50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
高峰三枝子 高峰三枝子

高峰三枝子女優たかみねみえこ

歌う映画スターの先駆者として活躍した高峰三枝子。「湖畔の宿」「懐しのブルース」など、ヒット曲の数々。女優としては映画「暖流」などで知られ、生涯、華やかな大スターであり続けた。高峰三枝子は大正7年東京・芝で筑前琵琶の宗家の家に生まれた。裕福な家庭で不自由のない少女時代を過ごしたが、17歳の時に父親が急死。家計を支えるため映画界入りを決意する。映画に出演すると、たちまち人気者となり、さらに、映画の主題歌「宵待ち草」でソロ歌手としてもデビュー。歌う映画スターの先駆けとなった。その後も、類い稀な美貌と澄んだ歌声でファンの心を掴み、スターの座をゆるぎないものにした。戦前、戦中、戦後を通じ常にスターであり続けたその半生が語られる。

あの人に会いたい

映画よ青春をありがとう 映画よ仲間をありがとう 映画よ歌をありがとう

銀河テレビ小説 やつらの戦い

東京両国に住む60歳越えの三人組、ローラースケート狂のハヤブサのカッチャン、要領のいいカゲトシチャン、威張りやの毛虫の真公。子どもの頃から仲よしで、いたずら三昧で悪党三羽烏と呼ばれていた。3人には青春時代からのマドンナがいる。ある時、金銭でマドンナをものにしようと企むかつての宿敵・善太郎が現れ…。下町に繰り広げられる老人たちの熱い青春、帰らぬ青春への雄叫びをユーモラスに描いた。(全20回)

作:田向正健 音楽:大野雄二

ドラマ人間模様 樋口一葉~われは女成りけるものを…

貧しさのわび住まい。一葉の生きた明治の時代を描くにはカラーテレビの映像はきれいすぎる。そこで画面全体をセピア色に仕上げ、一葉を取り巻く生活臭、明治の時代色を表現した。化粧と照明の工夫、きめ細かい映像調整で明治の下町の情緒を再現した。

脚本:大野靖子 音楽:湯浅譲二

銀河テレビ小説 下町三人娘

下町の老人男性三人組・悪党三羽烏の活躍を描いた「やつらの戦い」の女性版。元芸者でしっかり者のセッチャン、お人好しでお調子者の米屋の隠居ノリチャン、気が強く男勝りなナッチャン。ある日、借金取りから夜逃げした両親に置き去りにされた少年をかくまうことになる。高利貸しの社長を相手に、三人が力を合わせて丁々発止の大奮闘を繰り広げる下町三人娘の騒動を描いた。(全20話)

作:田向正健 音楽:堀井勝美

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。