演した。

音楽:武満徹 語り:小六英介

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。