50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
加藤武 加藤武

加藤武俳優かとうたけし

俳優の加藤武。無骨な風貌と豪快な演技で舞台をはじめ、テレビや映画で大活躍した。映画では特に黒澤明や市川崑など、名だたる巨匠の作品に欠かせない名脇役として、強烈な存在感を示した。加藤武は昭和4年東京・築地で魚の仲卸を営む家に生まれた。近所には劇場や映画館が多く、幼い頃から演劇に親しんで育つ。旧制麻布中学に進学すると同級のフランキー堺や小沢昭一たちと芝居ごっこに興じ、芸能への思いを深めて行った。戦後、早稲田大学へ進むと、今村昌平や北村和夫たちと演劇に熱中。卒業後、1年間の教員生活を経て昭和27年、文学座養成所に入所する。昭和28年「還魂記」で初舞台。大女優・杉村春子の薫陶を受け、演技力を身につけていった。大きな転機は黒澤明監督との出会いだった。「蜘蛛巣城」や「隠し砦の三悪人」での体を張った演技が認められ、昭和35年「悪い奴ほどよく眠る」で主人公の親友役に抜擢された。市川崑監督の金田一耕助シリーズでは主人公に協力する警官役を好演。「よーし、分かった」の決め台詞で人気を集めた。登場した瞬間に強烈な個性と存在感を発揮、場面を一変させる名脇役としての評価を不動のものとして行った。「芝居はチームワーク」を信条に、渾身の力を込めて脇役に徹した役者人生だった。

あの人に会いたい

人生の幕が下りるまで 精一杯舞台を務めます.

特集ドラマ 永い黒い雨

作:城山三郎・寺田信義/演出:畑中庸生/出演:杉村春子、小林千登勢、大塚国夫、佐藤英夫、鈴木瑞穂、加藤武/九州の炭鉱に生きる人々の姿を写実的に描き、貧困の中にも希望を忘れない小林のけなげな演技が涙を誘った。

作:城山三郎

西鶴師走噺

井原西鶴の作品の中から、放送月の12月にちなんで、師走の話を選んで放送。西鶴のもつ洒脱(しゃだつ)なこっけい味と人情味が好評だった。総合(火)午後9時からの30分番組で全4回放送。作:寺田信義、阿部正人。音楽:平井哲三郎。出演:加藤武、岸田今日子、三津田健ほか。

脚本:寺田信義 音楽:平井啓三郎

懐かしの名作シリーズ 人情紙風船

昭和初期の名作映画をテレビドラマ化した「懐かしの名作シリーズ」。「人情紙風船」は昭和12年、山中貞雄監督の映画。江戸の貧乏長屋で老いた浪人の首つり事件が起きる。しかし長屋に住む髪結い新三は、その死を弔うことを口実に大家から酒をせしめ、長屋の連中とともにドンチャン騒ぎ。自由気ままに生きる、新三とその隣人で仕官先を求めて徒労の日々を送る浪人、海野又十郎の生き方を対照的に描く。

原作:三村伸太郎 脚本:尾中洋一 音楽:山本直純

連続テレビ小説 なっちゃんの写真館

徳島の由緒ある写真館の一人娘・西城夏子。学生時代はテニスに夢中だった夏子は、やがて写真に目覚め、父の猛反対を押し切って上京。カメラマンを志して写真学校に入学。後に夫となる亮平と出会い、家業の写真館を受け継ぐ。仕事と家庭をみごとに両立させた女性の戦中戦後の奮闘記。モデルは、写真家・立木義浩の母。作:寺内小春。音楽:宮本光雄。語り:川久保潔。出演:星野知子、滝田栄、萬田久子、大友柳太朗、林美智子ほか。

作:寺内小春 音楽:宮本光雄 語り:川久保潔

水曜ドラマ なにわの源蔵事件帳

直木賞受賞作の同名の原作を、大阪下町を舞台にして、人情味豊かな捕物帳としてドラマ化。明治初頭のなにわの風俗を取り上げながら、殺人事件が1件も登場しない上方の捕物劇を繰り広げる。総合(水)午後8時からの50分枠で全23回。原作:有明夏夫。脚本:松田暢子。音楽:田中克彦。出演:桂枝雀、司葉子、三林京子、藤山直美、加藤武、廣沢瓢右衛門ほか。

原作:有明夏夫 脚本:松田暢子 音楽:田中克彦

水曜ドラマ 新・なにわの源蔵事件帳

1981年度後期に放送した『なにわの源蔵事件帳』の新シリーズ。明治13年から14年の大阪・天満朝日町を舞台に、庶民的なおかしさとすご味をあわせもつ源蔵親方が、周辺に起こる怪事件を解決していく“殺しのない捕物帳”。総合(水)午後8時台の50分枠で全17話。原作:有明夏夫。脚本:松田暢子、大西信行ほか。音楽:奥村貢。出演:芦屋雁之助、大空真弓、三林京子、加藤武、藤山直美ほか。

原作:有明夏夫 脚本:松田暢子 音楽:奥村貢

ドラマ人間模様 てのひらの虹

若い頃は一角の人気だった歌手歴30年のさくら三千代。今は、人気アイドルの前座で地方回り。アイドルのスキャンダルを追跡してた芸能記者の秋葉が、前座で客たちを盛り上げている三千代の姿に好感を持つ。居合わせた元プロデューサーが、座持ちのうまい芸人として楽をしているのは惜しいと嘆くのを聞き、秋葉は三千代のために詞を書き、バンド仲間が曲をつけた曲「てのひらの虹」はヒットのきざしをみせるが…。(全4話)

作:小野田勇 音楽:小林亜星

ドラマ人間模様 ふたりぼっち女と女

尾道の古い家風と優柔不断な夫に愛想がつき、大阪の実家に戻った淳子は、自立をめざし芸能学校に通い出す。そこで漫才コンビを結成する話が持ち上がる。相方の真希は初対面からグイグイ押してくるタイプ。明るいがしとやかな淳子とは、性格も生活環境も正反対だったが、舞台に立つほどにふたりの結びつきは強くなる。しかし、淳子の夫と父親が漫才を辞めさせようと画策する。秋野暢子と遙香くららの漫才シーンが見所。(全4話)

作:中島丈博 音楽:大野克夫

ドラマ新銀河 いつか、花嫁

名古屋で広告代理店に勤めるキャリアウーマンの菊子は30歳。母の十三回忌で故郷・福井に戻るが、淋しい老人暮らしと思っていた父親は、教師だったころの教え子の世話や趣味で元気に忙しく暮らしていた。都会で待つスマートな青年実業家の恋人と故郷で紹介された中年近い野暮な水族館長、対象的な二人の求婚者の間で揺れ動く菊子の女心をユーモアとペーソスを交えて描いた。(全16話)

作:金子成人 音楽:坂田晃一

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。