50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
江波杏子 江波杏子

江波杏子俳優えなみきょうこ

平成30年に亡くなった俳優・江波杏子さん。映画・女賭博師シリーズの昇り竜のお銀役で一躍スターの仲間入りを果たし、晩年は着物の似合うクールな老婦人役で活躍した。江波さんは昭和17年東京・千駄ヶ谷生まれ。母親は元女優で、幼い頃から女優を志していた。高校在学中に映画デビューするも派手な容貌が災いして脇役ばかり。ようやく舞い込んだ主役が丁半博打の壺振り師役だった。いやいやながらも演じた女賭博師は大評判となり、17作も作られる人気シリーズとなった。その後は役柄の幅を広げ、ドラマや映画に欠かせない名バイプレーヤーとなった。りりしく華やかに生きた76年の生涯だった。

あの人に会いたい

役者なんてものは
本当 明日はないんですよ

ドラマ人間模様 海峡

環境汚染により漁業継続の困難に直面していた港町に、元漁師の男が現れる。働き口を探しているときに、この町の漁師の船が北海道の恵山岬で座礁して見つかる。遺体は見つからなかったが、死亡が認定され、男はこの船を借り受け漁を始める。亡くなった漁師の未亡人との感情の深まり始めた。しかし、亡くなったはずの漁師は生きていた…。海に生きる男たちの夢と怒り、そして海に男を失った女の悲哀を鋭いタッチで描いた。(全5話)

作:中島丈博 音楽:冨田勲

ドラマ人間模様 とおりゃんせ

西陣織屋を息子に継がせた母73歳が、不慮の事故で骨折したことをきっかけに認知症が始り、奇怪な行動で家族を悩ませる。症状は小康状態が続いていたが脳血栓で倒れ、急速に認知症が進んでいく。家事と店の切り盛りに介護が加わり、疲れはてた嫁は家を飛び出してしまう…。老人性認知症の問題を通して、人間の生と死を見つめていく問題作。京都・西陣で老人医療を続ける医師の随筆をドラマ化。(全5話)

原作:早川一光 脚本:山田正弘 音楽:南安雄

銀河テレビ小説 かぐわしき日々の歌

16年前に高知に養子に出されていた、父親の違う弟を引き取ることになった間宮家。複雑な家庭の中で、弟を見守ろうと誓う姉。1954年ごろの「造船所の町」兵庫県相生市を舞台に、姉弟、母と優しい父、そして彼らを取り巻く若者たちの心優しい青春群像を描いた。(全20話)

作:中島丈博 音楽:奥村貢

銀河テレビ小説 新・青春戯画集

人気が出始めた若手日本画家と、彼の亡き父の元愛人で芸妓だった妖艶な女性。彼女は、父の画廊を引き継ぎ、新人画家の発掘に夢を抱く。そこに現れた無名の青年画家に、彼女は才能を見いだし惹かれていく。彼女を想う画家と青年を寵愛し始める彼女。三人の関わり合いが微妙に揺れ動く。京都・祇園を舞台に若者たちの栄光と挫折を描いた青春ドラマ。(全20話)

作:中島丈博 音楽:中村滋延

大河ドラマ 春の波涛

日本の女優第1号として活躍した川上貞奴と新演劇の旗手・川上音二郎、電力王と呼ばれた実業家・福沢桃介と妻で福沢諭吉の次女・房子。明治・大正の文化や世相を時代背景に、4人の若者たちが織り成す青春模様を描いた愛と哀しみのドラマ。原作:杉本苑子。脚本:中島丈博。音楽:佐藤勝。語り:柳井恒夫。出演:松坂慶子、中村雅俊、風間杜夫、檀ふみ、伊丹十三、名取裕子、山本學、江波杏子、淡島千景、小林桂樹ほか。

原作:杉本苑子 脚本:中島丈博 音楽:佐藤勝 語り:柳井恒夫

極楽への招待

次男を交通事故で亡くし、他の子どもたちにも裏切られた孤独な老婆。そこに、次男とよく似たセールスマンが、温泉と医療施設完備の老人専用マンションを売り込みに来る。詐欺を疑うが、実の子ども以上に親切なその人に、愛情に飢えていた老婆はトラの子の大金を渡してしまう。ドラマでは、欺される老人たちの背景、その家族関係や孤独な心情をクローズアップすることで、今、家族が抱えている奇妙な問題点を描きだした。(全5回)

作:中島丈博

ドラマ新銀河 母の出発

長年平凡に暮らしてきて52歳になった主婦が、急に家を出て働いてみたいという欲求が強くなってきた。女性の人生の大きな転機である更年期を、多様な女性たちの生き方を通して描いたコメディータッチのドラマ。「鍋の中」で芥川賞を受賞した村田喜代子が“人生の秋”を迎えた女性たちの本音を書いた「花野」を原作にドラマ化。(全16話)

原作:村田喜代子 脚本:鹿水晶子

土曜特集ドラマ 至上の恋

会社の不正の全責任を負わされ世間も家庭も信じられずにいた男と、どんなに傷ついても世界を信じ続けようとする韓国女性が偶然出会い恋に落ちるが、女の隠されたつらい秘密を知ったとき、男は姿を消し恋は終わる。そして、思ってもみなかった「悲劇」が彼女を襲う。男の娘の命を火災事故から救うために自分の命を犠牲にしたのだ。国境を越えたふたりの悲恋を描きながら、世界を肯定して生きてゆくことの美しさを訴える。(全1話)

作:田中晶子

連続テレビ小説 ちりとてちん

福井・小浜で育った、心配性でネガティブ思考の和田喜代美。大阪で上方落語と出会い、落語家の徒然亭草若に弟子入り。修業を経て高座に上がるとともに、兄弟子と夫婦に。楽天的で大雑把な母の生き方にも影響を受けながら、自分の人生を輝かせていく。恋あり涙あり笑いありの人情ドラマ。作:藤本有紀。音楽:佐橋俊彦。語り:上沼恵美子。出演:貫地谷しほり、和久井映見、松重豊、京本政樹、青木崇高、江波杏子、渡瀬恒彦ほか。

脚本:藤本有紀 音楽:佐橋俊彦 語り:上沼恵美子

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。