50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
つかこうへい つかこうへい

つかこうへい演出家・劇作家つかこうへい

毒針のような台詞とたたみかけるようなスピード感溢れる演出で、弱い立場の人間の中に渦巻く感情をえぐり出した、つかこうへい。演出家・劇作家として圧倒的な人気を集め、1970年代以降の現代演劇に大きな影響を与えた。その演劇の根底に流れていたのは、つか自身の人間への限りない『愛』であった。作品を演じる役者に心からの愛情をぶつけ、その役者の最も芯にある姿を引き出しながら舞台を作り上げていったつかこうへいの、揺るぎのない人を信じる気持ちが語られる。

あの人に会いたい

人を愛したり信じたりすることは
今いちばん惨めな勇気を必要としている時代
それでも人を愛したり愛おしく
思っていかなくちゃいけない

銀河テレビ小説 つかこうへいのかけおち’83

モラトリアム人間のヤスオは、突然現れた恋のライバル・萩原に、婚約者のセツ子を奪われそうになる。絶体絶命のピンチに、セツ子から「駆け落ち」を切り出され、悩んだ挙げ句決行する。しかし、セツ子の心のどこかには萩原への未練があった・・・。過剰なセリフが機関銃のように飛び交い、笑って笑って笑った末に、切なく泣かせる、ジェットコースター・つかこうへい・ワールド。

作:つかこうへい

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。