50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
市原悦子 市原悦子

市原悦子俳優いちはらえつこ

平成31年1月に亡くなった俳優・市原悦子さん。高い演技力と独特の存在感で数多くのドラマや映画、舞台に出演。アニメ「まんが日本昔ばなし」の味わい深い語りでも親しまれた。市原さんは昭和11年千葉市生まれ。中学から演劇を始め、昭和32年に俳優座に入団。退団後はドラマ「家政婦は見た!」シリーズで人気を集め、平成2年には映画「黒い雨」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞、日本を代表する名優のひとりとなった。愛嬌ある独特の声で声優としても活躍。NHKの「おやすみ日本」での語りが最後の仕事になった。「絶対に芸で妥協しない」強い信念を持って努力を重ねた82年の生涯だった。

あの人に会いたい

やるだけやって
あとは野となれ山となれ

特集ドラマ 自由への証言

原作:椎名麟三/演出:和田勉/出演:伊藤雄之助、市原悦子/病院の調理室で働く男が、本人もあずかり知らぬまま政治的な渦に巻き込まれ、悲劇的な結末へと至る過程をユーモラスな中にも鋭く追求した作品。芸術祭奨励賞。

原作:椎名麟三 音楽:入野義郎

銀河テレビ小説 家庭戦争

妻はテレビドラマのシナリオライター、夫はテレビ俳優。妻が書いた、妻帯者の医師と若い看護婦のラブロマンスドラマの配役に夫が決まり、その相手で愛し合う役は、知人の若手女優。虚構のドラマと現実が混在し、多少の嫉妬を抱きながらシナリオを書き上げるが…。女流ライターがテレビドラマを創作する過程を通して、現代のテレビドラマを風刺、コミカル調に描いた。(全10話)

作:井上ひさし 音楽:宇野誠一郎

ドラマ人間模様 愛を病む

ある日突然、中学2年生の少女が高校拒否になる。その原因を精神科の相談医たちが追求していくと、友人や家族関係がもとで自閉症に陥り、登校できなくなった少女の心理過程が浮かび上がる。登校拒否や自閉症の問題を通して、家族とは何か、愛とは何かを、精神科医の立場から切実に問いかけた。(全5話)

脚本:別役実 音楽:小野崎孝輔

ドラマ人間模様 蒼い光芒

1948年に起こった「光クラブ事件」をドラマ化。東京大学在学中で希代の秀才だった学生が起業した闇金会社「光クラブ」。東大生社長の会社として世間ではもてはやされ巨額の利益をあげたが、法律違反で検挙され服毒自殺する。の盛衰と学生社長の自殺する。敗戦によって、世の中総ての価値観がひっくり返り、アプレゲール(戦後派)世代のニヒルな生きざま、ゆがんだ人間性の男が生まれる時代背景を暗示した。(全4話)

脚本:冨川元文 音楽:林光

銀河テレビ小説 川は流れる

隅田川の水上バスガイド・幸子の前に、実母と名乗る女性が現れる。昭和20年の東京大空襲の時、隅田川の厩橋で家族を失ったこと、顔に大きなアザを残したこと、盲目の夫との間に娘を授かった直後に夫と死別したこと、全てを話て立ち去った。養母から実母の余命がわずかなことを聞いて以来この厩橋を通る度に涙する幸子だった。「家族」をテーマに地域に密着した題材から「今」を見る短編ドラマシリーズ。東京制作。(全1話)

作:早坂暁 脚本:早坂暁

大河ドラマ 秀吉

戦国時代、尾張の貧しい農民の子として生まれ、織田信長の足軽から駆け上り、ついには天下人となった豊臣秀吉の生涯を、現代の視点から新解釈。映画を中心に活躍してきた竹中直人が、明るくエネルギッシュな新しい秀吉を演じ人気を博した。原作:堺屋太一。脚本:竹山洋。音楽:小六禮次郎。語り:宮本隆治。出演:竹中直人、沢口靖子、渡哲也、仲代達矢、高嶋政伸、市原悦子、赤井英和、村上弘明、野際陽子、古谷一行ほか。

原作:堺屋太一 脚本:竹山洋 音楽:小六禮次郎 語り:宮本隆治

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。