50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
吉村昭 吉村昭

吉村昭作家よしむらあきら

吉村昭は調べる作家として知られる、記録文学の第一人者である。膨大な資料を徹底的な取材で裏づけし、歴史小説の新たな地平を切り開いた。代表作「戦艦武蔵」「関東大震災」「破獄「など、いずれも「事実そのまま」を書きながら緻密な構成により魅力あふれる小説世界を展開させた。残された記録を骨格とすれば、それに肉をつけ、血を通わせるのは生存者の肉声。吉村昭の証言者を求める旅は実に徹底したものであった。史実や事実からいかに小説世界が紡ぎ出されるのか、創作の秘密が語られる。

あの人に会いたい

事実を主にしても
私は小説を書いている

日曜談話室

『土曜談話室』(1966)の放送を日曜に移設し『日曜談話室』と改題。毎回、異色の組み合わせによる20分の対談を放送。初年度はイーデス・ハンソン(タレント)と田辺貞之助(フランス文学者)、安田武(評論家)と吉村昭(作家)ほか。1968年度は放送時間を10分延長。「東洋の音」と題して草野心平(詩人)・海童道宗祖(尺八奏者)・野村良雄(音楽学者)の顔合わせによるてい談もおこなった。総合(日)午後11時台からの20分番組。

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。