50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
菅井きん 菅井きん

菅井きん俳優すがいきん

平成30年8月に亡くなった俳優・菅井きんさん。庶民的で味わい深い演技で人気を集めた。大河ドラマ「いのち」をはじめ多くの映画やドラマ、舞台の名脇役として活躍した。菅井さんは大正15年東京生まれ。女学校時代に演劇に目覚め、両親の反対を振り切って劇団の研究生に。21歳で初舞台を踏んだ時、つけられた芸名が「菅井きん」。名前に導かれるように20代から老け役を演じ、映画やテレビドラマに欠かせない名脇役となった。生涯の当たり役、必殺シリーズの姑役では「ムコ殿」のきめ台詞と徹底した婿いびりで人気を集めた。脇役老け役いびり役を厭わず、演技一筋に生きた92年の生涯だった。

あの人に会いたい

ありのままの自分で自由にやろう
そう思ったら肩の荷が下りました

芸術祭参加ドラマ 天からもらった場所で

名古屋近郊の中小企業に働く農村出身で集団就職した若い男女工員たちの苦悩と、それを乗り越えていくエネルギーを描いた作品。貧しい村から家族の期待を背負って都会に出てきたが、工場で大けがをして意識を失ってしまう男子工員の回想からはじまる。NHK名古屋局制作。芸術祭参加作品。作:岩間芳樹 。音楽:熊谷賢一。出演:山本喜代彦、杉山佳寿子、菅井きん、島かおりほか。

作:岩間芳樹 音楽:熊谷賢一

20歳

新宿の雑踏で、偶然お金を拾い警察に届けた見ず知らずのタケシとチエは、いずれも20歳。タケシは夜学に通う旋盤工だったが工場が倒産して夢も目的も失っていた。チエは幼くして両親を亡くし弟妹の面倒をみながら浜松の工場で働いていたが、同郷の知人を探しに東京に出てきたところだった。チエの知人を一緒に探すことになったふたりは、様々な人や事件に出会い、自分の歩むべき道を確かめていくことになる…。(全1話)

脚本:岡本克巳

大河ドラマ 竜馬がゆく

幕末の風雲児・坂本竜馬の短くも激しく燃えた生涯を描く。土佐藩を脱藩した竜馬は、貿易商社・海援隊を設立。対立する人々の仲立ちに奔走し、薩長連合を成立させ、ついには徳川慶喜に大政奉還を決断させる。主人公のお国言葉によるセリフも評判に。原作:司馬遼太郎。脚本:水木洋子。音楽:間宮芳生。語り:滝沢修。出演:北大路欣也、浅丘ルリ子、森光子、高橋英樹、水谷良重、下川辰平ほか。

原作:司馬遼太郎(「遼」しんにょうの点が二つ) 脚本:水木洋子 音楽:間宮芳生 語り:滝沢修

銀河テレビ小説 今ぞ恋しき

歌手になることを夢見てライブハウスで歌う青年・俊と、離婚し娘を実家に預け美容師見習いとして働く峯子が出会う。オーディションに落ちて故郷に逃げ帰った俊を、励ます峯子。歌手を諦め峯子と生きようと考える俊に、夢を諦めさせたくない峯子は喜べない。夢と現実との間で揺れ動く、若い男女のせつない愛情を描いた。(全15話)

作:重森孝子 音楽:五輪真弓

ドラマスペシャル 旅よ恋よ女たちよ

たまたま出会った30代、40代、50代の訳あり女性3人が、日本縦断5300キロの鉄道の旅に出る。3人が巻き起こす珍道中と、ちょっぴりほろ苦い人生模様。旅路の果てに3人が見つけたものは……。作:ジェームス三木。音楽:坂田晃一。出演:泉ピン子、野際陽子、菅井きんほか。1985年1月5日午後7時20分から10時35分まで、途中ニュースをはさんだ2部構成の3時間ドラマ。

作:ジェームス三木 音楽:坂田晃一

大河ドラマ いのち

日本の戦後40年の歩みの中に「いのち」をいとおしみ、「心」を大切に生き抜く女医・岩田未希。妻、母、嫁としてのかっとうを抱えながら、医療に情熱を燃やす未希の人生を描く。農地改革と地主層の没落、高度成長期の農村、集団就職などの現代史を背景にした。作:橋田壽賀子。音楽:坂田晃一。語り:奈良岡朋子。出演:三田佳子、役所広司、伊武雅刀、泉ピン子、石野真子、渡辺徹、丹波哲郎、久我美子、大坂志郎ほか。

作:橋田壽賀子 音楽:坂田晃一 語り:奈良岡朋子

友だち

大きな不満もなく平凡だが、それぞれ家族の中で少し淋しさを覚えている中年の男女。バードウォッチングを通じて親友となるが、家族からはあらぬ疑いが掛けられてしまう。男友だちを作った妻の行動をきっかけに、初めて表に吹き出してくる〝妻の不満〟〝夫の言い分〟。日常のやり切れなさや寂しさ、ハメを外してみたいという欲求。現代社会の中年男女の内面からにじみでてくる人間の情念を描いた。(全6話)

作:山田太一 音楽:桑原研郎

ドラマスペシャル 翼をください

学校格差から生じるコンプレックスを乗り越えていく高校生の姿を、ある地方都市の二つ高校を舞台にリアルに描き、大きな反響を呼ぶ。ドラマ収録の約束事を最小限にとどめ、 ドキュメンタリー的手法を用い、リアリティーを重視したカメラワーク、ライティングに徹した。(120分)。脚本:ジェームス三木。音楽:坂田晃一。出演:片岡鶴太郎、江口洋介、倍賞美津子、橋爪功ほか。

作:ジェームス三木 音楽:坂田晃一

土曜ドラマ されど、わが愛

医師・英雄は、体の弱った父忠雄との同居のために、妻子を連れて広島へ戻ってきた。戦時中は朝鮮総督府の中級官吏であり、母を捨てて愛人を作った父に反抗していた彼には久しぶりの故郷であった。広島に落とされた原爆の犠牲者のうち約1割は、朝鮮半島を祖国とする人たち。被爆2世の医学者が、現在の広島、在韓国被爆者の過去と現在に向き合い、新たな決意で原爆医療と研究の最前線に立とうとする姿を描いた。(全1話)

作:山田信夫

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。