50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
加山又造 加山又造

加山又造日本画家かやままたぞう

日本画家・加山又造。鮮やかな色彩、装飾性豊かなその作品から昭和の琳派、現代日本画壇の錬金術師と呼ばれ、文化勲章を受章した。加山は昭和2年京都西陣の近くで生まれた。父親は西陣織の図案家。物心つく頃には絵筆を握っており、若くして画才を発揮する。古い枠に囚われない新しい日本画を目指した加山が特に影響を受けたのは俵屋宗達や尾形光琳などいわゆる琳派の屏風絵だった。加山は琳派の様式を巧みに取り入れ、鮮やかな色彩が乱舞する独自の様式美を確立して行った。40代になると精力的に水墨画を描き始め、色彩の画家加山又造のイメージを一変さる。京都天竜寺法堂の大天井に描いた直径10メートルの「龍」はその集大成と言える。「色を越えた色を出す」水墨を人類が作り上げた最高の絵画藝術と捉える加山又造の創作活動の根源が語られる。

あの人に会いたい

同じ日本の島・環境・宿命を背負って来た
人間同志の共感 だから出来てきたもの
私にとって日本画は
あくまで日本画でなければいけない

一点中継・つくる

画家、彫刻家、デザイナーなど、現代日本が誇る芸術家たちの創造の現場にカメラを持ち込み、その創造の秘密に迫る総合の20分番組。登場した芸術家は、佐藤忠良(彫刻家)、辻村ジュサブロー(人形作家)、新宮晋(造形作家)、加山又造(画家)、利根山光人(画家)、藤田喬平(ガラス工芸作家)、福田繁雄(グラフィックデザイナー)、篠田桃紅(美術家)、藤城清治(影絵作家)、妹尾河童(舞台美術家)ほか。

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。