50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
大滝秀治 大滝秀治

大滝秀治俳優おおたきひでじ

「役者とは修練を重ねて青い光をつかむようなもの」。独特の存在感ある演技で活躍した役者・大滝秀治。劇団民藝の代表者として日本の演劇界をけん引してきた。大正14年、東京根津に生まれる。終戦間もない昭和21年、帝国劇場で行われていた宇野重吉の舞台を見て衝撃を受けたことが演劇の道に入るきっかけであった。宇野の立ち上げた劇団民藝に研究生として参加するも、「声も悪いし年よりも老けているので演出方へ」と舞台出演の機会には恵まれなかった。しかしその後も断念することなく役者の道を目指し、45歳の時に主役の座を射止める。伝説の舞台とも呼ばれる法廷劇「審判」で、宇野から徹底的にリアリズムとは何かを学び、そのことがその後の役者道の支えとなった。「舞台の上で何もせずに存在感を出す役者はいない。」役者とは何かを追究し続け、全身で役にぶつかった大滝さんの役者への情熱が語られる。

あの人に会いたい

仕事は「点」じゃいけない
次もそれに勝る仕事をすると
点が線になり線が面になり面が立体になる
今どれだけのことが出来るかだと思っています

連続テレビ小説 水色の時

高校生の松宮知子は、凍死寸前だった青年を助けたことと、看護師として働く母の影響もあり、医学の道を志す。自分や弟2人の進学・独立で、寂しさを感じた知子に、母は家族の意味を語る。北アルプスに囲まれた信州松本を舞台に、青春真っ盛りの若者たちと親たちの世代を超えた心の交流を描いた。作:石森史郎。音楽:桑原研郎。語り:岸田今日子。出演:大竹しのぶ、篠田三郎、香川京子、米倉斉加年、佐久田修、大滝秀治ほか。

作:石森史郎 音楽:桑原研郎 語り:岸田今日子

NHK特集 そしてトンキーもしんだ 子が父からきくせんそうどう話

1943年(昭和18年)8月、上野動物園で3頭の象、ジョン、ワンリー、トンキーや多くの猛獣が毒殺、絶食などで処分された出来事は広く知られている。「空襲が激化して住民を保護するため」という理由であった。この時期、それほど戦況はさし迫っていなかったのに、なぜ・・・。後世に語り継ぐべきこの戦争悲話を、“子が父から聞く童話”という形で、悲劇の真相を探り、戦争という異常な事態のもとでの人と動物の交流を描く。

ドラマ ふたたびの街

広島市中区在住の77歳の視聴者から、1台の熱でゆがんで錆びついた三輪車がNHKに届けられた。当時5歳だった長男が乗っていたものだった。ドラマはこの三輪車をモチーフに、平凡な家族の姿を描きながら、被爆40年のいま、人々の中にある忘れえぬ出来事を浮き彫りにする。(60分)。脚本:重森孝子。音楽:池辺晋一郎。出演:宮本信子、井川比佐志、田村知丈、大滝秀治、殿山泰司、木田三千雄、野村昭子、仲本工事ほか。

脚本:重森孝子 音楽:池辺晋一郎

銀河テレビ小説 ときめき

函館の港町で二代続いた青函連絡船の船乗りの家に生まれ、東京の大学に通う美佐子。兄姉は船乗りから離れ、それぞれ自分の道を進んでいた。美佐子は「東京にはときめきがない」と大学をやめて帰ってくるが、地元でもときめきが見つからない。船乗りの三代目がいないことに不満だった祖父は、美佐子をアメリカの商船大学に留学させることを思い立つ。父は猛反対だが、美佐子は留学を決意する。(全10話)

作:川内康範 音楽:木下忠司

大河ドラマ 独眼竜政宗

秀吉も家康も一目置いた豪気の男、“独眼竜”とおそれられ、知恵と才覚で仙台62万石を一代でつくりあげた伊達政宗の生涯を、現代的なタッチでロマン豊かに描いた。大河ドラマ歴代最高の平均視聴率39.8%を記録。原作:山岡荘八。脚本:ジェームス三木。音楽:池辺晋一郎。語り:葛西聖司。出演:渡辺謙、北大路欣也、岩下志麻、勝新太郎、桜田淳子、秋吉久美子、津川雅彦、三浦友和、竹下景子、大滝秀治ほか。

原作:山岡荘八 脚本:ジェームス三木 音楽:池辺晋一郎 語り:葛西聖司

銀河テレビ小説 むかし通りの人々

函館が造船で賑わっていた頃を懐かしむ老人たち。仲間が投稿した昔の初恋をたずねるラジオ番組に、ほら吹き癖のある徳市が引っ張り出された。放送局が探し当てた初恋の女性・鈴に会いに行くが、そんな事実があるはずもなく…。昔話を懐かしく語る鈴に、徳市は話を合わせる。淋しい老後にほんのり希望の光を感じさせる秀作。「家族」をテーマに地域に密着した題材から「今」が見える短編ドラマシリーズ。札幌局制作。(全1話)

脚本:池端俊策

ドラマスペシャル うさぎの休日

金あまり、地価狂乱で、まじめに働くサラリーマンが家一件持てない現実の中で、マイホームを持ちたいと願う若い夫婦の愛情と悲しみを描く。夫婦とは、親子の絆とは何かを改めて問う。作:黒土三男。音楽:池辺晋一郎。出演:長渕剛、伊藤蘭、大滝秀治、浅野ゆう子、植木等、小坂一也ほか。

作:黒土三男

土曜ドラマ 夕陽をあびて

東京下町に住む老夫妻。定年退職後の無気力な夫を見かねて、夫婦で生きがいを見つけるためにオーストラリアへの移住体験旅行に参加する。既に移住していた人からは暮らしの快適さと文化の違いの大変さを教えられ、さまざまな国籍の人々がお互いの文化や生活を尊重しながら助け合って生きる姿に心を打たれる。移住体験旅行に参加した老夫婦の体験を軸に、老後の生きがい、夫婦愛など身近な問題を国際的視野から描いた。(全3話)

原作: 作:山田太一 音楽:林光

銀河テレビ小説 再会

地域局発の短編ドラマシリーズの第3弾。今回は「ふるさと」をテーマに、ふるさとの現実問題に迫り、そこから日本が見えて来る手法で描いた。5夜連続放送の最終回は、広島局「再開」(12月23日)。

脚本:小林政広

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。