50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
福沢一郎 福沢一郎

福沢一郎洋画家ふくざわいちろう

日本にシュールリアリズムを紹介した画家として知られる福沢一郎。神話の時代から現代まで人間が演じてきた数々のドラマをテーマに描き続けた。
代表作として戦前の「科学美を盲目にする」「四月馬鹿」、戦後の「阿修羅」「餓鬼の大集合」などがあり、平成3年文化勲章を受章した。
福沢一郎は明治31年、群馬県富岡市の旧家・福沢家の長男として生まれた。裕福な家庭に育った福沢はわざと勉強をしないなど、つむじ曲がりな少年だった。人の真似をしない「蟹の横這い」などと言われる福沢の生き方は子供の頃に既に芽生えていた。仙台の二高を経て東京帝国大学文学部に入学。しかし授業にあまり出ず、彫刻家・朝倉文夫に師事し彫刻家を目指した。大正13年から7年間パリに留学。前衛芸術運動シュールリアリズムと出合い、彫刻から絵画へ方向を転換。当時の作品の根底には現代人の心の空虚さへの風刺が込められている。昭和6年帰国するとシュールリアリズム運動の指導者と目されるようになる。福沢はシュールリアリズムの本質は反逆の精神にあるという。それは現代の傾向を否定し新しい様式を生み出す精神の運動である。戦後の福沢は、「ダンテの神曲」をテーマに「地獄篇」に始まる古今東西の地獄図シリーズ。創世記や魏志倭人伝など壮大な神話や古代史、歴史の変わり目の人間ドラマを描き続けた。90才を過ぎても創作意欲は衰えず、500号を超える壁画などの大作に挑戦した。

あの人に会いたい

人間というものは面白いものだと思って 
絵に描くにしても人間は一番難しい 
しかし描ければ 一番高いモノの表現が出来る

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。