一覧に戻る

50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
棟方志功 棟方志功

棟方志功版画家むなかた しこう

青森県出身の世界的な版画家。存在感あふれる女性美と宗教的な表現で独自の世界を作りあげた。鍛冶屋の三男として生まれた棟方志功は、ゴッホの作品に影響を受けて洋画家になると決心した。生涯を振り返り語るその口調は、故郷青森のネブタに通ずる彼の作品同様、開放感と力強さに満ちている。

あの人に会いたい

在るものをまっ裸にしたものこそ ぼくの世界

女性手帳 創る 棟方志功

インタビュー番組「女性手帳」での、芸術家の制作の現場を訪ねるシリーズの一つ。棟方志功は青森出身の版画家。民芸運動に参加し、版画を「板画」と称し、木版の特徴を生かした土俗性の強い独自の作品を作り続けた。極度の近視のため眼鏡が板に付くほど顔を近づけ、取りつかれたように一心不乱に板を彫っていく。強烈な個性の天才、創作の瞬間を捉えた貴重な映像。※なお映像のみが保存されており音声は現場音のみです。

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す