50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
久保田一竹 久保田一竹

久保田一竹染色家くぼたいっちく

"幻の染め物と言われた「辻が花」を、独自の手法で現代に「一竹辻が花」として生み出した染色家・久保田一竹。
「辻が花」は、安土桃山時代に流行した染め物。江戸時代になって突然姿を消し、染色方法もよく分からないものだった。一竹は独自に編み出した染色方法により、現代の辻が花""として表現した。久保田一竹は大正6年に東京神田の骨董商の家に生まれた。6歳の時に、関東大震災にあい、父は骨董品の全てを失ってしまう。一竹は父のような商売ではなく、技術を身につけ腕一本で生きていける手描き友禅の道を選ぶ。20歳の時上野の博物館で一枚の布に出会う。350年前に作られたという「辻が花染」であった。その美しさに感動した一竹は、染め物に生涯をかける決心をする。染め物にかけた一竹の人生が語られる。"""

あの人に会いたい

私は300年生きたい
自分のものがどのように変化し美しくあるか
自分の目で確かめたい

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。